fbpx

犬の癌の症状、原因、種類を把握する!早期発見と早期治療が重要!

Pocket

犬

 

犬の癌の症状、原因、種類を把握する!早期発見と早期治療が重要!

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

犬も人間と同じように癌になります。最近は犬の高齢化によって癌になる犬の数も増加しています。ここでは犬の癌の症状はどういったものがあるのか、原因は何か、種類はどのくらいあるのかについて紹介していきます。

 

癌の特徴や症状とは?

 

癌というのは細胞の異常増殖のことです。癌は周りの健康的な組織にまで広がって増殖していきます。これを「浸潤」といいますが、治療することなく放置しているとどんどん広がっていきます。また、癌細胞が発生場所とは異なるところに移動してそこで増殖活動をして新たな腫瘍を生む「転移」もあります。癌の特徴はこうしたものですが、犬も癌が発症する可能性があります。犬の癌の症状にはどのようなものがあるかというと、その代表的なものとしては体重の減少、貧血症状、断続的な微熱症状、しこりができることなどが挙げられます。しこりが見つかった場合には、自身で勝手に判断するのではなく、必ず病院等に行って診断を受けることをおすすめします。動物病院においては触診だけでなくエコー検査や針生検といった検査が行われています。これらは細胞を採取して顕微鏡で異常がないかどうかを確認するという検査方法です。短時間で結果を知ることができるというメリットがあります。

 

 

獣医

 

癌の原因は何か?

 

犬が癌になる原因にはさまざまなものがあると言われています。一般的に言われているものとしては老化です。加齢によって健全だった細胞まで異常分裂するようになり、その数が徐々に増えていって、免疫力を超えるレベルまで到達してしまったときに犬は癌になるという説があるのです。実際にドッグフードの改良や獣医技術の発達によって犬の平均寿命が延びたことで癌になる犬が増加しています。また、紫外線による影響も癌の原因の1つではないかといわれています。太陽光から放たれる紫外線は人の肌に照射されるとDNAにわずかな傷をつくります。このDNAが分裂すると細胞の異常化と異常増殖をもたらしやすいと報告されています。さらに、特定のウイルスが癌になっているという報告もあります。通常のウイルスであれば風邪を引く程度でそこまで心配する必要はありませんが、ある種のウイルスは犬の良性多発性皮膚乳頭腫を引き起こす可能性があります。人間の場合でもヒトパピローマウイルスによって子宮頸がんが発症するといわれていますので、それと同様のケースです。

 

癌の種類と治療方法!

 

犬の癌には種類があります。1つは癌腫です。上皮組織に由来する悪性腫瘍のことで発育速度が速くて比較的老犬に見られる癌です。リンパ管に乗って転移しやすいという特徴を持っています。もう1つは肉腫です。上皮組織以外の細胞組織に由来する悪性腫瘍のことで発育速度が非常に速くて比較的若い犬に見られる癌です。血管に乗って転移しやすいという特徴を持っています。また、発症部位から分類した場合は肥満細胞腫などの感覚器官の癌、脳腫瘍などの神経系の癌、骨髄腫などの筋骨格の癌、大腸癌や食道癌などの消化器官の癌があります。代表的な治療法は人間と同じで腫瘍を切除する外科手術による治療、抗がん剤を投与する化学療法、体外から照射する放射線療法、免疫機能を高める体内から治療する免疫療法の4つです。犬の癌は早期発見して早期にこれらの治療を犬に行うことができれば、延命の可能性が大きくなります。ぜひ犬の様子がおかしいと思ったら獣医さんに相談しましょう。

 

まとめ

 

犬の癌は人間の癌と同じように発症して進行していきます。種類は癌腫と肉腫ですが、部位別に見ればさまざまに分類することもできます。癌の原因としては老化、紫外線の照射、特定のウイルスなどが一般的に挙げられます。体重が急に減ったり、普段から食べる食事量が少なくなったり、しこりなどが体に現れたりすると、自分で判断せずに病院に連れて行って獣医に相談しましょう。延命できるかどうかは早期発見と早期治療にかかっています。

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »