fbpx

笑いの健康効果!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)活性化と血行促進

Pocket

笑う

 

笑いの健康効果!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)活性化と血行促進

 

 

この記事を読むための時間:15分

 

嫌なことや上手くいかないことがあると、私たちは、ついしかめ面をしてしまいます。でも、ちょっと待ってください。辛いときにこそ笑って過ごしましょう。笑いは健康のために、とても効果があるといわれています。1976年に、アメリカのノーマン・カズンズというジャーナリストが、笑うことで自身の難病を克服したと発表しました。彼は、治る見込みのない病気と診断されましたが、毎日、コメディを見て笑い続け、病気を克服したのです。これがきっかっけとなって、「笑い」の健康効果を科学的に実証する研究がなされるようになりました。

 

「笑い」はNK細胞を活性化する!「NK細胞」って何だっけ?

 

被験者を集めて漫才などを見て大笑いしてもらい、前後で血液成分を分析することで、お笑いの効果を調べるという調査がいくつも行われています。その結果わかったことは、笑うことで「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」が活性化されるということです。笑うだけで、血液中のNK細胞の働きが強くなったのです。NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とは、全身をめぐって、がん細胞やウイルスに感染した細胞などを殺す働きのある細胞です。人間に生まれつき備わっている免疫の働きに関わりの深い細胞で、NK細胞が活性化すると、人間はがんなどにかかりにくくなります。

 

いくつかの実験によって、笑えばNK細胞が活性化するという結果が出たのです。ある実験の結果では、NK細胞の活性度が低かった人は、笑うことで大幅に活性度が高くなったのに対し、もともと活性度が高かった人は、それほど極端には上昇しませんでした。それには、意味があります。NK細胞の活性度は、弱くてはいけませんが、強すぎてもいけません。強すぎると自分自身を攻撃してしまい、膠原病などの自己免疫疾患に罹患してしまうからです。この実験の結果から、笑いは人間の免疫活動を適度に活性化させる効果があることがわかりました。では、なぜ、笑いがNK細胞を活性化させるのでしょうか。笑うと、免疫の活動を指令している間脳にその情報が伝わります。すると、興奮の伝達や抑制に作用する脳内物質、神経ペプチドが活発に生み出されます。神経ペプチドは、血液やリンパ液に乗って全身をまわり、NK細胞にくっついて活性化させます。この結果、免疫力がアップするのです。

 

脳細胞

 

こんなにある、笑いの健康効果

 

笑いには、免疫力アップだけではなく、いろいろな健康効果があります。まず、「血行促進効果」。笑うときの体の様子を思い出してください。わははと声を出して大笑いすると、腹式呼吸で大きく息を吸ったり吐いたりしています。ちょうど、軽い運動をしたあとで深呼吸したような状態です。実際、笑うことは運動効果をもたらすのです。体内の血液の循環が良くなり、代謝も活発化しています。次に、「筋肉を鍛える効果」です。笑うときは呼吸が活発になり心拍数や血圧も上昇しています。笑うことで腹筋や横隔膜などの筋肉を動かすので、筋肉は鍛えられていきます。

 

特に顔の表情筋は、笑わないでいると動きが鈍くなって、どんどん無表情になってしまいます。努めて笑うようにすると表情も豊かになりますから、美容のためにもいいですね。そして、「脳の働きを良くする効果」があるのです。笑いによって脳波もアルファ波が増えて、脳はリラックスし血のめぐりが良くなって、活発に活動できるようになります。脳の記憶をつかさどる海馬は笑うと容量が増えるので、記憶力も良くなります。

 

また、「自律神経のバランス改善効果」もあります。体を活発に活動させる交感神経と、安ませる副交感神経のバランスをとりながら、人間は生活しています。このバランスが崩れると自律神経失調症のような体調の不調を引き起こしてしまいます。普段強く働いているのは交感神経ですが、笑いは副交感神経を活発にしてくれ、自律神経を調整してくれるのです。副交感神経が優位になると、リラックス効果をもたらしストレスを減らす働きがあります。

 

そして、「脳内ホルモンの分泌を高める効果」も挙げられます。幸福感をもたらす脳内ホルモンのエンドルフィンは、笑いによって分泌が促進されます。エンドルフィンには鎮静効果もあり、ストレスを軽減する働きを持っています。ある実験では、笑いには、糖尿病患者の「血糖値の上昇を抑える効果」があると証明されました。糖尿病の患者を集め、食事を摂ったあとで、1日目には難しい講義を受けてもらい、2日目には、お笑い芸人の漫才を見てもらって大笑いしてもらう、という研究がなされたことがあります。講義やお笑いの直後に血糖値を計ると、1日目よりも2日目の方が血糖値の上がり方が少なかったという結果になりました。

 

 

カルテ

 

笑って過ごして、幸せを探そう

 

笑いには、免疫力を向上させる効果、脳の働きを活発にする効果など、さまざまな健康効果があることがわかりました。これは、どんどん笑わないと損かもしれません。しかし、日常生活を送る上では、笑っていられることばかりではありませんね。失業、受験、病気など、嫌なこと苦しいことは、山ほどあります。だからといって、暗い顔をして過ごすことは健康的ではないことは、おわかりでしょう。楽しくなくても、どこか面白いものを見つけて笑ってみましょう。テレビのお笑い番組を見るのもいいですね。友人との会話でも、できるだけ面白い話題を見つけて話しましょう。探してみれば、どこにでも面白いことは転がっているのです。自分の失敗でも、くよくよと悩んだら辛い経験になってしまいますが、他の誰かに「こんな失敗しちゃったよ、あはは」と笑って話せば「面白いネタ」になります。前向きに考え、笑いによって、気持を上向きにし、ストレスを解消しましょう。積極的に笑うことは、ストレス耐性をつける効果もあるのです。

 

ハイタッチ

 

健康な人生のために、毎日をどう過ごす?

 

笑うことで免疫力をアップして、血流も増やし、生き生きと健康的に生きるために、どんな生活を送れば良いのでしょうか。まず、基本的な生活態度としては、規則的な食事でバランスの取れた栄養を摂取することが大切です。もちろん睡眠もちゃんと取りましょう。個人差はありますが、7~8時間程度の睡眠を取るように心がけましょう。次に、適度な運動をしましょう。軽いウォーキングやジョギングで構いませんから、1日に30分程度を目安に運動してください。ただし、疲労が残るほどの激しい運動をいきなり始めるのは、体にとって、ストレスになります。身体面でも精神面でも、過度なストレスを避けましょう。心身ともに疲れすぎないようにすることは大切なのです。精神のストレスを発散する方法を持っておくことは必要です。好きなこと、夢中になれることを持っている人はストレスに強くなります。釣り、マンガ、カラオケなど、何でも良いのです。好きなことに熱中して、思い切り笑いましょう。たとえ面白いことが無くても、作り笑いでもいいですから、笑いましょう。NK細胞は活性化します。しかし生活する中で、もしも本当に笑えない状態に陥ったとき、つまり心身に不調を感じたときは、ためらわず専門医の診断を受けましょう。身体的な不調はもちろんですが、精神的な不調も見逃さないでください。

 

「笑う角には福きたる」は科学的に正しい!

 

「笑い」が人間に及ぼす効果について学んできました。笑うことでNK細胞が活発になって、がんにかかりにくくなり感染症にも強くなるのです。さらに、体も脳も血流が良くなり、精神も安定するなんて、笑いにはいいことづくめですね。まさに、笑いは無料で手に入る万能薬とも言えます。笑えないときも、無理にでも笑ってみましょう。笑って、元気を出しましょう。「人は幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せになる」という言葉もあります。自分のためにも、家族や身近な人たちのためにも、にこにこと過ごしましょう。なぜなら、昔から言われてきた「笑う門には福来たる」ということわざは、科学的に実証されているのですから。

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル

 

 

Pocket

Translate »