fbpx

アルツハイマー病の2つの原因とは?

Pocket

アルツハイマー病の2つの原因とは?

 

アルミニュウムとアミロイド・ベータ この2つが最近の研究でアルツハイマー病の原因として判明した成分です。

 

アミロイド・ベータとは?
タンパク APP(amyloid precursur protein)という、もっと大きなタンパク質から切り離された、部分断片です。
アミロイド・ベータになる条件として 遺伝子によって決まるそうです。

 

アミロイド・βが神経毒性をもち、神経細胞の脱落を引き起こす

 

単体では毒性は低く、凝集して多量体を形成することによって 毒性が発現すると考えられているそうです。

 

単体では毒性が低いタンパク質が塊になる理由がありますそれが「アルミニウム」です。

では何故アルミニュウムは塊を作るのでしょうか?
アルミニウムには、何かを集める働きがあるそうです。
アミロイド・ベータ+それを塊にするアルミニュウム

 

論文ではアルミニュウムはアミロイド・ベータを高分子量の凝集が生じることを確認しています。

 

 

https://www.niph.go.jp/journal/data/42-4/199342040005.pdf

 

アルミニウムが核となって、そのまわりにアミロイド・ベータが沈着するとすれば、必ずしもアルミニウムが多量に存在する必要はないそうで・・簡単に言うとアルミニュウムは少量でも毒ということです。


※アルミニュウム関連の簡単な歴史です
1866年 アルミ電解法が開発されました。
1906年 アルツハイマー病発見
1921年 アルミニウムの神経毒性の報告
1942年 アルミニウム脳内投与で、てんかんが生じることが明らかに。
1965年 アルミニウム脳内投与で、アルツハイマーと似た変性が生じることが明らかに。

 

※アルツハイマーは、アルミニウムが世に出てから見つかっています。
かなり以前から、アルミニウムは痴呆との関係があるということもわかっているのかが事実なのです。
しかも、アルミニウムとアルツハイマー病との関連を否認する論者でも、アルミニウムが神経毒性をもち、脳内に入った場合に 痴呆症状を生じうることは 否定していない矛盾した話もあります。

 


体の中には存在しない非必須金属ミネラル「アルミニュウム」です
人間は体の歴史を見るとアルミニュウムを入れないように防御していることがイギリスのキール大学の、クリス・エクスリー教授によって研究、論文として話題になっています。

 

他にも2017年1月、英キール大学などのグループ論文が、国際学術誌に発表されたが、家族性アルツハイマー病で死亡した12人の脳組織から、高濃度のアルミを検出したと論文にて発表しています。

 

この研究では実際にアルツハイマーで亡くなった人の脳ミソを断片にして
アルミニウムを蛍光で光らせて組織を観察したそうです。

 

更に同じグループが「自閉症とアルミニウムの関係」も発表
「ワクチンのアジュバントである、アルミニウムと自閉症を結びつけるものを、おそらく我々は見つけた。」
自閉症で亡くなった患者さんの脳内アルミニウム濃度もとても高い数値だったそうです。

 

アルミニュウムは生活品としていろいろな箇所で使われている訳ですが注射器で体内に入れているのを知っていますか?

 

アルミニウムが使われているワクチンがあるのです。
DTP(ジフテリア・破傷風・百日咳の三種混合ワクチン)
B型肝炎ワクチン
HPV(子宮頸がんワクチン)
肺炎球菌ワクチン

DTP・「生後3〜12ヶ月の間に3回打ちなさい」←推奨? 強制? 
子宮頸がんワクチンに至っては接種後に計算ができなくなった子供がいて 未だに問題になっているワクチンです。

インフルエンザ・ワクチンには水銀を使っていますがアルミニュウムも別の予防接種で使われているのです 驚きです。

他にも
「多くの胃薬にはアルミニウムが含まれているが (中略) 脳への影響が懸念されており、まだ確実に証明されているわけではないが、長期に服用すると アルツハイマー型認知症を引き起こす可能性もあるといわれている。このアルミニウムは 解熱鎮痛薬にも含有されている。」 
http://healthpress.jp/2015/08/post-1939.html

まとめ
アルミニュウムは本来、体に必要としない 体に存在しないミネラルです。
現在、調理器具(鍋、フライパンに使われるアルミ合金) 缶に使われています(内側はコーティングされていますが薄い膜です 缶の成形時、飲みくちを開封した箇所からアルミ合金は体に入ります)
フライパンから、鍋、飲み物からわずかな量すが微量にアルミは入っていき、アルミニュウムとたんばく質 アミロイド・ベータが塊になることで毒性が強くなります アルミニュウムは少しでも体に入れば毒性の強いタンパク質が出来上がることが研究でわかっています。

このように世界が全て正しく選択、動いていない事が実情です 皆さんの正しい選択、判断していただくことを勧めます。

 

体を正常な動きにするサポートをしてくれる麻の成分CBD 世界の医療研究に良い結果を多く出している成分です。
自分の体で実感していただくことをお勧めします。


CBDヘンプオイル使用方法 動画説明有

 

CBDについて

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

ドリームスペル

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »