fbpx

食べ過ぎは健康に悪い理由

Pocket

食べ過ぎ

 

食べ過ぎは健康に悪い理由

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

美味しいものや自分の好きなものを前にするとついつい食べ過ぎてしまうこともあると思います。逆にたくさん食べるつもりがなかったのに気づいたら食べ過ぎてしまい後悔することもあると思います。ではなぜついつい食べ過ぎてしまうのでしょうか。

 

なぜ食べ過ぎてしまうのか

 

食べ過ぎると健康に良くない、逆効果だと分かっているのに食べ過ぎてしまうのはなぜでしょうか。まずストレスによる可能性が考えられます。仕事やその他日常生活を送る上で色々な不安や緊張を感じることがあると思います。考えごとをしたり自分の思い通りにいかなかったりするとイライラしたりしますがそういったストレスを感じると、脳がストレスに対応するためにたくさんのパワーが必要だと勘違いして食べ過ぎてしまうことがあるのです。1日に身体が必要とするエネルギーのおよそ2割を、脳が消費すると言われています。ですので脳や身体の活動に必要なエネルギーを得るためにも食事は必要ですが、ストレスを感じると食欲が抑えられなくなり食べ過ぎてしまうこともあるのです。そしてそのことに後悔して食べ過ぎてしまうという負のサイクルに陥ってしまう可能性もあります。身体に必要なエネルギー以上の食事を摂ると逆に疲労感を感じたり眠気を感じたりしてしまいます。

 

肥満

 

なぜ食べ過ぎるとだるくなるのか

 

なぜ食べ過ぎるとだるくなるのでしょうか。色々原因は考えられますがまず食べ過ぎてエネルギーを必要以上に摂っている可能性が考えられます。食べた後にだるさや眠気を感じることがあると思います。食後に眠さを感じるのは、消化をするために血液が胃腸に集まるので脳の血流が低下するという理由もあります。ですが眠すぎる、だるくて疲れてしまうという場合は食べ過ぎているからだと考えられます。他にも消化不良による疲労があります。胃が消費できる容量以上の食事を摂ると胃で消費できないまま腸に運ばれます。すると腸の中で有害物質が発生します。そして老廃物がたまりやすくなりそれが進行の妨げとなり胃腸がより一生懸命消化しようと働いてしまい疲れやだるさを感じてしまうのです。他にも胃腸や肝機能の低下が原因で食事後に疲労を感じることがあります。普段から食べ過ぎたり間食を続けていると内蔵の休む暇がないので胃腸の消費機能が低下していきます。

 

食べ過ぎないようにするためにはどうすればいいのか

 

まず食事を摂る際は早食いせずによく噛むことが大事です。よく噛まないで食べると満腹感を感じなくなり食べ過ぎてしまいます。ですのでよく噛んで時間をかけて食事をすれば少しの量でも満腹感を得られやすいです。そして内蔵を休めるという意味でも1日1食生活もおすすめします。1日1食だと十分なエネルギーが得られないのではないかと心配するかもしれませんが1日1食のメリットはたくさんあります。食事をとると消費するためにたくさんのエネルギーが使われ胃腸の負担も増えます。ですが1日1食にすることで胃腸を休ませることができその分消費せずに済んだエネルギーが他に使われて集中力が続く時間が長くなったりするなどのメリットがあるのです。他にも新陳代謝が活発になったり睡眠の質が向上して熟睡しやすくなったり体重が減少したりなどの効果も期待できるようです。実践しようとしてもいきなり1日1食にするのは大変かもしれませんので、まずは1日2食にすることから始めてみましょう。

 

健康のためにも自分の食生活を見直してみましょう

 

ついつい食べ過ぎてしまうのはストレスによる可能性がありますし、また食べ過ぎてしまうと胃腸や内臓の負担が増えて消化活動にエネルギーをたくさん使ってしまうので、できるだけ時間をかけてよく噛んで食べることが大事です。また1日1食や2食にすることによりその分胃腸を休ませることができますし集中力の向上や新陳代謝の活性化、ダイエットにも効果が期待できるでしょう。現在自分の食生活やついつい食べ過ぎることに悩んでいる方がおられたらこれを機に食生活を見直してみませんか?

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »