fbpx

癌には特徴も!癌に共通する兆候と症状別の初期症状を紹介します

Pocket

レントゲン

 

癌には特徴も!癌に共通する兆候と症状別の初期症状を紹介します

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

癌は早期発見が大切な病気です。癌は初期症状が現れにくい特徴がありますが、日常生活の中で注意深くセルフケアを続けていると気づける症状もあります。そこで、まずはそれぞれの癌の特徴を知り、どのような初期症状が現れやすくなるのかをチェックしましょう。また、癌は日常生活の送り方にも大きく影響を受ける病気です。そのため、癌の初期症状と合わせて、どのような生活習慣を送っている方が癌になりやすいのかも知っておくようにしましょう。

 

早期発見が大切!初期症状や兆候をチェックして予防しましょう

 

癌は治療できるようになってきている病気です。しかし、病状が進行すると依然として厄介な病気であることも事実。だからこそ、癌の特徴や初期症状の兆候を知り、早期に体の異変に気付けるようになっておきたいところです。ただ、癌の厄介な点は初期症状が乏しいところ。ごく初期の段階では体に何の異変も感じないことが少なくありません。しかし、中にはごく初期の段階から兆候が現れる癌もあります。このような体が発するサインを見逃さないためにも、癌についての予備知識を身につけ、癌検診なども利用しつつ、自分の体をチェックする習慣を持つようにしましょう。

 

ヘルスチェック

 

自分で気づける場合も!初期の兆候を見逃さないことが大切

 

ひとくちに癌といっても、肺癌や胃癌をはじめ大腸癌や乳癌など様々です。それぞれの癌によって病気の進行の仕方や兆候は異なるので、この症状があれば必ず癌と言えるようなものはありませんが、兆候として現れやすい初期症状があります。例えば、倦怠感、体重減少、しこり、出血などは代表的な兆候です。これらの症状は必ずしも癌に特徴的なものとは言えませんが、このような異変が体に現れた場合は、できるだけ早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

医者

 

胃癌の初期症状!ほかの病気と混同しやすい点に注意しましょう

 

胃癌の初期症状には、上腹部に痛みを感じる、食後に胃のあたりに痛みを感じる、食べたものが奥の方で詰まるような感じがする、お腹が張っているような感じがするといったものがあります。これらの症状は胃炎や胃腸炎などでもよく見られるものです。ごく初期の段階では症状が現れたり治まったりを繰り返すことも多いため、よくある症状だと勘違いしてしまうことが少なくありません。胃癌はとくに50代以降に急激に増加するといったデータがあります。また、たばこを長期間にわたって吸っている方、塩分摂取量の多い方、肉類中心の食生活で野菜の摂取が少ない方、慢性的な胃炎に悩まされている方なども統計的に胃癌になりやすいと言われています。とくに胃癌を発症した90%以上の方はピロリ菌に感染しているといった報告もあるので、井戸水などを飲んでいたことがある方は、とくに症状がなくても病院でピロリ菌のチェックをしておいた方が安心です。また、30代や40代の方でも、いずれかの症状が頻繁に現われる方は、医療機関で胃癌のチェックを怠らないようにしましょう。

 

 

グラフを描く医者

 

喫煙者以外も要チェック!肺癌には様々なタイプがあります

 

肺癌の初期症状では、乾いた咳が1ヶ月以上続く、痰に血が混じる、胸のあたりに痛みを感じる、発熱や咳や痰といった、肺炎の症状が出るといったことがあります。この肺癌は大きく分けると肺門型と肺野型に分けることができ、さらに細かく4つのタイプに分けられるのが特徴です。それぞれのタイプによって初期症状の特徴や出るタイミングが異なっているので、ケースに合わせて一つ一つチェックすることが大切になっています。

 

まず、肺門型は入り口にあたる、肺のごく浅い部分に発生する癌です。この肺門部は心臓の裏側部分にあるため、胸部X線検査で見つかりにくいといった特徴があります。この肺門型に分類される肺癌の一種が肺扁平上皮癌です。初期の段階から、しつこい咳や痰に血が混じるといった症状がみられるようになります。この肺扁平上皮癌は喫煙との深い関連が指摘されているため、とくに喫煙者の方で血痰や乾いた咳に気付いたときは、自己判断せずに早めに医療機関へ相談することが大切です。次は小細胞肺癌と呼ばれるタイプです。肺扁平上皮癌と同様に、咳や血痰といった症状が現れるのが特徴ですが、初期症状が現れるまでには時間がかかることも多いようです。肺野型の肺癌とは、肺の奥に癌が発生するタイプです。

 

一般に肺癌は喫煙者に多いと言われていますが、この肺野型の場合は、たばこを吸わない方も多く発生することが分かっています。肺野型の癌には肺腺癌と大細胞肺癌と呼ばれるタイプがあります。初期の段階では自覚症状がほとんどないのが特徴です。癌が進行するとともに、息切れに乾いた咳、血痰のような肺がんの諸症状が見られるようになります。次の大細胞肺癌は初期症状が乏しく、自覚症状が現れるのは、ある程度、腫瘍が大きくなってからのことが多いと言われています。

 

下血があれば注意!排便時にはチェックする習慣を

 

大腸癌の初期症状には、血便、腹痛、お腹が張る、下痢や便秘といった便通異常が現れることがあります。大腸癌はとくに50代以降の人に現れやすく、日常的に喫煙している方、飲酒習慣のある方、肉食中心で野菜の摂取量が少ない方、肥満の方などに多いと言われています。また、大腸癌はリンチ症候群や家族性大腸腺腫症(FAP)のように遺伝により発症することがあることにも留意が必要です。大腸癌は、右側、左側、直腸で初期症状が異なる場合があります。

 

右側の大腸癌では下痢のように水様の便が続くのが特徴です。また、下腹部にしこりができたり、慢性的な出血が続いて貧血の症状が現れるのも大きな特徴です。左側の大腸癌では、便秘と下痢を繰り返すのが特徴です。右側の大腸癌より症状がでやすく、便が細くなる、下血や粘血便といった出血、便秘に下痢などの症状がみられます。直腸癌はとくに初期症状が出やすく、何度も便意をもよおす、残便感がある、便が細くなって、鮮血が出るようになるなどの症状が特徴的です。それ以外にも、腸閉塞の症状が出るようになると、嘔吐が続くといった症状も現れます。大腸癌の最も特徴的な初期症状は便に血が混じるようになることですが、癌がごく初期の段階であったり少量の下血の症状が乏しかったりする場合は肉眼で確認できない場合があります。

 

セルフケアも大切!自宅でチェックできるポイントもあります

 

乳癌の初期症状では、乳房やワキの下に異物感やしこりがある、乳房がひきつれるような感じがする、乳房にむくみや腫れがある、乳首から分泌液がでるといった症状が現れることがあります。乳癌はとくに40代や50代の女性をはじめ、初潮が早かった方、閉経が遅かった方、高齢になってから出産を経験した方、子どもを産んでいない方の発症率が高いと言われているので、気になる方は定期的に乳癌検診を受けるようにしましょう。また、乳癌は早期発見が重要です。そのため、医療機関で乳癌検診を受けることと合わせて、自宅でセルフチェックを行うことも大切となっています。日常生活では、左右の乳房の形のチェック、乳首から分泌物が出ていないか、出血しているか所はないか、胸に窪んでいる部分はないか、ただれたり引きつったりしていないかなど、目で見て分かるポイントの確認を行ないます。それに加えて胸の周囲やわきの下などのしこりの有無を自分で触って定期的にチェックするようにしましょう。少しでも違和感を感じた場合は、自己判断はせず、必ず医療機関で検査を受けることが大切です。

 

CBDには世界が注目!でも、まずは日常から予防することが大切

 

医療技術が進む昨今、癌は昔ほど恐くない病気となりつつあります。最近ではCBDと呼ばれる医療用大麻が注目を集めており、海外では実用化に踏み切る国も現れました。このCBDには腫瘍を小さくしたり、癌細胞の侵襲性を抑制したりするなど、様々な効果があると言われています。まだ、確実に癌に効果があるとは言えませんが、このような新たなアプローチが登場しているといった点も踏まえ、いたずらに癌を恐れないようにすることも大切です。しかし、癌を発症すると日常生活に様々な支障をきたすことも事実。そのため日常生活を規則正しく送り、定期的に癌検診を受けるなどして、まずは発症を予防したり早期に発見したりすることが何よりも重要です。

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »