fbpx

癌は再発に注意!再発と転移を徹底解説

Pocket

説明する医者

 

癌は再発に注意!再発と転移を徹底解説

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

癌は、治療を受けて完治しても後に再発するケースがあります。体の中に残った癌細胞が再び活動を始めると、このような再発といった現象が起こってくると言われています。再発は、治療後かなり時間が経ってから起こることも。完治してから数か月から数年後に再発するケースも珍しくなく、長期的な経過観察が必要になってきます。また、再発同様に多いのが転移です。ここでは、癌で多く見られる再発と転移について解説をしていきます。

 

再発ってどんな現象?

 

癌の再発は、大きく3つのタイプに分けられています。例えば初めにできた癌とほぼ同じ位置にできるのが局所再発。最初にできた癌に近いリンパ節に再発が起こったときには領域再発に分類されます。他の臓器や骨、脳などに癌が発生したケースの場合は、遠隔(全身)再発と呼ばれます。最初に治療した癌の細胞が取り切れておらず、後に活動を始めるといったケースも多く、再発にはいろいろなパターンが見られます。化学療法や放射線治療などで小さくなった癌が、再び成長を始めているといったケースも再発の1つのパターンです。また、最初の癌と全く異なる場所に同じ性質を持つ癌ができるパターンもあります。初期ガンのような小さな病巣を手術で取り除いた場合でも、体の中には既に癌細胞が散らばっているケースがあり、数か月から数年後に再び勢いを盛り返すことがあるのが、厄介なところです。再発するかどうかは、最初にできた癌の性質によっても変わってくるため、治療を担当する医師は、その都度、癌の性質を見極めながら対応を行います。

 

再発しやすい性質の癌の場合には、病巣を取り除いた後に他の治療を併用するケースも。再発が起こりやすい時期は、治療後、半年から5年の間と言われていますので、この時期は特に症状がなくても定期的に検査を行うのが多くの病院の方針です。現在の癌の治療では、一般的に5年を目安に完治したか否かを判断しています。治療後5年間という再発のリスクが高い時期を無事に過ごせれば、一応完治したという扱いになることが多いです。がん保険などを扱う保険会社でも、治療後5年経過後から加入を認める場合が少なくありません。療養をする側にとっても、治療後の5年間をクリアすることが1つの課題になっていると言えるでしょう。見落とされた小さな癌が残っていても、5年経つ間に一定の大きさに成長していくと考えられているため、この間に再発の兆候が見られなければ完治したと判断されている状況です。再発という言葉は癌の種類を問わず広く使われていますが、病院では一部の癌については再燃といった表現であらわします。例えば血液やリンパ、前立腺の癌に関しては、専門家の間では再燃という言葉が使われます。

 

病院

 

知っておきたい転移のメカニズム

 

転移も、癌という病気で多く見られる現象です。こういった転移にも、実のところさまざまなパターンがあります。特に多いとされているのが、リンパの流れにのって癌細胞が移動し、新たに病巣をつくるリンパ節転移です。リンパは体のあらゆるところに存在するため、リンパ節転移も場所を問わず起こり得ます。また、血液を介して癌細胞が移動するパターンも少なくありません。事実、血液が集まる肝臓や肺、脳などは転移が多く見られる場所の1つ。血液も全身を巡っていますので、癌細胞が血液中に流れ出るといろいろな場所に転移が起こります。

 

また、播種と呼ばれる転移は、癌細胞が剥がれ落ちる形で病巣が広がっていくのが特徴です。腹部や胸部にできた癌の場合は、腹膜や胸膜などに癌細胞が散らばるケースが見られます。このような転移は、播種として扱われています。転移した癌は最初にできた癌と同じ性質を持つと考えられているため、治療する上でも重要になってくるのが大元の癌の性質です。転移が複数の場所に見られるなど、ある程度癌が進行した状態で見つかった場合には、最初にできた癌の場所が分かりにくいことも。このようなときには、最初にできた癌(原発巣)の場所を見極めることが必要と考えられています。原発巣が分かれば、対応する医師も癌の性質に合わせた対処が可能です。中には、複雑な性質を持った癌もあり、最適な対処法もその方のケース如何で変わってきます。転移は、癌ができた場所や癌細胞の性質によってもリスクが変わってくるのが常です。

 

例えば、肺癌やすい臓癌、大腸癌などは、比較的転移が多く見られる癌と言われています。また、癌細胞にはそれぞれ性質があるため、転移しやすいかどうかはできた癌の性質にも左右されてしまうのが現実です。治療をスタートする時点では、こういった癌の性質を調べる検査も行われます。さまざまな性質を持つ癌に対処するために、病院でも詳細な検査を行って正確な癌の情報を得ることに力を入れています。

 

 

ドクター

 

再発したがんにはどう対処する?ケースバイケースの治療目標

 

再発が見られた場合にどのような方法をとるべきかは、その方の状況次第です。病院でも、再発については個人の状態に合わせて治療計画を立てています。再発した癌が小さい場合や手術で完全に取り除ける可能性がある場合には、再度本格的な治療を行うこともあり得ます。しかしながら、再発箇所が多い、または体力的な問題があるときには、手術以外の方法で対処するケースも少なくないのが現状です。再発に関しては完治を目指さないという選択も珍しくなく、体力を温存しながら生活の質を上げていくといった対処も行われています。このような選択をした場合には、できるだけ癌を進行させないということが治療目標になってきます。化学療法などは、癌の進行を抑えるために選択されている対処法の1つです。また、痛みや体の不快感を減らす緩和ケアも、再発が見られたときに行われる対処法と言えます。精神的なケアも重視されており、対処の仕方は、ケースバイケースです。本人や家族の意向も考慮しながら、後悔のない選択をサポートしていくのが現在の病院のスタイルです。最初の癌に比べると、再発した癌の治療目標はさまざまです。

 

思いやり

 

癌は予防が大切!日常生活を見直して病気を防ごう!

 

癌は、自分の細胞が癌化することで生じてくる病気です。再発や転移といった現象が起こり得るため、いったん発症すると専門的なアプローチが必要になってきます。癌は、ステージによってもコントロールのしやすさが変わるという特徴があります。対処しやすいうちに手を打つためにも、気になる症状があるときには自分で判断をせずに医師の診察を受けるのがベストでしょう。0期などの初期ガンの段階であれば、再発や転移のリスクも低くなると言われていますので、癌を心配する年齢になったら早期発見ができるよう、コンスタントに検査を受けましょう。

 

定期的な検査と同じくらい大切になるのが、日常生活での健康対策です。癌のリスクを上げると言われているのが、例えば喫煙や飲酒です。特に喫煙は、さまざまな癌の原因とされており、40代以上の喫煙者は特に要注意となります。また、癌の中には食生活との関係が指摘されているものも見られます。現代人に増えている乳癌や大腸癌などは、食事内容によってリスクが変わるとされている癌の一例です。このような癌を予防するためには、食生活全般を見直す必要があるでしょう。リスクを上げるような生活を避けることは、癌を防ぐためにぜひトライしておきたいアプローチです。適度な運動や体重管理なども、健康を維持するための秘訣になります。肝心の免疫力を低下させないよう、ストレスコントロールや冷え対策も行っておくと安心です。

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »