fbpx

ストレスが原因で癌になる可能性とは

Pocket

ストレスを抱える人

 

ストレスが原因で癌になる可能性とは

 
 

この記事を読むための時間:5分

 

癌は生活習慣病の一つとして恐れられている病気であり、その発症原因については様々な可能性が提唱されている段階です。多様な要因が重ね合わさって発症リスクを高めるものと考えられていますが、一つの要因としてストレスが挙げられています。

 

ストレスが癌と関係している理由とは

 

ストレスと癌がどのように関連しているのかについて理解するのは簡単ではなく、現状としても賛否両論があります。有力な考え方として広まってきているのがストレスによる免疫力の低下が癌の発症リスクを高めるというものです。癌の原因になっている癌細胞は常に身体の中で発生してしまっていますが、それを外敵として認識して排除する免疫系の力によって癌の発症が抑えられています。しかし、ストレスによって免疫系の機能が低下してしまうと癌細胞の排除が難しくなってしまい、異常増殖を起こしてしまって免疫系では抵抗が不可能になってしまうことになるという説があるのです。免疫力の強化が癌の発症リスクを低下させるという知見もあることから、このような考え方が広く受け入れられるようになってきています。ストレスによって自律神経系の失調が起こったり、免疫系のシグナル伝達が正常に行えなくなったりすることも知られているため、因果関係が明確になってきているのが現状です。

 

 

酸化ストレスによる癌のリスクもある

 

ストレスが癌を引き起こすリスクについて酸化ストレスが原因であるという考え方もあります。身体の中では呼吸によってエネルギーを生み出すときに活性酸素が発生していますが、ある程度の量であればスーパーオキシドディスムターゼと呼ばれる活性酸素の分解酵素によって除去されているのが基本です。しかし、強度のストレスを感じると酸素を使ったエネルギー産生の必要性が高まり、活性酸素が大量に発生して処理しきれなくなってしまいます。それが無作為に生体内の物質を酸化して機能低下を引き起こしてしまうことになりますが、活性酸素によりDNAが傷つけられてしまうと癌細胞になってしまうリスクがあるのです。癌が発症する引き金を作ってしまう点で活性酸素を増やすストレスは良くないという見解が広まっています。特に肉体的なストレスは酸素の消費量を大幅に上昇させることから酸化ストレスを引き起こして癌の発症リスクを高めると考えられているのです。

 

ストレスに懸念があったら病院へ

 

精神的なストレスであっても肉体的なストレスであっても溜め込んでしまうと癌を発症するリスクが高まってしまうことは否めません。癌はもともと高齢者になると多くなる傾向があるのは確かですが、強いストレスに苛まれ続けていると若くても癌になる可能性があるのも確かです。ストレスは自分ではあまり自覚てきていないことも多いため、自己判断で自分は大丈夫だと思い込まないようにしましょう。日常生活を思い返してみてストレスを受けていることが多いかもしれないと感じたら病院に行ってテストを受けてみるのが大切です。ストレスに悩まされている人が増えている影響を受けて、医療機関ではストレスチェックテストを実施するようになりました。心療内科ではその結果に応じて適切なカウンセリングも受けることができるので心配があるときにはまず足を運んでみると良いでしょう。癌になりにくい生活を送るためには自分のストレスを病院で判断してもらうのも大切なのです。

 

癌予防のためにもストレスを解消

 
生活習慣病の一つとして恐れられている癌を予防するためにはストレス対策が肝心です。精神的なストレスが蓄積することにより免疫系に支障が生じてしまうと癌細胞の排除ができなくなって癌になりやすくなります。また、肉体的なストレスにより酸素の消費量が増えて活性酸素が大量に発生してしまうと癌細胞ができてしまいやすくなるリスクがあるので気をつけなければなりません。自分ではストレスを判断しにくいことが多いので、病院に行って診察を受けるのも重要です。

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »