fbpx

身の回りにある日常品が危険なものだとしたら!?

Pocket

身の回りにある日常品が危険なものだとしたら!?

 

身の回りにある日常品が危険なものだとしたら!?
生活用品で体に害のあるものは想像より多いのが実情です。
国もある一定ラインは規制することで日用生活品に使われないようにしていますが長い年月、時間をかけて蝕む毒は規制されていないのが現状です。
今回、紹介します日用生活品、成分は時間を掛けて体を蝕むタイプの毒です 急性タイプの使うとすぐに症状が出るものとは違いますが時間を掛けて蓄積してする物が多いです 生活スタイルを変えることで毒の蓄積は防げますどうか今後の生活スタイルの参考にして今までの体調の不調を少しでも良い方向に向かうことが出来れば幸いです。

 

 

鍋・フライパン (アルミ素材 テフロン加工)
アルミ金属は脳に蓄積する毒です アルミ金属は体に良くないと知っている方も多いのに未だにフライパン・鍋を軽く使いやすくするために合金として使っているものが多く見受けられます。
そのアルミ合金にテフロン加工をして売っている鍋、フライパンの多いこと・・テフロンは強火で使うと溶けます溶けた成分は体に入ります 中火で使ってもやはり物理的に鍋と食材は擦れますので摩擦でテフロンは剥がれますから使うことは勧めできません
何故か強火調理の多いお店用のフライパン、鍋がテフロン加工して販売、普通に使っています。
※中火使用推奨しているのはテフロンを発売元のデュポン社(化学合成製造会社)が強火は膜が溶けるから中火で使ってくれと注意書きがあります

 

テフロン・フッ素樹脂コーティング(PFOA←発売当初から有害だと認識されていた成分が使われていました) 色々な名前を変えて出回っていますがテフロン加工、フッ素樹脂加工されているものはPFOAが入っています。

 

 

 

※アルミニュウムについて記事を御覧ください

 

アルツハイマー病の2つの原因とは?

 

重曹を利用したガン治療を研究したトゥリオ・シモンチーニ博士とは?

 



 
 
 
・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
 
抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 
 
多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?
 
体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
 
予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。
 
ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »