fbpx

自分にとって理想な睡眠時間は?見つけ出すのが肝心

Pocket

目覚まし

 

自分にとって理想な睡眠時間は?見つけ出すのが肝心

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

あの人はほとんど睡眠時間を確保していないのにいつも活動的で驚いてしまうということもあります。自分は長く眠らないと翌日は疲れ果ててしまうという人もいるでしょう。睡眠時間には人によってベストな長さがあるのでしょうか。

 

睡眠時間の要求には個人差が大きい

 

ある人の場合には毎晩三時間しか眠っていないのに、別の人の場合には毎日九時間も眠っているといった形で、睡眠時間は人それぞれで個人差が多くなっています。仕事の都合でやむを得ず睡眠時間が確保できていないということもありますが、自分にとって必要な睡眠時間を直感的に理解して、いつの間にかその程度の睡眠時間を確保するようになっているのが一般的です。睡眠時間の要求には個人差が大きく、ショートスリーパーにとってはむしろ長い睡眠時間を取るのが難しいことがあります。逆にロングスリーパーはしっかりと眠っておかないと昼間に居眠りをしてしまうといったトラブルに苛まれがちです。平均的には7時間から8時間程度の睡眠時間が必要とされていますが、ベストな時間は個々に異なるので自分なりに理想的な睡眠時間を知ることが大切になります。ベストな長さを探し出すための基礎知識として一般的な睡眠に関する原則を知っておくと有効活用可能です。

 

睡眠

 

一般的な睡眠の知識を手に入れよう

 

睡眠は生物にとって欠かせないものであり、全く睡眠を取れない状況で長く生活していると命にもかかわることが知られています。眠っている間に新陳代謝によって身体の修復が行われ、脳の中では記憶の整理も行われていることから、定期的に確保しなければならないのは確かです。人の場合には一日に三時間の睡眠は最低限でも必要と言われています。また、睡眠のリズムに関する研究も行われていて、深い眠りと浅い眠りが繰り返されているということもわかりました。浅い眠りのタイミングで起きられるとスッキリしやすいメリットがあり、通常は90分毎にそのタイミングが訪れています。そのため、自分にとって理想的な睡眠時間を探すときには90分毎に区切って探してみるのが大切です。一般的には7時間半前後が理想的なので、これをスタート地点としてもっと必要か、まだ短くできるかといった形で試行錯誤をするのが良いでしょう。自然に起きられる時間が見つかったらそれがベストです。

 

短くしたいときに気をつけること

 

活動時間を長くするためには睡眠時間は短くできるに越したことはありません。それを念頭に置いてショートスリーパーになろうと考えて自分の睡眠時間の試行錯誤を行うときには注意点があります。むやみに睡眠時間を短くするのは命にも関わるというのは確かですが、それに加えて体調に異変が生じているのに気づかない場合もあるということに気をつけなければなりません。突然眠りが浅くなってきたり、疲労を感じたりするようになれば睡眠不足が原因だと疑うことができます。しかし、少し記憶力が悪くなったり、活動力が低下したりしても年齢のせいだと考えてしまうことがよくあるのです。睡眠不足による脳機能の低下は全身に様々な症状として出てくる可能性があるので、本当に自分が良いパフォーマンスで活動できているのかは慎重に確認しなければなりません。また、昼間に運動などをして大きな活動をすると睡眠時間を長くする必要が生じやすい点も留意しておく必要があります。

 

睡眠時間のベストは自分で探す

 

睡眠時間として必要な長さには個人差が大きいので理想的な時間は自分で試行錯誤をして探し出す必要があります。90分刻みのサイクルがあることや、最低でも3時間は睡眠を必要としていることに留意した上で試行錯誤をすることが重要です。特に短くしたいという希望を持つ人はいますが、安易に短くしてしまうと昼間の活動のパフォーマンスが低下することがあります。本当に支障が生じていないかについては神経質になっておくことが大切です。

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »