fbpx

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

Pocket

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

西洋の市民は、世界で最も優れた医療サービスの一部に特権を与えられています。

 

西側諸国の緊急事態に遭遇した場合、発展途上国よりも優れた医療を受ける機会がはるかに多いでしょう。
このため、医療は数兆ドルの産業となっているという事実を見落としていることがよくあります。
今日の主流の薬(またはアロパチー)は、高価な薬物、手術、放射線、およびさらに多くの薬物で病気の人々を治療する上で繁栄しています。

 

 

多くの人々は、このような非常に有益な生態系を利用する機会が、ロックフェラー家によって最初に認識されたことを認識していないかもしれません。

 

スノープスとソーシャルメディアの検閲の世界では、大手製薬会社の動機に疑問を抱く者はすぐに「陰謀理論家」と呼ばれます。
非特許の植物の治癒特性および全体的な慣行、またはビッグファーマ薬の危険性に関する情報は、迅速に「偽のニュース」と呼ばれています。
他の多くのものと同様に、市民は自分に有害なものを受け入れるように洗脳されていますが、他の人にとって有益です。
ロックフェラープランこの機会は、John D. Rockefeller(1839 – 1937)によって初めて実現されました。
※ロックフェラーは有効な生薬を使わせないように禁止、世論をコントロールしています。
それは、日本にも大きく影響されています多国籍企業を通じて

ロックフェラーは、強盗の男爵、石油大手、自然生まれの独占者、そしてアメリカ初の億万長者だった。
彼は、20世紀のターンで米国のすべての製油所の90%を、石油会社スタンダード・オイルを通じてコン​​トロールしました。
スタンダード・オイルは後にシェブロン、モービル、エクソンなどに分割されました。

ロックフェラーは石油産業を独占した
1900年頃、科学者は「石油化学製品」を発見し、石油からあらゆる種類の化学物質を製造することが可能であることを認識しました。
例えば、最初のプラスチックはベークライト  と呼ば  れ、1907年に油で作られました。
科学者たちは数多くのビタミンを発見し、多くの医薬品を石油から製造できると考えていました。 
※石油合成薬は安価に出来る薬なのです 確かに認証までに多くのお金を使いますがロックフェラーの持つ原油が材料ですから実に安く作れるのです。

 

 

ロックフェラーにとって、これは非常に有利な機会でした。
彼は油、化学、医療産業を一度に独占することができることに気付きました。
石油化学製品は新たな発見であったため、最大の利益を得るためにすべてを特許と販売することができました。
しかし、Rockefellerの医療業界を支配する計画のために、軟膏には飛散がありました。
米国では、薬草/天然薬が非常に人気がありました。
当時、米国の医師や医大のほぼ半数が、ヨーロッパの知識とネイティブアメリカンが使用していた手法を使用して、全体主義の医療を実践していました。
ロックフェラーは独占者だったので、彼は彼の最も重要な競争を取り除く必要があることを知っていた。
これを実現するために、彼は「問題反応解決」という時間をかけて戦略を立てました。
この考え方は、人々を怖がらせる問題を作り出してから、(事前に計画された)ソリューションを提供することによって機能します。(テロ恐怖に類似し、その後に「パトリオット法」が続く)。

彼の計画を工夫するために、彼は長年の仲間、そして鉄鋼業界を独占することから金を稼いでいた仲間の元首相、アンドリューカーネギーからの援助を求めた  。
権威のあるカーネギー財団は、アブラハム・フレックスナー(Abraham Flexner)という男性を送り、全国を旅しました。
彼は、米国の病院や医科大学の地位について報告することを任されました。

 

これはFlexner Reportを生み出しました  。
Flexner Reportは、現代医学につながりました。
当然、報告書は医療機関の改革と集中の必要性を宣言した。
報告書に続いて全医科大学の半数以上がすぐに閉鎖された。
ホメオパシーと天然医薬品は悪意を持って嘲笑され、一部の医師も投獄されました。
ロックフェラーは、他の科学者や医師の移行や変化を助けるために、大学や病院に1億ドル以上を寄付しました。
彼はまた、”一般教育委員会”(GEB)と呼ばれる慈善活動のフロントグループを設立しました。 
※自然治癒が主流だった当時のアメリカを時間をかけて化学合成新薬が有利な方向に向かわせるようにしたことがわかります。
生薬治療の学科を大学に多額の寄付で学ぶことが出来ないようにしていた事も驚きです。

 

※そんな現代医療を治療の目線ではなく、収入目線の薬を作った創始者、デイビッド・ロックフェラーが2017年3月に死去しました。

 

医療大学はまもなく合理化され、均質化されました。
学生はすべて同じことを学び、薬は特許を取得した薬を使用するだけでした。
科学者たちはまた、植物の治癒特性と病気の治癒方法を研究するために多額の助成金を得ました。
しかし、彼らの仕事は、プラント内のどの化学物質が効果的であるかを特定して、類似の化学物質を作り直して特許を取得することでした。
※石油化学合成薬の一番の問題点は人間の体との相性の悪さです。
私が思うに、材料の純度が高すぎることで急激に肉体に吸収されていることです。
人の体は自然の一部なのです 本来、自然に存在しない純度、濃度の高い化学合成薬は相性が良くない、使えば副作用の大きい薬になってしまうようです。
逆を言うと純度、濃度を下げた薬を開発できそうにも思いますが・・

 

100年後、医大はホリスティックな習慣や栄養やハーブの利点について何も知らない医者を育てています。
企業は 「幸福」のために社会全体を奴隷にしている。
米国政府は、国内総生産(GDP)の15%を主流の医療に費やしている。
このシステムは症状にのみ焦点を絞って治癒せず、反復して支払う顧客の終わりのない勢いを作り出します。
がん、自閉症、糖尿病、喘息、さらにはインフルエンザの治療法は知られていません  。
これは、医者ではなく、オリガルズとプルタブラートによって設計されたシステムです。なぜ本当の治療法があるのでしょうか?
これらの有益な病気を治すことは、ちょっとしたビジネスになるでしょう。

 

ジョンD.ロックフェラーは、現在の癌治療を予測して、 アメリカ癌学会 を1913年創設したのです。
※高額ながん治療の薬を開発するためのガン学会をロックフェラー財団が全て支出して作っられました。
石油化学合成薬を売るために、反論する者を黙らせるために・・

引用先 neonnettle.com

 


ある意味、ロックフェラーにより発展した箇所はあると思いますが歪んだ、自然界に合わない創造はやはり限界があるはずです 2017年にジョンD.ロックフェラーは亡くなりました。
1年後の2018年現在、世界中今までの医療のあり方に疑問を提示されています。
アメリカでは高額な化学合成薬を国が認めない動きも出てきました。
とても早い時間で彼の考えていた創造物は否定されてきています。
体に良い成分を多く持つ、麻の利用も全面的に開放されるのに後少しの時間かかりますが実現されることでしょう 
世界は政治、経済、医療の多くが多少混乱することになるとは思いますが次の世界に移行しているのですみなさんも新しい世界の変化を受け入れてください
私の販売しているCBDも次世代の成分です 医療、食品、多くの素材として麻は活用される時代になると思います。
新しい次世代の成分CBDをご自分の肉体で体感してみてください 注文、お待ちしています。

 


 

富裕層は現代医療を避け、代替医療に走るのか?

 

ワクチンに自閉症を起こす物質が含まれている?

 

癌は治療可能? 隠し続けたロックフェラー研究所とは?

 


 

 

                

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

ドリームスペル

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »