fbpx

マインドフルネスとは?有名企業も採用する理由とは?

Pocket

瞑想

マインドフルネスとは?有名企業も採用する理由とは?

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

マインドフルネスは世界的に有名なGoogleやスティーブ・ジョブズが取り入れていることでよく知られるようになりました。名前だけ知っていても内容は知らないという人も多いですが、一体どのようなものなのでしょうか。

 

マインドフルネスの基本とは

 

マインドフルネスとは古来の言い方をすれば瞑想に近いものであり、ヨガや禅道などの宗教においてよく用いられてきた考え方が基本になっています。精神面の良し悪しによって人の活動のパフォーマンスは大きく上下しますが、マインドフルネスは精神面に働きかけることによって高いパフォーマンスを獲得することを目指すのが基本です。宗教的な瞑想ではその宗教の持っている理念や精神に基づいていて科学的根拠がないものが多いのが一般的ですが、マインドフルネスではそのような要素を排除した現代的なものになっています。基本的には科学的根拠を求めてどのようにして瞑想を行えばパフォーマンスを上げることができるかを追求して生み出されているのが特徴です。やり方も至極単純であり、落ち着いて座って姿勢を正し、呼吸をすることだけに集中して数分間の時を過ごすだけで良いとされています。取り組みやすさからも注目度が高まっているのがマインドフルネスです。

 

瞑想

 

マインドフルネスにより磨かれる力とは

 

マインドフルネスを日常的に行うことにより得られる力には様々なものがあります。瞑想によって集中力を磨くことができるのが最も重要な点です。もともと人は思考力があって様々なことに同時にとらわれてしまいがちな傾向があります。それが原因で何か一つのことに集中できずにいてパフォーマンスが上がらないことは珍しくありません。単純に呼吸に集中して心を落ち着かせる習慣を作るだけで飛躍的に集中力を高めることが可能です。それによって自分の力を客観的に見つめる力や、弱さを受け入れる力、人のことを受け入れたり話を聴いたりする力も身につけることができます。これは他人とのコミュニケーション能力を高めることにもつながり、豊かな人間関係を築けるという期待も持てるのが特徴です。そして、想像力や発想力なども育むことにも直結するため、仕事のパフォーマンスも飛躍的に向上すると考えられます。さらに瞑想を介してストレスの解消も行えるのも魅力とされている点です。

 

有名企業や有名人も取り入れるマインドフルネス

 

マインドフルネスは取り入れやすさから有名企業や有名人によって活用されることも多くなりました。その中でもよく知られているのが世界企業として知られるGoogleでの取り組みです。社員研修にマインドフルネスを取り入れることにより社員全体のパフォーマンスを高めることを目指す取り組みを続けていて、およそ1割程度の社員が日常的にマインドフルネスを実践していると言われています。また、有名人ではスティーブ・ジョブズが取り入れていること知られています。スティーブ・ジョブズは精神面の充実が創造力を育むのに必須であると考えて禅堂にも通うほどの気概を持っている人物です。その結果が企業としての成功に反映されているのは明らかであり、マインドフルネスによる精神面のトレーニングが成功をもたらす可能性があることを示しています。このような形で有名になったマインドフルネスは世界各国で積極的に活用されるようになってきているのが現状です。

 

自分を高めるためにマインドフルネスの実施

 

マインドフルネスは瞑想を行うようにして精神的な集中力を高める時間を毎日確保することにより、精神面の充実を図ることができるトレーニングです。前向きな姿勢で様々な問題に取り組んでいくための精神的な強さを育み、日常的なパフォーマンスを高めることができます。多様な能力を育むのに役立つとされていて成功事例も多くなっていることから、人生の成功を勝ち取るためにマインドフルネスに取り組んでみるのは賢明な考え方です。

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »