fbpx

食事の影響を考えて成功に導くダイエット

Pocket

 食事

 

食事の影響を考えて成功に導くダイエット

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

ダイエットを成功させるためには食事に対する意識を高めることが欠かせません。食事内容や食べ方を少し工夫するだけで痩せにくかった人がだんだんと痩せられるようになる場合もあります。世の中でよく知られているダイエットのやり方や注意点について鵜呑みにしてしまい、食事の仕方について誤解をしてしまっている人も少なくありません。どのような意識を持って取り組むとダイエットを成功に導ける可能性が高いのかをあらためて確認しましょう。

 

太るメカニズムを知ろう!痩せられない人には共通点がある

 

ダイエットをする上でまず知っておかなければならないのが太るメカニズムです。太る原因はカロリー収支がプラスになり続けてしまっていることが原因であり、食事によって摂取したカロリーが基礎代謝や活動によって消費したカロリーを上回っていると余った分のカロリーが身体に蓄積していきます。食事を減らしたり、運動をたくさんしたりすればカロリー収支はマイナスになって痩せられるようになると単純に考えられるのです。痩せられない人の大半には共通点があり、食べることが大好きで運動するのがあまり好きではないということが挙げられます。普段から食事の話ばかりしていたり、ストレス発散にはスイーツを食べたりしているといつの間にかカロリー過多になってしまいがちです。それで運動もほとんどしないとなるとだんだんと身体に余計な脂肪が溜まってしまうことになります。このような傾向がある人は食事に気を遣って少しでも太りにくいような食べ方をするようにするのが重要です。

 

肥満

 

食事をするタイミングを変えてみるのが肝心

 

太りにくくしてダイエットを成功に導くためには食事をするタイミングを変えるのが効果的です。一日三食を食べるのは重要なポイントであり、極度な空腹状態をあまり長くしてしまうと太りやすくなります。食事を抜いて摂取カロリーを減らすのは意味がありますが、一日二食にして摂取カロリーが同じという場合には脂肪がつきやすくなるのが一般的です。身体の機能として空腹時に備えるように脂肪を溜め込もうというはたらきがあり、空腹状態を経験するほど脂肪が増えやすくなってしまいます。

 

そのため、適度な間隔で食事をすることが肝心です。食事のタイミングがばらついていた人は朝昼晩の三回に分けて規則正しく食事をするだけで良い効果を期待できます。それと合わせて考えると良いのが夕食のタイミングです。食べてからすぐに眠ってしまうと夕食のときに摂取したカロリーのほとんどが身体に付いてしまうため、夕食後は三時間程度は起きて活動するようにするのが重要になります。また、睡眠中はカロリー消費量が少ないので夕食と朝食の間に十分に長い時間をあけるのも有効です。14時間程度の間隔を持つようにすると睡眠中の新陳代謝の力で痩せやすくすることができます。

 

食事

 

食べ方一つで変わる太りやすさ

 

太りやすさには食べ方も影響を与えるので気をつけることが肝心です。普段から食べるときにはよく噛むようにして少量でも満腹感が得られやすいようにするのがまず大切となります。噛むことによって満腹中枢が刺激されるので早く空腹感が満たされやすいのです。食べる順番を考えることで太りにくくすることもできます。代表的なのが食物繊維の多い野菜を先に食べるようにする方法であり、カロリーの吸収を緩やかにすることで身体に溜め込みにくくすることが可能です。また、夕食にたくさん食べてしまう習慣があると太りやすくなってしまうので、就寝前に三時間は食べない時間を作るだけでなく、大まかには21時以降の食事を避けるようにするのが重要になります。それによって体内リズムが整いやすくなって睡眠の質も向上しやすいというメリットもあるのが魅力です。どうしても遅くに食べなければならないというときには脂肪や炭水化物を少なめにしてタンパク質を中心とした食事内容にすると太りにくくなります。

 

 

選択

 

炭水化物を食べないのは実は危険

 

食事内容を検討するときに気をつけなければならないのが炭水化物を減らし過ぎないことです。炭水化物抜きダイエットも知られていますが、過度に炭水化物を減らしてしまうと体調が悪くなってしまうリスクがあります。脳のエネルギーになるのは炭水化物の中でもブドウ糖だけであり、タンパク質や脂肪を摂取しているだけでは脳が機能しなくなってしまうリスクがあるのです。炭水化物を減らすと脂肪が増えにくくなるというメリットはありますが、過度に行ってしまうのは危険だということを覚えておく必要があります。

 

ダイエット中の食材や食品にも気を配ろう

 

ダイエット中に選んでいる食材や食品があまり痩せるのに向いていないものだとダイエットを成功させるのが難しくなります。どんなものがダイエットに良いのかを知って食事内容を切り替えていくことも重要です。基本的には高タンパク質で低脂質、低糖質で食物繊維が豊富なものはダイエットに向いています。鶏の胸肉やささみ、エビやタコなどはタンパク質が豊富で低脂質でダイエットに良く、鯖やマグロなどの青魚は良質な脂質も含んでいるので魅力のある食材です。野菜やきのこ、海藻は食物繊維が豊富でカロリーも低く、脂質もほとんど含んでいないことから理想的と言えます。一方、白米や春雨などは糖質が多く、マーガリンやソーセージなどは脂質が多いのでダイエットには向きません。このような意識を持って食材や食品を選ぶと痩せやすいメニューを作れるようになります。

 

おやつを使ってダイエットを進めよう

 

ダイエットにはおやつは禁物ということがよく言われていますが、うまくおやつを活用するのもダイエットを進めるには良い方法です。おやつを食べると摂取カロリーが増えてしまうものの、他の食事での摂取カロリーを減らしてバランスを取れば問題ありません。疲れたときやストレスが溜まったときに少しおやつを食べると元気になることはよくあります。また、空腹を我慢した結果として次の食事で食べ過ぎてしまうということも珍しくありません。このような状況に陥らないようにするにはおやつを食べるのが効果的な対策です。ダイエットに向いているものを選ぶ必要があり、ナッツ類やチョコレート、ココアなどが適しています。ナッツ類は高タンパク質でビタミンやミネラルも豊富であり、良質な脂質も含んでいることから食べ過ぎなければダイエット向きの食品です。チョコレートやココアに含まれているカカオはリラックス効果をもたらし、代謝や循環も活性化させる作用があるとされています。腹持ちも良いので少量で長く空腹感を紛らわせられるのがこれらに共通している点です。

 

お酒だってダイエット中に飲める

 

お酒はダイエット中には厳禁という考え方がありますが、注意すればお酒は飲んでも問題ありません。おやつと同様にストレス発散になるだけでなく、社会生活をしていると付き合いで飲まなければならなくなることもよくあります。アルコールを摂取すると食欲が高まって食べすぎてしまうのがダイエットに向かない主な理由なので食べる方を少し我慢すれば問題ありません。また、焼酎などの蒸留酒はカロリーがほとんどないのでビールやワイン、サワーやカクテルなどを飲むよりも太りにくいと言えます。

 

食事にこだわってダイエット成功へ

 

ダイエットに成功できるかどうかは食事との付き合い方に大きく左右されます。食べるのが好きという人ほど食べ過ぎないように気をつけると共に、太りにくいような食べ方や食事内容を選ぶことが肝心です。世の中でダイエットに向いている、あるいはダイエット中には厳禁と言われていることも多数ありますが、必ずしもその内容が正しいとは限らないのでよく内容を確認する必要があります。痩せやすい食事と付き合っていく方法を自分なりに考えて実践していくのが大切です。

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »