fbpx

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

Pocket

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

 

 

抗がん剤効果少なく・・国立がんセンターがやっと認めました。

 

インフルエンザワクチン接種が危険だという事、体の免疫システムを破壊する…科学研究者グループが今まで隠されていた事実を暴露しました

 

2017年4月27日 産経新聞掲載
新聞紙面に掲載していますので正式発表した扱いだと私は思います。

以下の内容は私の思ったこと、感想を書かせていただきます。

抗がん剤は体を酸化させることで癌細胞を殺します。
癌は酸性の強い細胞ですそれを超える酸性度の強い薬で体を酸化させますこれで癌細胞を殺します。
この時に大量の健康な細胞も死にます→体力が落ちます→更に薬を投与して癌、通常細胞を殺します→体力が落ちます・・これを続ければおわかりですが抵抗力、体力が無くなり癌で死ぬのではなく「抗がん剤で死にます」前から言われていたことですがようやく癌治療に関して風向きが変わりました。
抗がん剤は儲かりますから医療は止められなかったでしょうね治療ですが薬で健康細胞まで消滅して癌細胞にはそれほど効果がなく、抵抗力が落ちて亡くなったとはいいません 治療はしましたが結果効果なく亡くなられましたと言われているはずです。
新聞記事では高齢者と書かれています 言われているとおり高齢者は抵抗力が低い、体力がないため抗がん剤の体が強酸性になる薬は体が持ちません

※ちなみに体は中性が基本です(食物を摂取すると消化するために臓器は酸性になります)酸性化が強くなればなるほど体は病気になりやすい、もしくは病気の状態です。

では体力が有る方が癌と診断されれば・・治療も色々ありますが抗がん剤を使い治療するとやはり少しずつ体力が落ちます。
抗がん剤投与治療なら何とか癌細胞を殺す可能性もありますが手術するとなると・・
今の手術は治療という名の体の臓器の取り出しです残った臓器で生きていける、問題ないと判断されれば広範囲に癌細胞が散らばっていれば色々な臓器、体の一部を取ることになります もちろん本人同意ですが 普通の人は理解できないまま手術だと思います(ちゃんと理解させて治療の病院もあるとは思いますが・・)
体を切り取りる治療、肉体、臓器の削除です。(私は治療でも手術でな無いと思います治療できないから取り出すだけの行為です)
体力のある若年、中年の方でも3年以内に亡くなる方、又は癌を再発される方が多いと聞きます。

がん治療は手術、抗がん剤治療だけではありません民間治療もあります こちらの記事をご覧になられ 他の治他の療法も有ることに気が付く方がいらっしゃればと思い、記事内容を紹介しました。

 


 

 

インフルエンザワクチン接種が危険だという事、体の免疫システムを破壊する…科学研究者グループが今まで隠されていた事実を暴露しました。

 

インフルエンザワクチン接種が危険だという事、体の免疫システムを破壊する…科学研究者グループが今まで隠されていた事実を暴露しました。

 
 
アメリカ、ビックファーマ(大手製薬会社)のインフルエンザワクチン摂取を続けて射ち続けることで体の免疫システムが破壊してしまう証拠を隠蔽していたことを科学研究社たちにより暴かれたそうです。
インフルエンザ・ワクチンを受けた女性たちを翌年調べた所、免疫システムの反応が弱くなっていることを発見したそうです。
抵抗力がワクチン注射することで病気になりやすくなりワクチン注射に頼ることになり抵抗力が下がり続けてしまう・・製薬会社は病気を起こすと利益になるので証拠を隠蔽していたらしい事がわかったそうです。
 

 

インフルエンザ・ワクチンは全く効かないし危険な事はお伝えしました なんと、国も認めているのです!?  厚労省とWHOもホームページに記載されています 「インフルエンザワクチンで、感染の予防はできない。また有効とするデータもない。」 ・・???
そんなものに国からインフルエンザ予防摂取の補助金出すって いったい・・ 風邪は薬では治らない話の中にウィルスは薬では治らない事がわかっていますがそれと同じ扱いですねしかも、ワクチンの成分には水銀を使っています(水銀使用いしていないものもあるかもしれません)ワクチン自体が抵抗力を下げるどころか壊す効果があったとは・・

 

ワクチンはアメリカの製薬会社系列でしょうから政府にも報道にも圧力がかかり大々的に報道されることは今はないと思いますが本当の話です。

 

車のリコールどころの話ではないのですが・・確か1年前でしょうか?

 

日本のニュースで自分の子供に学校のワクチン注射を拒絶した人が居ましたこれが問題になりワクチン注射をしないと親権を取り上げると言った脅迫を突きつけられた親御さんが居たのを思い出しました・・国はワクチン接種を拒否する親に圧力をかけたのです 今後も拒否する親が出ないようにするために 今なら抵抗力を破壊するワクチンは科学者のレポートが有るので裁判をすれば注射は射たなくて済むのでしょうが・・

民間企業調査では、昨年インフルエンザ予防接種平均価格が3346円(2017年)
病院のなかには、人件費を抑えてワクチン代を安価にするところもあるそうで・・
場所によっては価格幅があるそうです。
今までは普通に当たり前に予防としてワクチン摂取はしていましたが抵抗力を削っていく為の薬は・・この事は知っている人は知っていますが(特に日本の製薬会社役員クラス、医者は知っていると思います)ワクチン注射は自己判断ですから・・自治体では高齢者、子供を対象に全額、もしくは一部を助成してくれる場合あるそうです積極的に利用させるために会社の健康保険組合からの助成がある場合もあるそうです 本来ならニュースで大々的に取り上げる必要があるのですが・・政治の圧力で報道もされません これからは個人で正しい判断をしていく事が大切な時代になってしまいました。

アメリカ、ビックファーマ(大手製薬会社)のインフルエンザワクチン摂取を続けて射ち続けることで体の免疫システムが破壊してしまう証拠を隠蔽していたことを科学研究社たちにより暴かれたそうです。
インフルエンザ・ワクチンを受けた女性たちを翌年調べた所、免疫システムの反応が弱くなっていることを発見したそうです。
抵抗力がワクチン注射することで病気になりやすくなりワクチン注射に頼ることになり抵抗力が下がり続けてしまう・・製薬会社は病気を起こすと利益になるので証拠を隠蔽していたらしい事がわかったそうです。
 

 

 

それでも情報を突きつけてもワクチン注射は学校で打ち続けるとは思いますが・・儲かりますからね一部の人達は 政治家はこのためにいくら支援してもらって許可をしているのかわかりませんが・・アメリカの圧力が強くて仕方なしにワクチンを受け入れている可能性もありますが 昔はある程度信用できた政府は消え、我々を守るのは自分自身でないと誰も守ってくれない世の中になってしまいました。

 

みなさんにお聞きしますインフルエンザはワクチンを接種しなければ重症になったり、後遺症が出るような病気でしょうか? 熱は体がウィルスをやっつけるために発している熱です 苦痛かもしれませんが体が抗体を作るまでの我慢です 薬は不要、必要なのは普段から抵抗力を強くするための生活だと思いますが・・どう思いますか?

 

 

みなさん正しい情報は多くの偽情報に混ざって存在しています惑わされることもあると思いますが正しい情報を取り出せるようにしましょう


風邪は薬では治らない!?

 

 

風邪は薬では治らない!?

結構有名な話ですが風邪は薬では治りません 温かくしてしっかり寝ることで汗をかく事が一番の療法です。
CMの印象操作と言うか薬は風邪のウィルスには効果がなく・・これは病院の薬も一緒で表面的な症状 熱等の症状を抑えているだけに過ぎません 薬の抗生物質もウィルスには効果がないのです。

 

風邪はウィルスです菌ではありません
菌には抗生物質は効きますがウィルスは薬は効かないのです ここが一番間違えるところです。

 

発熱も症状扱いですが体は抵抗力でウィルスを駆逐するために体温を上げています。 
発熱を解熱剤で熱を下げるため風邪のウィルスを熱で駆逐効果が無くなります。
体は楽にはなりますが根本的な療法ではないのです。

 

積り重なれば当然、体機能に影響します抵抗力が下がったり色々と不便が起きます 酷いときには病気の引き金になるのです。

 

全身、免疫フル稼働で体を使い熱出しているのです いきなり化学薬品入ってきて臓器の肝臓、腎臓に大きな負担がかかります(浄化作用で) 体には合成薬品は異物、酷いときには毒扱いの品物です発熱中に余計なものが入ってきてそれを濾過するために体機能力をそちらに割かなければなりません 余計な仕事が増えますし、負担が大きくなります。

 

濾過して排泄しますが残ったものは蓄積されます体にとっては不要な成分が残るのです。

 

薬を飲まなくてもいいのに必要以上に飲めば肝臓機能障害になる場合もあります。

 

肝臓機能障害はアルコールを多く飲むと起きるるのですが薬はアルコールより害が大きいので肝臓に垓を及ぼします。

 

日本は薬を使い過ぎています ネットに記載されていた内容ですが1年間の薬売上がEU全体の売上より日本の薬の売上が高かったそうです。

 

日本人が薬漬けで必要以上消費しているのかがわかります 医療関係は大助かりです本当に これを変えていくのは我々の常識を正しい方向に向かわないとダメだと思います 今回紹介したインフルエンザだけではありません医者と製薬会社の関係も問題ありますが我々も情報はしっかり共有していかないと変わっていかないのかもしれません

 


自閉症の子どもたちの血液から水銀濃度が高いことを発見 イラン研究者チーム

自閉症の子どもたちの血液から水銀濃度が高いことを発見 イラン研究者チーム

 

 

 

人間にとって水銀は非常に有毒な神経毒です水銀の中で多いのは魚に含まれるメチル水銀、エチル水銀 そしてワクチンの中に入っているメチロサールと言う防腐剤、成分50%が水銀になります ←これをふまえて読んで下さい

 

イランの研究ーチム(2チーム)研究結果が出たそうです結果は、血液中に自閉症の子供たちと健康的な子供たちと比べると 自閉症の子供達は水銀レベルが高かったそうです。
脳に水銀が侵入し、神経発達障害を引き起こしているのではないかと憶測されています(脳細の水銀レベルは未分析)

 

体内の水銀のレベルが高いということは水銀が多く含まれている食物を日常的摂取している又は予防接種にて体内注入するくらいで後は体内に入るケースが思いつきません
 水俣病でメルチ水銀中毒という公害による水銀中毒はありました。

 

日本も薬漬けですが更に多くの薬漬け大国アメリカ 子供たちに多くのワクチンを接種させています。
残留している水銀濃度が途上国よりも自閉症の子供たちの体内に高いそうです。

 

特に幼児や胎児は水銀によるダメージが大きく、脳障害、知能発育不全、協調運動失調、失明、てんかん、言語障害などの障害を引き起こします。
水銀と言う神経毒を含んだワクチンを摂取させようとするのでしょうか 非常に不思議です 日本人の子供、乳児にもワクチン接種は必要だと言われ、摂取をしてきましたがこの内容を知ると非常に抵抗を感じます 特にインフルエンザワクチンは水銀も含みますが体の抵抗力を落すと発表されました 知っていたら学校のインフルエンザワクチン予防接種の日には学校を休んでいます。←私が小学生だったら

 

幼児にはインフルエンザが流行時期になると2度のインフルエンザ・ワクチンを接種するよう呼び掛けます 妊娠の可能性の高い女性にもインフルエンザ・ワクチン接種を推奨しています ←毒なのに
我々は情報が集まってくる世の中になりましたが自分本人で選択しなければならない世の中になりました。
政府、医療 正しい行動を取っていると信じて言われるとおりに動く時代ではないということを心にして選択をしてください

 

現在、研究者によって水銀による脳汚染の研究中だとか・・理屈がないと有害なワクチンすら止められない世の中が悲しいですね・・公害による水銀汚染という実証が有るのにもかかわらず理屈が必要なのは・・


抗がん剤は効かない・・元看護師の方の告白

 


抗がん剤は効かない・・元看護師の方の告白

 

今まで抗がん剤を普通に利用して治療をしている側の方の告白(警告に近いかも?)を紹介します 彼が看護師として働いていた時代、癌と診断されれば「手術⇒抗がん剤」治療として受けている方達が今よりも当たり前に治療されていた時代の話だと思います。

 

まだネットも正しい情報が極端に少なく抗がん剤が効かないとは考えられなかった 当たり前の治療、疑惑は無かった・・今もないのかもしれませんが・・(患者でも少数?ですが、体力と抗がん剤の酸性の強い薬に耐えられる体なら薬が効く場合も有ります かなり薬はキツイです 乗り越える体力が必要です)

 

看護師は決まった事を考えずに指定されたことをやるのが仕事なので彼は疑わなかったそうです。
医者も彼が見るには抗がん剤の正しい情報、真実を知らないまま決められた治療法として抗がん剤を使っていたように見えたそうです。(疑問を感じながら使っていたん方も居たとは思いますが)

 

病院は治療の代価としてお金をもらうサービスをしています。
彼の務めていた病院は代価を重視した大きい病院だったみたいです 最近?露骨にその手の病院が増えてきています 病院を拡張して検査機器も最新の物を購入して居る所は利益重視の医療を行っている場合があります。
必要以上の薬、必要以上の検査で収入を上げています 薬は代価の高いもの、契約した薬会社を優先に使っているはずです(収入を考える今の社会では当然だとは思います)

 

抗がん剤は、酸性の強い薬で癌細胞を死滅させます 外科治療と併用する治療方法になります。
医者は「癌が転移している」と想定して、体内の癌細胞、通常細胞全てを攻撃して癌細胞を死滅させます ついでに通常細胞も死滅します。
外科治療(悪い箇所を切り取る)&抗がん剤で体力・抵抗力の消失し、急激に状態悪化が生じます。

 

驚くことに国が定める抗がん剤の効果が認定されるのは 抗がん剤を使用した「2割」の患者の癌が「4週間」だけ、癌の大きさが半分になればいいそうです←たった2割!?
残りの「8割」の患者に効果がなくても成功なのです そのデータを元に、抗がん剤を使うことを推奨します。

 

癌は正常な細胞が突然変異をした強力な増殖細胞です 少しの間、抗がん剤で縮小しても早くに増殖を再開します。
問題はガン以外の細胞です抗がん剤お陰で強く酸化した体は浄化機能の肝臓、腎臓は酸化で麻痺した状態で抵抗力は極端に減っています。(通常の体は中性、病気の方は酸性に偏ります)

 

※治療の流れは
強力な抗がん剤 を全身投与→正常な「免疫システム」を破壊→癌細胞は増殖
一時期癌細胞の縮小を「成功」と呼び、数ヵ月後 治療開始後より大きくなり、全身も状態悪化することで全身転移していくそうです。

 

同じステージの患者で抗がん剤治療、自己免疫強化治療と比べてみると

 

 

結果、自己免疫を強化する治療しかしなかったほうが余命が長かったデータがあるさうです。
一部で判断は出来ないと有識者達は言うと思いますが・・詭弁ですね 使う側が情報が足りないのです。
ちなみに医者に自分が癌になった時に抗がん剤を使用するか?アンケートを行なった結果、
ほぼ、使用しないと答えたそうです「271人中、270人が使用しない」

 

※お医者さんに癌と言われた場合、抗がん剤治療方法を勧められたらまず、お医者さんに聞いてみてください「先生、私の癌の治療を先生だったら抗がん剤は使いますか?正直に答えてください」と・・ついでにレコーダーで音声も残すといいかも知れませんね本当に

 

殆どの医師が「自分や家族が癌になった時、抗がん剤を使用しない」 解答したそうです何故でしょうね? 治療にとても効果がある抗がん剤を拒絶するなんて色々な情報、治療を知っているお医者さんが拒絶するなんて信じられませんね
とても良い答えを聞いた気がします

 

何故、抗がん剤にこだわるのか?専門学会がガイドラインを作成して治療方法が決まっているらしいのです。
転移がなければ、抗がん剤治療。使う薬剤は○○等、 指定以外の治療は保険適応外、法的責任を負わないといけなくなります。
ガイドライン治療の抗がん剤は病院にとって安全な儲かる治療なのです。

 

癌の真実
1割の癌、小児癌(小児急性白血病・悪性リンパ腫・小児癌)効果があると専門家も認めているそうです。
日本の抗がん剤の半分は、アメリカでは非承認、理由は経口抗がん剤は極めて危険な薬物なのだそうです。(日本の医者は知っているのかな~)

 

抗がん剤が毒である理由
最も売れる、利用されている抗がん剤は、第一次世界大戦で利用した大量殺戮化学兵器「マスタードガス」と同じ原料アルキル化剤です。

 

すべての人が、毎日約5000個の癌細胞が出来ます 何故、癌にならないのか?
 NK細胞が免疫機能として癌細胞を排除するからです  「笑う」「幸せ」「前向きな気持ち」で増えるそうです。

 

アメリカ国立がん研究所 デビィタ所長発言
癌細胞は反抗遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤耐性をすぐに獲得する 化学療法は効かないと議会で証言したそうです。

 

 

抗がん剤の「プラトシン(=シスプラチン)」の説明書は4ページあります。
効果、謳い文句はこちら
数多くのがんに有効性が認められているプラチナ製剤で、現在の抗がん剤治療では中心的な役割を果たしています。がん細胞の2本のDNA鎖と結合することで、DNAの複製を妨げ、がん細胞を死滅させます。
↑ 
どこにも「臨床成績」も「有用データ」記載がありません
義務付けられているはずですが「どれだけ有能か」「危険か」「効能」の説明書に一切ありません。
本剤は使用追跡調査など副作用は発現頻度など明確となるような調査を実施していない との記載のみ・・
ちなみにプラトシンは、ファイザー製薬の製品です。

 

海外の先進国では1990年代、代替医療が主流のようです 日本、アジアは抗がん剤をメインに治療としている国があるみたいで・・20年遅れていると言われています。
アメリカの製薬会社は自国で抗がん剤が売れなくなったのでアジア圏に売り込んでいるらしいです 気が付くまで売ろうとしてるみたいですね・・海外では癌で死亡したのではなく、効果のない治療(手術・抗がん剤・放射線)重大な副作用で虐殺されたと、言われているとか・・

 

抗がん剤は癌商法とも言われている(裏の話です)1年で20兆円儲かるとか・・国防費の4倍ですよ!? 
日本では抗がん剤が多く乱用されています製薬会社は抗がん剤はドル箱です 儲かる間は絶対に売り続けます そして製薬会社に厚生省の天下り先として一番行かれるのです 効果が非常に少ない抗がん剤でも癌治療として使う薬の理由です。

 

抗がん剤、外科治療で臓器を取られた状態の人が亡くなる一番の理由は免疫が極端に低下している中で、少しのウイルス感染すると抵抗力がないために致命的にになります。
普通では問題のないインフルエンザ、カンジタ菌感染等の感染症が一番の死因になります。
癌ではなくなりません8割の方は免疫の低下が原因の感染症で無くなっています。

 

抗がん剤の材料は化学兵器の原料を使っている

 

誤診がおおい乳癌の8割の患者に シクロホスファミド 抗がん剤が使われていますこの材料は化学兵器の窒素マスタードガスと言う第一次世界大戦でドイツが使った化学兵器です。
当然、化学兵器は使用禁止になったのですが戦後に抗がん剤として使われていますそのまま使ってはいないはずですがこのような経緯の薬です この薬、使いたいですか????

 

日本人医師の言った言葉です 「検診で見つかる癌はすべて良性です。」
癌で亡くなった方は年間37万人、8割の28万人が毒殺されています。(一応薬です 体力があればなんとか乗り越えられます 臓器を取り、体調を崩した状態で酸性度のかなり強い薬を飲んで抵抗力を下げ、何も食べれなくなり体重が落ち、骨皮だけになりそんな状態で感染症が起きると亡くなります)

 

 

我々日本人は年間、何十兆円の医療費を使います
使うように仕向けられていますとても経済的にお金が循環して理想な環境ですね病院、製薬会社の潤う方程式に乗るのも良いとは思いますが・・ 病院に行けない国と寿命の差があまりないのは何故でしょうか? 
普段から化学合成品を使用、取り込みすぎる日本人は本来持っている抵抗力が低い気がします(私の意見です)
今の西洋治療から離れて ハーブ、漢方で治療、自然治癒の向上を目指し不要な化学薬品を抜く生活も必要ではないでしょうか?

 


 

砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査

 

 

砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった――。こんな経緯を明かした論文が21日付の米科学誌「プロス・バイオロジー」(電子版)に掲載された。業界が利益を守るために否定的な研究を隠すことで、長期間にわたり消費者をだましてきたとしている。

 

米カリフォルニア大サンフランシスコ校の研究者が、米イリノイ大などに保管されていた業界団体「糖類研究財団」(現・砂糖協会)の内部文書を調べ、明らかにした。

 

論文によると、でんぷんの炭水化物に比べ、砂糖は心臓に有害だとする研究発表が1960年代に出始めた。懸念した財団幹部が68年、英バーミンガム大の研究者に資金提供して、ラットで影響を調べたところ、砂糖の主成分のショ糖を与えると、動脈硬化と膀胱(ぼうこう)がんにかかわる酵素が多く作られることが分かった。腸内細菌の代謝により、コレステロールや中性脂肪ができることも確認できそうだった。

 

研究者は確証を得るため、研究の延長を求めたが、財団は資金を打ち切り、成果は公表されなかったという。70年の内部報告で、当時の幹部は「研究は業界にとって有益で意義のある情報を引き出すべきだ」と述べ、有害性を示唆した研究の価値は「無」だとしている。

 

今回の論文について砂糖協会は「50年前の出来事について、推測と仮定をまとめたものだ」と批判。研究の存在は認めつつ、予算や期限が超過したため打ち切られたとしている。(ワシントン=香取啓介)

 

朝日新聞社

 

・ヤフージャパンニュース引用

 

 


使い切れない抗がん剤、国内で年間730億円分を廃棄

 

 

・国内で使い切れずに捨てられている抗がん剤が、年間738億円? ←今でも多いのに738億円残ってて、それを厚生省は捨てないように別の患者に使わせようとしてるらしい・・抗がん剤が聞かないと言って、舌の根も乾かぬうちに・・輸入しない、作らせないじゃなくて使い切るそうです。
裏を返せば必要ないものを更に使わせるようにする方針を示したと・・
これまで以上にちょっとでもガンと思える症状なら抗がん剤を使わせるように出来る準備をするというのです?? おかしくないですか?

 

 

慶応大学大学院の岩本隆特任教授は国立がん研究センターなどと協力し、去年7月から今年6月までに販売された抗がん剤について、全国でどれくらい廃棄されているか分析を行いました。

どのくらい破棄されているか調べた理由は作ったものを余らせないように消費するための調査???

 

その結果、患者に投与する際に使い切らずに廃棄された抗がん剤を金額に換算すると、全体で738億円に上るとの推計結果が出たということです。岩本特任教授は「残った薬を安全に別の患者に使えるよう整備すれば、国の医療費を年間500億円程度抑制できる」としています。

安全て・・抗がん剤を安全に使う方法があるなら今、抗癌剤を使って苦しい思いの人をなんとかしたらいいのに・・

 

厚労省も、すでに専門家による研究班を立ち上げていて、別の患者に投与するための安全基準を今年度中にとりまとめる方針です。

厚生省も協力して国の医療費を抑えるそうです 作らなきゃいいのに そんなに必要なんですかね? 効果のない薬を使わせるのが厚生労働省じゃないでしょ? 国民の健康、命を守るためでしょ? 製薬会社を潤わせるためじゃないと思いますが・・間違っていますでしょうか?
正しい方向に向かうことを祈ります。

 


日本で処方されている「タミフル」世界ではインフルエンザ治療ガイドライン(WHO)が削除することを決定、しているのにもかかわらず日本では処方しているって・・

 

 

日本で処方されている「タミフル」世界ではインフルエンザ治療ガイドライン(WHO)が削除することを決定、しているのにもかかわらず日本では処方しているって・・

 

インフルエンザワクチン問題の話が続いてますがそれだけ製薬会社にとってインフルエンザワクチンは儲かる、あるいは儲かるように出来る体づくりが出来るワクチンということなのでしょうか? それをわかって認可する役人さんは余程、将来の自分を案じて人を肉体を使って犠牲、消費させることを選んだ将来製薬会社に天下りを選んだ方達としか言いようがありません 例えアメリカの圧力があってもそれをかわすことが出来る立場なのに・・やっていないとは非常に悲しい状況です。

 

 

インフルエンザの治療薬を飲んだ子どもが異常行動を起こす報告を受け、対策として厚生労働省が近く「部屋に鍵をかける」(対策になっているのでしょうか?)
具体的な対策方法を呼びかける方針を決めたそうです。

 

厚生労働省はタミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬を飲んだ後に急に走り出したり、部屋から飛び出そうとした異常行動報告が昨シーズン54例ありました。
いずれも薬との因果関係は不明です。

 

厚労省は「薬を飲んだあとの2日間は子どもを1人にしない」よう呼びかけていましたが、異常行動の報告があとを絶たないことから、新たな通知を出す方針を決めました。

 

新たな通知として
部屋に鍵をかける、飛び出しや飛び降りを引き起こす環境に子どもを置かない
具体的な対策を呼びかけることを検討しています。

 

どう見ても因果関係あるから部屋に鍵をかけたり子供の異常行動を監視しないとダメなのでは?
それより世界で日本だけ「タミフル」を使うのかわかりません 使うなと言ってるのに使うって・・
本当に役人、特に決定権を持つ役職の方はそんなにアメリカの圧力が凄すぎて世界で使わなくなった薬を未だに使うように指示してるのですかね?
それと同時に使われなくなった薬を未だに処方してる医者も不思議過ぎます。
医療関係は違う次元に行ってる方が多すぎます 我々は地球で今までの生活をしていますから自分でしっかりと情報を集めて決めないといけませんね 本当に大変です。

 

みなさんにお聞きしますインフルエンザはワクチンを接種しなければ重症になったり、後遺症が出るような病気でしょうか? 熱は体がウィルスをやっつけるために発している熱です 苦痛かもしれませんが体が抗体を作るまでの我慢です 薬は不要、必要なのは普段から抵抗力を強くするための生活だと思いますが・・どう思いますか?

 

 

この前、打ち合わせでビルのエレベーターに乗って上の階に移動した時、別の階に女性が移動するために二人同乗しました。
その方々は両方共結婚してるらしく子供が居るそうでインフルエンザワクチンを2度子供が接種したと言っていました。
丁度、以前書いていたインフルエンザワクチンの不要な話と成分に水銀が入っている話を書き終えたばかりでしたので本当に背筋が凍りました 普通の方は知らない情報なんだなと・・
報道は大きく取り上げませんし取り上げても騒ぎ立てません 本当に世の中ってこれで良く社会が循環して回っていると感心します そろそろ資本主義は無理があると大勢の方々が気が付かないといけなくなってるはずですがまだ水面下のままなのですね・・

 

早く気が付き、大勢の方々が動くことを希望します。

 


「SSRI 系抗うつ剤は自殺を後押しする」医療現場では処方が続いている薬です 服用すると自殺患者が多いことはアメリカの医薬品当局も日本の厚生労働省も共に認めるという事実は今や公然の事実です。

 

 

 

「SSRI 系抗うつ剤は自殺を後押しする」医療現場では処方が続いている薬です 服用すると自殺患者が多いことはアメリカの医薬品当局も日本の厚生労働省も共に認めるという事実は今や公然の事実です。

 

2011年9月28日のNEWポストセブンの記事より抜粋

 

自殺者の家族などが集まる全国自死遺族連絡会が2006年7月から2010年3月に自殺で亡くなった方1016人の遺族に聞き取り調査したところ、約7割にあたる701人が精神科の治療を継続中だった。

 

また、東京都福祉保健局が自殺遺族から聞き取り調査をして2008年に発表した自殺実態調査報告書でも、自殺者のうち54%が「精神科・心療内科の医療機関」に相談していたことがわかっている。

 

実は国の調査でも自殺事例43事例のうち、20事例(46.5%)において死亡前1年以内に精神科受診歴が認められていた。平成21年度版の自殺対策白書はその事実を記し、こう指摘する。

 

<これは、従来から指摘されている、「自殺既遂者の9割以上がその直前には何らかの精神障害に罹患した状態にありながら、精神科治療につながっているのは少数である」という知見と、矛盾する結果である>

 

つまり、こうしたデータは、精神科・心療内科の受診が自殺防止につながっていないことを意味する。むしろ後述するように、受診が自殺を後押ししている可能性があるのだ。

 

 

SSRI 抗うつ剤と自殺企図の増加の関連についてはそれぞれが公的な文書に記しているためにそう書かせていただきました。

 

記事で取りあげている内容は医学界最高権威、英国ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)発表です 信頼出来る記事内容に記載されていました。

 

いかにSSRI を飲むと大きな弊害が出るかわかります。

 

SSRI 抗うつ剤と自殺企図の増加の関連については公的な文書に記しています。

 

今では医療や保険に携わる人たちはみなが知っていることですが、私たち一般の人はあまり知らないかもしれません。

 

抗うつ剤の隠れた害

 

臨床試験の詳細な分析により、抗うつ剤による自殺企図や攻撃的な態度などのマイナスの作用が過少に報告されている事実が明らかになった

 

抗うつ剤は最も一般的に処方されている医薬品のひとつだ。全米保健医療統計センター(アメリカ疾病予防管理センターの1部門)による 2011年の報告によると、12歳以上のアメリカ人 10人のうちの 1人が抗うつ剤を服用している。これは12歳以上のアメリカ人の 11%が抗うつ剤を服用していることを示す。

 

しかし、最近の報告では、これらの薬物の安全性に関する重要なデータ、特に小児および青少年のリスクについての重要なデータは、医療界および一般からも過小に報告されていることが明らかとなった。

 

先週(2016年1月)、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(以下、BMJ)に掲載された最新かつ最も包括的な分析では、デンマークのコペンハーゲンにある北欧コクランセンターの研究者グループによれば、製薬企業が臨床研究報告書に抗うつ剤の深刻な害や副作用のすべてを記載していないことがわかったのだ。

 

これらの臨床研究報告書は抗うつ剤の新薬の承認申請の際にアメリカ食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁 (EMA)などの規制当局に送られた書類でもある。

 

研究者たちは、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)」の 70の異なる二重盲検、プラセボ対照試験の書類を調べ、この調査において、これらの抗うつ剤を使用した小児および青年において自殺思考と攻撃的行動の発生が倍増することを見出したのだ。

 

BMJ が発表したこの論文では、抗うつ剤の臨床試験の報告書に矛盾があることについての不安な告発が浮上した。

 

2015年9月の医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・エピデミオロジー(Journal of Clinical Epidemiology)に掲載された研究では、抗うつ剤研究のメタアナリシス(複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること)の 3分の 1が製薬会社の従業員たちによって作成されおり、さらに、これは他の薬剤のメタ研究より 22倍少ない分析となっていた。

 

同月、別の研究グループは、製薬企業グラクソ・スミスクライン社が資金を提供したパキシル(SSRI に属する抗うつ剤)の 2001年の臨床試験のデータを再解析した際に、青少年に対しての有効性が誇張されていることと「未知の悪影響」の存在が明らかになったと報告した。この研究は、治験に関するより詳細な情報が含まれていた。

 

この研究グループは、最も有用な情報のいくつかは、報告書に付属書類として掲載されている個々の「患者一覧」の中にあることを発見した。例えば、そのパキシルの報告書自体に「感情的負担」や「うつ病の悪化」による自殺企図が患者の記述の中にあることが明らかになったのだ。

 

しかし、この情報は 70回の試行のうち 32回しか利用できなかった。コクラン計画のこの研究の主任著者であるタラン・シャルマ(Tarang Sharma)氏は、以下のように述べる。

 

「付属書類の多くは、当局に要求された場合にのみ利用可能なのです。もし、私が完全なデータを手にしていれば、実際の(パキシルの副作用の)状況が、どれほど悪いものかということについてわかったかもしれず、それは実際には恐ろしいことでもあります」

 

この研究について、ロンドン大学の精神科医ジョアンナ・モンクリーフ(Joanna Moncrieff)氏は、「この研究は、抗うつ剤の完全な害と副作用が報告されていないということを確認したものだと思われます。薬剤規制当局への臨床試験報告で適切に報告されていなために、それらの害は公表されている(抗うつ剤の)文献には報告されていないのです」と述べる。

 

抗うつ剤の「ブラックボックス」を開くために

 

臨床試験報告書にアクセスすることは簡単なことではない。

 

コクラン計画の臨床研究者で最近の研究の共同著者であるピーター・ゲッチェ氏は、2007年に抗肥満薬に関して、欧州医薬品庁 (EMA)からこれらの臨床試験ファイルを取得する試みを最初に行った人物だ。

 

「 EMA はこれらの臨床報告の提出を断固として拒否しました」とゲッチェ氏は言う。

 

ゲッチェ氏は続けて以下のように述べた。

 

「彼らは商業的な機密性があるから(臨床報告書を渡すことはできない)ということで話していましたが、これらの臨床報告書には商業的秘密と関係するものはまったくありませんでした」。

 

「私たちは、この書類の中のすべての秘密が実際に人の命を犠牲にするのだと説明しましたが、EMA はそのことにはまったく興味がないようでした」

 

その後、ゲッチェ氏は、欧州連合(EU)機関に対して、臨床データの請求のための要請と申請をおこなったが、要請が通ったのは3年後のことだった。

 

3年後にゲッチェ氏のチームは臨床データを受け取り、EMA は今後、臨床試験関連のデータへの一般のアクセスを拡大していく方針を宣言した。

 

これは 2010年の出来事で、ゲッチェ氏がヨーロッパで起こしたこの画期的な成功は、アメリカではまだ起きていない。

 

ゲッチェ氏は、業界の影響を受けていない人たちによる薬剤の評価を行うために、研究者たちが臨床試験のデータにアクセスする必要があると述べている。

 

抗うつ剤への再評価が必要な時か

 

以前からの多くの研究で、抗うつ薬の使用による自殺企図の増加が見られたため、2004年にアメリカ食品医薬品局は、これらの薬物に「ブラックボックスの警告」をつけることを義務づけた。ブラックボックスの警告というのは、最も重大な副作用に備えてつけられたラベルのことだ。 EMA も同様のアラートを発行した。

 

過去に公表された事例研究を含む論文では、パキシルの副作用としての攻撃的行動に関するヒントが存在していたが、今回の BMJ の研究は、小児および青年の攻撃的行動の増加を記録する最初の大規模な研究といえる。

 

精神科医のモンクリーフ氏は以下のように言う。

 

「アメリカや他の国で、頻繁に抗うつ剤を服用している人が多い場所での学校での乱射や暴力事件についての議論が非常に重要だと思います」

 

抗うつ剤がうつ病に対して「プラシーボ(偽薬)よりわずかに優れた効果を持つ」ことを示唆する研究を含めて、この薬剤の長所と短所を論じるさまざまな研究を合わせた上で、SSRI を含む抗うつ剤について再評価する時期だと専門家たちは言う。

 

モンクリーフ氏はこのように述べた。

 

「私の見解では、抗うつ剤がうつ病に対して効果的であるという十分な証拠はなく、むしろ有害であるという証拠が積み上がり続けています」

 

「なので今、私たちは時間を巻き戻して、このような薬剤の処方の増加傾向を止める必要があるのだと思うのです」

 

———————————————————————————————————————————————————–

 

アメリカで SSRI の抗うつ剤を服用している人は、12歳以上の 11%にあたるそうです。
おおよそですがアメリカでは 2000万人以上が抗うつ剤を服用している計算になります。
SSRI 系の抗うつ剤には、
・自殺

 

・他人に危害を与える攻撃的な行動

 

重大な副作用が顕著にあるということが臨床結果に記されていないまま新薬試験を通ったということが書かれてある記事でした。

 

日本でも抗うつ剤の増加と自殺の増加の関連性に関しては、数字として現れています 現在、利用者本人、周りが利用することを制限しないと止められません 本来なら医師が違う方法を考慮しなければいけないのですが国の方針に逆らうこと無く処方されているのが現状です。

 

 


アマルガムとは?

 

アマルガムとは?

 

「アマルガム」知ってますか? 歯科で使われる歯の詰め物です。
一昔はよく使われていました (1970年代頃) 

hfsorreree.jpg

美希デンタルクリニック・画像参照

 
 
正式には・歯科医用水銀アマルガム
読んだままです 成分は水銀50%使っています。
 
 
アマルガムの成分、水銀50%,銀35%,スズ9%,銅6%,少量の亜鉛から出来ている金属です。
アマルガムは、治療直後は銀色ですが、時間が経つと水銀が溶出して、黒っぽく変性するそうです。
 
 
水銀は環境省にも有害成分として登録されています 有名な水銀公害事件の水俣で有名ですが国は有害だと知っていて何も対策を打っていません 利用されていた40歳以上の方はこのアマルガムを未だに歯に付けている可能性があります身近な話で言いますと私、本人が実は数年前まで歯科医用アマルガムを装着していたのです。
 
 
水銀は常に溶け出すので今まで摂取し続けていたらしく知らないまま40歳を迎えました。
歯科医に治療、検査などで行った際に「水銀を使った詰め物ありますか?」すぐにわかります 一言言うとわかりますし 交換してくださいと言えば簡単に新しい詰め物に交換してくれます。
 
 
簡単なのです 何故か国は凄く害のある歯科医用水銀アマルガムを回収していません 家電や車の不備に対してはTVCMやメディアを通じて回収、又は不備のある箇所の交換をするのにもかかわらず体の一部の歯の詰め物、しかも水銀が使われた成分なのにもかかわらず歯科医に詰め物を見つけた時点で交換させませんし本人に告知もしません 聞かれればすぐに答えられるのに難しい検査無しで目視だけで判断できます。
 
 
この詰め物は口に装着したままの状態で死亡の場合、そのまま火葬場で遺体を焼却されます水銀は火葬場から出るガスとして排出されます かなりの公害なのですが焼く前にチェックしたり斎場に御遺体を整える人が国の免許を持って対応していますその方達が対応すれば済むことですが一切やっていません 表面に出る公害ではないのでそのまま放置されています。
 
 
今現在、歯科医用水銀アマルガムを装着されたままの方は水銀が溶け出しイオン化した成分が体に入り体に沈着します。
 
 
全身に表れる不快な症状とは?
疲労感,頭痛,肩こり,腰痛,不眠,イライラ,めまい,金属アレルギーなど
 
 
これは分かる範囲での話です アマルガムを取り出せば大きな症状は解決しますがやはり体内の水銀は完全に取りきれませんから早目の対応してください
歯医者に行って調べる手間はかかりますが大きな不調がある方は疑って見る必要があります 是非、検査をしてください
 
 
 
 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »