fbpx

CBDとホルモンの関係性とは?

Pocket

CBDとホルモンの関係とは?

 

CBD(カンナビジオール)とは 大麻に含まれる主な成分、カンナビノイドになります。
有益な効果を持つことで世界的に注目度が高い成分です。
それではCBDはどのように体に作用するのでしょうか?

 

作用の特徴としてCBDは全身の受容体に作用することで ホルモン生成 内分泌系や、コルチゾール、インシュリン、メラトニンといったホルモンの生成に体内に大きく影響を与えます。

ホルモンとは?内分泌系とは?
ホルモンとは 化学伝達物質です 代謝と食欲、成長と発達、性機能、生殖、気分を含む身体過程に大きく関わっています。

内分泌系とは 甲状腺、膵臓、松果腺 ホルモンを生成する腺の事です。
少量分泌物ホルモンは少量でも体に大きな影響を与える強力な化学物質です。

 

体内、内分泌物ホルモンにCBDは影響するのでしょうか?
摂取すると体内にあるエンドカンナビノイドシステムと作用します。
エンドカンナビノイドシステムは、食欲、気分、睡眠などの身体調節に関わっている複雑なシステムです。

 

研究にてエンドカンナビノイドシステムが内分泌過程の調節に関与することを確認されています。
脳や体の受容体を活性化したり、甲状腺、松果腺、下垂体 内分泌腺の活動に直接影響します。

 

エンドカンナビノイドシステムをカンナビノイドは刺激することによって、体内のホルモン量に直接作用します。

※CBDがホルモンに働きかける工程はどのようになっているのでしょうか?

 

メラトニン

 

脳の松果腺で生成され、睡眠の誘発、エネルギー値を調整します。

 

メラトニンは睡眠に関わる重要なホルモンの一つになります。
夜に急増する傾向にああること、暗闇など環境的要因に影響します。

 

エンドカンナビノイドシステムは睡眠に大きく影響しています 研究では、エンドカンナビノイドシステムが受容体CB1の活性化を通じて直接的に睡眠の安定性を調整することを研究で判明しています 科学雑誌プロス・ワンにて公表されています。
CBDは、松果腺内受容体を活性化させて、メラトニンなどの睡眠ホルモンの分泌を促進します。

 

 

インシュリン

 

代謝の管理をします 膵臓内でグルカゴン、ソマトスタチン、インシュリン 必須ホルモンを生成します。

 

インシュリンは、食料からの栄養素を吸収・貯蓄の影響するのホルモンです。
インシュリンがなければ、糖分が血流から個々の細胞に入ることが出来ません とても重要なホルモンです。

 

インシュリン不均衡によって有害な作用を起こすことがあります。
(例)インシュリン欠如が起きると 血糖値の上昇して高血糖症 起こします 逆に多過ぎると低血糖を招きます。
一般的な症状の一つは糖尿病です インシュリンを正常にすることが困難になるります。

 

代謝に対するカンナビノイドの影響、カンナビノイドと糖尿病の関係等が研究されています。CBDが直接的にすい臓の機能に作用すること、インシュリン生成、血糖値などに影響することを研究で確認しています。

 

 

コルチゾール

 

ストレス反応の調節に影響しています。
アドレナリン、コルチゾール等のホルモンにより影響されています。

 

副腎でコルチゾールを生成、代謝、記憶、傷の治癒の調節にも影響、関与しています。

 

他にもコルチゾール量が増えることで体重増加、気分変動、不安の増加まで起こすことがあります。

 

 

CBDは多数の研究から直接ホルモン量に作用することを確認しています。
他にも研究で CBDが副腎内のホルモン排出を抑えることで脳内のコルチゾール量を下げることを明らかにしています。
コルチゾール量の健康的バランス調整、ストレス症状の軽減等、極めて重要な働きをしています。

 

研究結果として、カンナビノイドがコルチゾール、インシュリン、メラトニンなどのホルモン生成および分泌に直接的な影響を持つこと、カンナビノイドならびにエンドカンナビノイドシステムは恒常性に対して直接的な影響を持ちます。

 

恒常性とは?
生命に必要な内部バランスのことを意味します。
・体温
・食欲
・渇き
・心拍
・血圧
・睡眠サイクル・・・等

 

これらの調整に重要な領域の一つ、視床下部です身体の内分泌系の主な領域の一つになります。

 

※カンナビノイドによってこれらの受容体を刺激することで、恒常性に必要とされる多くの過程の調節を助けることができる事を研究で示唆されています。

 

カンナビノイドにより、体内のホルモン値に影響を強く与えることが多くの研究で判明しています。

 

まとめ
ホルモンは化学伝達物質です 少量ですが多すぎても少なすぎても体に伝達物質なので良い影響が出ない物質です。
CBDは甲状腺、膵臓、松果腺 等の線から体の伝達分質ホルモンを作り出す場所に良い影響を与える成分です。
研究の結果、体の伝達物質が正常量を生成することで体のパーツが正常に動作できることが確認されています。


統合失調症のための効果的なCBD利用方法とは?

麻の成分CBD THCとは?

結晶のCBD、THCを吸引する方法、過程を紹介

 

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »