fbpx

癌家系は本当に存在するのか?癌の遺伝についてご紹介!

Pocket

遺伝

 

癌家系は本当に存在するのか?癌の遺伝についてご紹介!

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

家族に癌を患ってしまった人が多いと、「自分も遺伝によっていつか癌が発症してしまうのではないか」といった悩みを持ってしまう人もいるかもしれません。最近では、癌は二人に一人の確率で発症する可能性があるとまで言われています。このように最も身近になってしまった病気ですが、まだまだ癌のことを詳しく知らない人も多いようです。確かに昔から癌は遺伝すると言われており、近年では癌家系という言葉もよく耳にするようになりました。では、本当に癌は遺伝するのでしょうか。今回の記事では、癌の遺伝について詳しくまとめてみました。

 

癌家系とは本当に癌が遺伝してしまうのか?

 

家系に癌を患っている人が多い方は、遺伝によって癌にかかりやすいと思い込んでいるかもしれません。しかし、遺伝性の癌は非常に珍しいケースです。なぜならば、癌とは後天的なものがほとんどであるからです。癌細胞は誕生してから何十年もの間、体内に潜んでいます。そしてさまざまな要因が蓄積した結果、遺伝子にダメージを与えてしまい癌が発症してしまうのです。それゆえ例え癌の遺伝子を受け継いでいたとしても、100%癌になってしまうなどということは有り得ません。癌家系とは、医学用語で「家族性腫瘍」または「遺伝性腫瘍症候群」と呼ばれています。医学的に見てもこの症状から癌が遺伝する可能性は10%未満であり、実際に発症する可能性はさらに低いのが現状です。そのためがん家系であるからといって自分が癌を患ってしまうのではないかと心配していても、大抵は取り越し苦労に終わってしまうでしょう。

 

遺伝子

 

遺伝性の癌にかかってしまう人は癌患者全体の約1%以下!

 

癌とは遺伝子の突然変異によって生じるものであり、遺伝子が癌細胞の増殖を自律的に抑えることができなくなってしまう症状です。先天的なケースはほとんど見られることがないため、遺伝性の癌はとてもレアなケースであるとも言えるでしょう。なお癌学会の発表によると、遺伝性と見られる癌は平均で1%にも満たないと言われています。さらに例え癌の遺伝子持っていたとしても、環境要因に注意さえしていれば癌の発症リスクを軽減することも十分に可能であるようです。

 

統計

 

遺伝性腫瘍にはどのような種類があるのか?

 

このように遺伝性の癌と診断されるケースは非常に稀ですが、遺伝性の癌には遺伝と生活環境の微妙なバランスのズレが大きく影響をしているようです。そして遺伝性の癌には、さまざまな種類の癌があります。特に多くみられる症状は、大腸がんと女性であれば乳がんや卵巣がんです。特に乳がんは女性のがん患者の20%ほどが患っているがんでもあり、年々増え続けている傾向にあります。また泌尿器がんやホルモンなどを司る内分泌系の腫瘍なども代表的な遺伝性の癌として挙げられるでしょう。同じく皮膚がんや骨軟部肉腫など身体を外部から守る働きをしている器官にも遺伝子の癌は見られるようです。さらには脳腫瘍も、遺伝からくるケースが少なからずあります。そして特筆すべきは、乳幼児に多く見られる網膜芽細胞腫です。15000人~16000人に1人の割合で発症する眼の癌であり、網膜に腫瘍ができ視力が低下してしまいます。ただし生命の危険性は少なく、統計では治癒後5年の生存率は90%を上回っているようです。なお遺伝性の癌は重複癌や多発癌になりやすい傾向にもあるため、身体の部位をくまなく検診する必要性も生じてきます。

 

遺伝子

 

遺伝性の癌の原因となるものは?

 

遺伝性の癌の主な原因は、癌抑制遺伝子の先天的異常と言われています。癌抑制遺伝子とは体内にある細胞が癌化するのを防いでくれる遺伝子であり、体内のどの細胞にも父親と母親の遺伝子がセットになって組み込まれています。この2個の癌抑制遺伝子が破壊されてしまうと細胞は癌細胞へと変化を遂げてしまい、悪性であれば体内の細胞を次々と癌細胞へと導いてしまうようです。遺伝性の癌患者は生まれながらにして、この癌抑制細胞の1個が異常な状態にあります。それゆえハンデを背負った状態で成長するため、一般人よりも癌が発症してしまう可能性も高いと言えるでしょう。

 

癌の主な原因は生活習慣による影響が大きいのか?

 

遺伝やウイルスなどが癌の原因となることも少なからずありますが、癌の主な原因は生活習慣の乱れからくるものが多いようです。ハーバード大学にある「がん予防センター」の統計によると、癌で死亡した人の7割ほどが生活習慣によるものでした。その中でも喫煙と飲酒は、共に3割を占めています。喫煙は、癌にかかりやすい生活習慣のトップとも言えるでしょう。肺がんや口腔がん、食道がんから胃がんまで、あらゆるガンのリスクを高めているとも言われています。

 

また女性は、子宮頸がんの発症するリスクもかなり高いようです。さらに自分が吸っていなくても副流煙により肺がんなどのリスクも上昇してしまうため、喫煙の際には周囲の人に十分に気を配らなければなりません。過剰な飲酒も、さまざまな癌のリスクを上昇させている乱れた生活習慣です。アルコール中毒の影響により発症してしまう肝硬変も、悪化させてしまうと肝臓がんになってしまうため注意しなければなりません。肝臓がんの主な原因は、アルコールを分解したときに生じるアセトアルデヒドです。お酒を飲むと顔がすぐに赤くなってしまう人は、このアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないため特に注意して下さい。またジャンクフードや塩分など、食生活においても癌が発症するリスクが高い食品がいくつもあるようです。赤肉や加工肉を摂取しすぎると、大腸がんになるリスクが高いと言われています。

 

また、塩分の摂りすぎは胃がん、熱い飲食物で喉を刺激しすぎてしまうと食道癌や咽頭癌にかかってしまう可能性が高いため注意が必要です。さらに肥満体質の人は大腸がんや食道がんにかかってしまう可能性も高いため、減量を心がけてください。特に閉経後の女性の方はエストロゲンの分泌が激しくなっているため、乳がんにかかってしまうリスクも高いようです。その他にも紫外線を浴びすぎると皮膚がんになってしまう可能性が高いため、特に頭や顔などは日焼け対策を万全にすることを常に心がける必要があります。このように様々な生活習慣によって、癌が発症してしまうリスクは高くなってしまうのが現状です。また同じ環境で長く寝食を共にしていた家族が癌を患ってしまった場合には、癌にかかりやすい環境とも言えますので生活習慣などを見直す必要もあるでしょう。

 

癌は生活習慣を見直すことで予防することも可能!

 

癌には生活習慣が大きな影響を与えているため、ガンを予防する際には生活習慣を見直し改善する必要があります。また生活習慣の改善は癌の予防だけにとどまらず、生活習慣病の予防やストレス対策にも非常に有効的です。喫煙や飲酒に関しては個人の意志によるものが大きいため、まずは無理することなく徐々に量を減らすことから始めてみてください。ニコチン中毒やアルコール中毒になってしまっている人は特に体に様々な弊害が出ている可能性があるため、病院に行ってしっかりと治すことも考えなければなりません。食生活に関しては、三食を決められた時間に摂取することが重要です。

 

特に肥満体質の人は、適度な量を摂取することを心がけてください。近年は健康ブームにもなっているため、カロリー計算や血糖値の測定なども手軽に行うことができます。それゆえ体重やカロリーなどの数値を常に意識することを生活に取り入れると良いでしょう。なお極度のダイエットはリバウンドや免疫力の低下につながってしまうため、避けなければなりません。また運動不足の人も、癌にかかりやすいリスクを伴っているとも言えるでしょう。

 

なぜならば運動することは血液を循環させることにつながり、新陳代謝も高めてくれるからです。そのため運動不足になってしまうと血行不良になってしまい、免疫力も落ちてしまいます。そして癌を抑制する機能も低下してしまうので、十分に気をつけなくてはなりません。このように生活習慣の改善は、それほど難しいものではありません。しかし習慣とは恐ろしいものであり、本気で取り組まないといつのまにか元の習慣に戻ってしまいます。意識を高く持って、癌の予防に取り組んでみてください。

 

まとめ

 

癌には生活習慣が大きな影響を与えているため、ガンを予防する際には生活習慣を見直し改善する必要があります。また生活習慣の改善は癌の予防だけにとどまらず、生活習慣病の予防やストレス対策にも非常に有効的です。喫煙や飲酒に関しては個人の意志によるものが大きいため、まずは無理することなく徐々に量を減らすことから始めてみてください。ニコチン中毒やアルコール中毒になってしまっている人は特に体に様々な弊害が出ている可能性があるため、病院に行ってしっかりと治すことも考えなければなりません。食生活に関しては、三食を決められた時間に摂取することが重要です。

 

特に肥満体質の人は、適度な量を摂取することを心がけてください。近年は健康ブームにもなっているため、カロリー計算や血糖値の測定なども手軽に行うことができます。それゆえ体重やカロリーなどの数値を常に意識することを生活に取り入れると良いでしょう。なお極度のダイエットはリバウンドや免疫力の低下につながってしまうため、避けなければなりません。また運動不足の人も、癌にかかりやすいリスクを伴っているとも言えるでしょう。

 

なぜならば運動することは血液を循環させることにつながり、新陳代謝も高めてくれるからです。そのため運動不足になってしまうと血行不良になってしまい、免疫力も落ちてしまいます。そして癌を抑制する機能も低下してしまうので、十分に気をつけなくてはなりません。このように生活習慣の改善は、それほど難しいものではありません。しかし習慣とは恐ろしいものであり、本気で取り組まないといつのまにか元の習慣に戻ってしまいます。意識を高く持って、癌の予防に取り組んでみてください。

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »