fbpx

健康被害が想像以上です寄生虫による被害とは?

Pocket

健康被害が想像以上です寄生虫による被害とは?

 

現代日本人は一般的に清潔好きだと思っています。

寄生虫なんかとは無縁で、世界一清潔好きな国なと思っています。

少し前まで虫下しとして薬を飲んだり寄生虫確認を学校で実施していた時代がありました。

今では食材をクリーンにしています 寄生虫検査も学校では行わなくなりました。

寄生虫が私たちの体内にいるとは思いもしません。

 

しかし、考えてください 私たち日本人は魚のお刺身を初めとして生ものが大好きですし 肉も生で食べることがあります。

魚、動物の肉の非加熱には寄生虫に用心しなければいけません。

知らない方が多いのですが実は、寄生虫が寄生するのは消化器官だけではありません。

 

なんと、脳や心臓にも寄生します非常に危険です。

他にも、眼球や肝臓、腎臓、関節などに寄生した場合も私たちに大きなダメージを与えます。

 

何故、現代医学では寄生虫が原因だとする考えが無いのでしょうか?

病気関連での寄生虫を研究してもお金にならないため研究する方が少ないからです 多分、専門で研究をされている方は更に少ないはずです

しかも、寄生虫の種類が多い!!
線形動物といいます 50万種類居るとされています脊柱動物に寄生するものは3万6千種居るとされています。

特に回虫による寄生による症状が大きいそうです
・睡眠中の歯ぎしり ・いびき ・アレルギー ・喘息 ・ガス ・消化器系の症状 ・貧血 ・落ち着きがない ・満月時の体重増加 ・偏頭痛等の症状があるそうです。

他にも、薬で治療出来ない現代医学治療が無理な 川崎病、アレルギー症状、アトピー症状 奇病と診断されるその他の症状の場合、寄生虫が関与している可能性があります。

私はアトピーを持っていまして花粉症の季節になりアトピー症状が酷くなるとアトピー皮膚炎から吸収された花粉が原因で花粉症が強く出る年、弱い年がありました。

病院に行っても根本的な治療は難しくアトピーの症状を抑えてくれる薬はありました 花粉症はスギ花粉の入った薬を長期摂取することで花粉に対する抵抗力を作るものはあるそうですがそれを使うと全員が抵抗力を持つことが出来るわけではなく、半年以上飲み続けなければならないそうです(記憶違いもあります 私は今現在、アトピー症状は出ておらず 花粉症も出ても一日に数回くしゃみが出る程度で落ち着いています)

昔とは違う人間の抵抗力
昔の人達は抵抗力が普通でしたし何を食べていれば寄生虫の被害を免れるかは知っていました。
最近の人達は化学合成を積極的に体に取り入れますし皮膚からも塗っています これが寄生虫を体の細胞にまで住むことが可能になった原因です。

 

特にプロピルアルコール(シャンプー 液体洗剤 液体洗剤 香水 化粧 他)利用することで 体の肝臓機能が弱くなり寄生虫を殺せなくしてしまいます。
他にも金属汚染(アルミ合金 水銀) フッ素汚染(日本では歯磨き粉 海外では水道水に添加されています) フライパンのテフロン加工は強火で成分が溶けだします。
多くの長期にわたる摂取から体の免疫機能を落す原因を作っています 普通なら食品に卵経由で腸に傷がついた箇所から血液、リンパ液から経由して幼虫、成虫になり一日に1万個も卵を産む環境は作れません 出来る限り化学合成成分の摂取を控えるように努力することを勧めます。

 

現代人の多くの人が悩む偏頭痛の原因は、脳内の寄生虫です。

10cm以上もある回虫、マンソン弧虫、糞線虫が脳内にいるのです。

寄生虫は他の生物の体内に侵入して養分を盗み、或いは体表に付着して食糧を獲得し保護を受けます。

このような寄生生活を営む生物は非常に多く、寄生生活をしていない生物よりも数は多いのです。

寄生虫の危険性をまとめると次のようになります。

 

1. 内臓が穴だらけになります。
消化器、循環器、肺、肝臓に無数の穴をあけ、甚大な損傷を与えます。
消化液がリンパ系に漏れるとアレルギーの原因となります。

2. 寄生虫は塊となって、血管の血流を阻害したり、心臓の働きを妨げます。
脳、肺その他の器官においても多くの障害を起こします。

3. 人間が苦労して得た栄養分のうち、最も貴重なビタミン、ミネラルや必須アミノ酸を盗みます。
その結果、貧血や食後の眠気が生じます。

4. 宿主に排泄物の処理をさせ、肝臓や腎臓に大きな負担をかけます。
この排泄物にはしばしば宿主が対応できない毒素を含み、診断が困難となり、しばしば誤診をさせることになります。

5. 外界からウィルス、細菌などの病原体をトロイの木馬の如く、宿主の体内に持ち込みます。

6. 非常に悪いバイブレーションをオーラに与え、宿主の言動が低級に下品になる。

7. ガン、糖尿病、アレルギー症、偏頭痛などの原因となり、エイズの各症状を悪化させます。

8. 寄生虫は肥満の原因となる
寄生虫に感染すると疲労感、空腹感、むくみ等を発症することがありますが、特に目の下にむくみが発生した場合は、駆虫が必要です。

 

アレルギー、ガス、思考不能、その他の中毒症状も現われます。

寄生虫が人間の身体の一部であるかのような錯覚を起こさせる能力を持つ寄生虫もいて、人間が全く無抵抗になってしまいます

感染した人間が何の自覚症状も持たないまま寄生虫の奴隷となってしまい、寄生虫を養い、寄生虫の排泄物の始末をさせられるという二重の負担を負うことになるのです。

さらに寄生虫に感染している人は、養分の不足、アレルギーその他で体が弱っており、真菌やレトロウィルス等にも感染しやすくなっています。

このような場合は、寄生虫を薬品で駆除しようとしても、この薬品が弱過ぎる場合は寄生虫には全く効かず、強過ぎると今度は人間が先にやられてしまいます。

このレンジは非常に狭く、また、個人の体質や健康状態によっても異なってきます。
寄生虫の幼虫や卵は、汚染された外界からウィルスを人体にもたらす恐れも大きいのです。

http://www.holistic88.com/

参照元


 

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »