fbpx

麻という植物について オランダ政府の対応

Pocket

麻という植物について オランダ政府の対応

 

今現在、世界的に麻を解禁や使用することに許される傾向に向かっています。
去年はカナダが麻を解禁されました。
そんな世界的に解禁傾向以前からオランダの国は大麻について非常に使用が許されている国として有名です。

 

実はオランダは日本と同じ、麻について同じ対応をしています。
不思議に思いますが麻についての向かい方が違うことでここまで違いが起きているのです。

1964年、国連単一麻薬条約(ウィキペディア)に署名しています。※麻を規制している項目もあり日本も署名していることから現在、麻に関して必要以上に厳しくしている国が日本になります。

オランダも麻(マリファナ)は違法です 1976年、少量の大麻の所持・販売を含む違法行為に対して法律の規定を執行しない政策にしたことで今の麻に対して自由というイメージのある国になっています 所持、販売を少量限定扱いですが捕まえない、裁かないそうなのです。

少量で捕まえない、裁かない事で街にはオランダアヘン法に従い、個人使用のための大麻販売Coffeeshop(オランダ語でコーヒーショップ)があります ちなみに喫茶店はKoffiehuis(オランダ語でコーヒーハウス)、混同しない呼び方になっています。

何故、オランダはドラックとして認識が有るのに少量だと許される国なのでしょうか?
オランダは麻に対して「ソフトドラック」として認識が有るからです。
オランダ政府はドラックとしてタブーとしての扱いでは解決しないドラックによる害悪の軽減を目的とした実用主義として政策転換を実施したのです。

オランダのコーヒーショップ 大麻草、大麻樹脂する店舗はライセンスを持つことで営業することが出来ます。
制約も当然あります アルコールなど、他のドラックを販売しない、店内に500グラム以上大麻草、大麻樹脂は置いてはいけない(量の規制は名ばかりになっているそうです) 近隣住民に迷惑をかけてはいけない 店舗の宣伝活動はしてはいけない 未成年者には販売をしてはいけない といった規制はあります。
コーヒーショップは販売は少量販売は罰せない扱いですが入荷は大量に入荷するでしょうし販売の麻の殆どが自家栽培だそうで・・THCの含有度の高いものがほとんどだそうです 扱い的にはグレーゾーンなのです。

ソフトドラックの麻(THC)は実際に多く利用してもアルコールみたいに暴力をふるったりする行為がありません 日本ではソフトドラックとハードドラックを混同して禁止、教育などをしていますが実際はアルコールよりはるかに害がないのです。

オランダの麻(マリファナ)若年層の使用量は意外に低く他のヨーロッパとくらべても使用量は同程度、アメリカと比較ではアメリカの若年層の利用が多いことがわかったのです。

オランダと同じように麻について寛容な国としてスイスがあります。
ヘンプストアとして麻を販売している箇所も約250あります。

オランダは麻について寛容な国なのですが麻の利用を医療することについては認められては居ません


なぜ高い? CBD ヘンプオイルが高価な理由

 

現代の薬は大半が石油合成された薬なのですか?

 

 


             

              ドリームスペル    

 

体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・ 思っています。

抵抗力を下げてしまう「プロピルアルコール」 水道水に必要以上入っている「カルキ」 多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整する手助けをしています。

 

 

ドリームスペル

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 

 

水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 
 
多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?
 
体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
 
予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。
 
            ドリームスペル
 
ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

 

Pocket

Translate »