fbpx

腸内細菌が私たちの遺伝子情報をコントロールしている?

Pocket

腸内細菌が私たちの遺伝子情報をコントロールしている?

 

腸内細菌が意味もなく居るわけではないことを科学的に証明された模様です。
根底の遺伝子情報をコントロールしているのです。 

無意味な存在ではないわけですが 今の医療が処方する薬、抗生物質により大量虐殺しています。
腸内細菌は免疫、アレルギーに大いに関わっていると予測されますが抗生物質を摂取すれば腸内はある意味、綺麗に保たれます 代償は健康です。 

これからの医療は腸内細菌環境について研究、治療に役立てる必要性が非常に必要になってくることになります。
化学物質の非摂取、腸内細菌環境の構築、代謝強化、抵抗力強化 等が今後の医療の方針になっていくかもしれません


(https://newatlas.com より直訳)
腸内細菌がどのように遺伝子を制御することができるかを明らかにする新しい研究

我々は毎週違う病気や病気に腸内微生物をつなぐ新たな研究を見ているようですが、しばしばこれらのつながりのメカニズムは不明です。 Babraham Instituteの新しい研究では、腸内の優れた細菌が遺伝子活動を制御し、結腸直腸癌の予防に役立つ可能性がある方法を明らかにしました。

私たちの腸内微生物の組成は、私たちの体全体に及ぶ膨大な種類の影響を持つことが判明しています。われわれは、腸内の細菌が特定の遺伝子の活性に影響を及ぼすことがあることを知っていますが、このメカニズムが実際にどのように機能するかは正確には分かりません。

国際的な研究者チームの新しい研究では、これらの不思議な経路の1つを明らかにし、腸内の細菌によって産生された化学的メッセージが、最終的に特定の遺伝子の活性化または消失のプロセスを開始する方法を示しています。

 

私たちの腸内の特定の細菌が果物や野菜に遭遇し消化すると、短鎖脂肪酸と呼ばれる化学物質が生成されます。これらの短鎖脂肪酸がバクテリアから腸内の細胞に移動すると、HDAC2と呼ばれるタンパク質の産生が妨げられ、クロトニル化と呼ばれるエピジェネティックな化学マーカーの数が増加します。

この新しい研究では、腸内細菌の多くを除去するために抗生物質で処置したマウスは、正常よりもHDAC2タンパク質の細胞負荷が高いことが示された。以前の研究は、結腸内のHDAC2の発現の増加が結腸直腸癌に関連し得ることを示した。この段階での仮説は、腸内細菌の活性がHDAC2の発現およびクロトニル化の量を直接調節していることであり、これは次に特定の遺伝子の活性に影響を及ぼす。

「短鎖脂肪酸は腸内の細胞にとって重要なエネルギー源ですが、ゲノムのクロトニル化にも影響していることがわかりました」と研究の第1著者、レイチェル・フェローは説明します。 「クロトニル化は多くの細胞に見られますが、腸管では特によく見られます」

この研究は、将来のがん剤開発の新たな目標を提供し、腸内の細菌が遺伝子の活性を直接変えることができる方法をより深く理解する。

この研究はNature Communications誌に掲載されました。

参照:Babraham Institute

 


CBDクリスタル、結晶とは? 使い方は?

そう言えばガン(癌)って酸素がない所にしか生息、生きて行くことしか出来ないそうで・・


 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »