fbpx

海外のガン(癌)代替医療法とは?

Pocket

海外のガン(癌)代替医療法とは?

日本では、がん患者人数が年を追うごとに増加しており、約37万人(2015年)
計算上、3人に1人は癌で亡くなっています。
世界的に見ると全く逆です ガン死亡率は年々減少、日本では増加・・・
何故、逆の減少が起きているのでしょうか?  世界常識ではガンの三大療法をやめると減少する事が常識になっています。

 

10年間全く治療せずに経過を確認した場合、早期前立腺ガンの患者 223人 死亡したのは124人、ガンでの死亡は19人でした。
こちらはスエーデンの治療での話になります 手術による前立腺全摘は標準的治療とはいえない 研究者の見解が出ています。

 

肺がんの場合、カナダでは一番多い治療方法として「何もしない」治療しない事が22%・・日本の治療から見ると驚きです。

 

製薬会社の拠点を置くアメリカでも、 1990年のOTAリポートが理由で代替療法に変わってきています。 
1990年以降、アメリカ政府の代替療法予算が 10年間で、300万ドルから 2億ドルへと増えています 代替療法がガン治療の現場でも優位に立っているのが現状です。
ガン死者も年々減っています約 3000人ずつ減り始めているのです。

その状況の中、日本では・・前立腺ガンと診断されると 切られる、放射線を浴びせられる(被爆)と言うとても穏やかではない治療が待っています。
スウェーデンの医療では、これら治療を必要としません スウェーデンの前立腺ガン〝治療″は「何もしない」で様子をみるだけなのです。
※「何もしない患者が、もっとも治りやすい」←最新の研究結果

 

「手術」は、たったの 6% (日本は 17倍)。抗ガン剤は 5%(日本は 20倍)。「抗ガン剤」と「手術」は 12%(日本は 33倍)。日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。
実は、日本人でも有名な方ががん治療をしていなくて普通にTV、映画に出いてます。
樹木希林」さんです 。
彼女は一度はガンの治療を受けていますが全身ガンと告知されたため本人が治療を拒否しています 年齢のせいでも有るでしょうが仕事は多くはありません自分のペースで女優として画面に出られています。

 

OTAリポート(アメリカ議会技術評価局 ガン治療リポート)300ページ
まとめになりますが下記の内容になります

がん細胞を抗がん剤、放射線は攻撃することで 細胞を*アンチ・ドラッグ・ジーン(ADG)等 がんを凶暴化させてしまうと説明しています。

自然治癒力を活性化させる代替医療では がんを自然消滅に導くとしています。

切り取る、細胞破壊するのか自然消滅どちらを選ぶか想像できますね

 

リポートには自然療法の5分野を実証し、評価しています。

 

行動・心理療法
精神と肉体、病気と心は 深くつながっています。
間違った身体や心に負担をかけている生活が がんの原因の1つになっていることは事実です。
負担が大きいなら大きい程、心と体をケアすることで効果は大きく出ることでしょう

食事療法
ドイツの医学博士であるマックス・ゲルソン氏が提唱した食事療法ゲルソン療法を大きく評価しています。
欧米では広く実践されています 日本の玄米生食療法等がありますので気になられた方は検索してみてください ※フェンネルを使ったのサラダ等お薦めです (ウィキペディア参照)

薬草(ハーブ)療法
主に乾燥ハーブを煮出すことでお茶として、生のハーブを食事としてとりにくい微量栄養素を補給する療法です。

薬物・生物学的療法
自然界から抽出した薬効成分のことを指します合成化学薬品ではありません。
免疫力を強化するのを目的としています。
ビタミンCを高濃度で点滴する療法がございます 自然療法としてはポピュラーなものとなっています。   銀座東京クリニック 高濃度ビタミンC点滴療法

※ビタミンは天然、化学合成防腐剤を利用していないものを利用することが大切です

免疫療法(IAT)
血液中にある、がん免疫成分を使う方法。
OTAレポートが発表される30年以上前、バートン博士が始めた療法です。
当時、利権により不当弾圧を受けた療法です アメリカ医学界と対立、亡命先のハバマにて療法を続けたそうです。

※ガン細胞は常に人間の体には発生しています バランスを崩すと消されずに増殖して体調を悪くします。

がん患者の方で症状で痛みを覚えられる方はいらっしゃいます 我慢ならなくて治療を選択した人もかなりいらっしゃると思います。(当人にとってはかなり痛いし、我慢できません)

切り取る事は体にかなりの負担です 抗がん剤、放射線治療という被爆することで細胞を(殺す?)治療する方法もあると思いますがこちらもガン以外の元気な細胞まで弱らせます。 

手術をする前でしたら臓器、肉体は取らずに存在していますので痛み止めを利用しながら代替医療を使う方法もあることを知ってください 体力が残っているので癌細胞を消滅できる可能性は大きいと思います。

手術で取って後に癌細胞を抑えるために抗癌剤治療に入ってしまうと体力を一気に奪われます。
そして体力がかなり落ちた状態で寝たきりになってしまうと 菌に感染や他の理由で亡くなる方がほとんどだという事です。

治療する方法は本人が決めます。
医者の強い、絶対この方法でしか治らないような言い回しや雰囲気に押されて手術の同意はしないでください 世界常識から考えていただくことをお勧めします。

*ADG(アンチドラッグジーン)とは? 
癌細胞が抗がん剤治療などによって、自己防衛の
手段として、自己の遺伝子を変化させ、抗がん剤に対する「耐性」を備えることによって、
抗がん剤が全く無力になる状態を言い、反薬遺伝子のことを指して言う言葉です。

 

http://yyy1496.web.fc2.com/ADG.pdf

代替医療としてのCBDヘンプオイル
海外ではTHC成分の入ってる医療大麻を使った治療方法も使われています。
日本ではTHCが微量でも入っているものは現時点では規制されています。
CBDに関しては問題のない成分です 成熟した茎から抽出されたCBDを利用することも視野に入れてください また、健康目的でのご利用も可能です。
ご利用、お待ちしています。

 

 


CBDクリスタル、結晶とは? 使い方は?


 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »