fbpx

乾燥した手の皮膚を自宅でケアする方法とは?

Pocket

乾燥した手の皮膚を自宅でケアする方法とは?

 

 

手は、毎日多くの刺激を受けています。
お湯、食器洗い、洗濯、掃除、キーボード入力、入浴など、私達は手に頼っています。
色々と手を使う機会が頻繁にあります 常に酷使されている状態です。
しかも冬は空気が冷たく乾燥までしたいます 手の皮膚は乾燥しがちです。

手は何故、乾燥するのでしょうか?
皮膚は3層の構造になっています。
表面の表皮、下の真皮は皮下組織層保護の役割です。

 

有害物や細菌が体に侵入しないように表皮は保護役です。
表皮は日光や刺激の強い化学物質から守ろうと必死です。
表皮自体は丈夫なのですが、しっかりとケアする必要があります。

 


乾燥、ひび割れる原因

表皮は常に水分を保持するバリア役ありますが、様々な理由でバリアが壊されてしまいます。
原因として、乾燥によって手に必要な水分が奪われ、皮膚にもともとある油分の量が減ってしまうのです。
湿気が比較的少ない気候の場所は 表皮が荒れてしまうのです それは、内側の層の水分を保持するために表皮の水分が失われるからです。

石鹸は細菌、有害物質を洗って除去します。
しかし、皮膚に残っている水分まで除去するのです。 
特に保湿成分が含まれてない石鹸を使うと、皮膚にある水分が失われます。

 

水も手を非常に乾燥させます。
手洗が多ければ多い程、手の乾燥度と比例するのです。
洗えば洗うほど、皮膚は水分を保持が難しくなります 保湿が困難な状態になるのです。

化学物質は手の皮膚の表皮に最悪の影響を与えます。
1回表皮に触れるだけでも、保護バリアが壊れるのです。
繰り返し利用すると 手の皮膚も壊され、保湿レベルは悪化します。

常に肌の油分と水分が不足の原因とは?
水、石鹸、化学物質を常に利用することが原因となります。
更に、乾燥した空気が追い打ちをかけます 手に悪い環境を完全に避けれません
ケアをすることで手の状態を改善、状態維持させることが大切です。

ケアをする方法として
ひび割れた肌の状態の悪化防止に保湿成分は役立ちます。
ヒマラヤ産ピンクソルト、アロエベラ、シアバター、ビタミンE、ローション等 保湿成分入り石鹸を必ず選んでください。
保湿成分は洗浄目的とは別に、保湿の効果もあります。
保湿効果としてオートミール、アーモンドオイル、ヤギのミルクなどが入っている石鹸もお勧めします。

 

角質除去すること
手のケアがしやすくなる目的で皮膚の角質除去をおこないます。
クリームやローションが皮膚に浸透しやすくするために 死んだ細胞を取り除きます。

保湿、保護、バリアの役割を果たす。皮膚に優しいスクラブの作成方法

材料:

 

 

重曹 カップ1/4(60ml)
柔らかくしたココナツオイル カップ1/4(60ml)
挽いたコーヒー豆 大さじ3
グレープシードオイル 大さじ1
ブラウンシュガー カップ1/4(60ml)
オリーブオイル カップ1/4(60ml)
海塩(粗いもの)  カップ1/4(60ml)
ホホバオイル  1/4カップ1/4(60ml)
作り方:

 

1.それぞれペアになっている材料を十分良く混ぜ合わせてください。1日1回適量を手に取って角質を除去してください。保存は密封容器に入れて行ってください。

 

手に潤いを与えましょう
角質を除去した後に、そして毎日の体のお手入れとして、保湿を忘れずに行ってください。アルコールが含まれているモイスチャライザーは効き目がないのでご注意ください。モイスチャライザーを選ぶ際には、保湿剤、閉塞剤、軟化剤が入っているものを購入したり手作りしたりするのがベストです。

 

保湿剤は皮膚の内部の潤いをキープするのに欠かせないもので、空気中の水分を吸収する働きがあります。はちみつやアロエベラが保湿剤の例として挙げられます。閉塞剤は皮膚の表面に防水膜を作るのに役立つものです。ペトロリアム・ジェリー(ワセリン)やラノリンなどが効果の高い閉塞剤の一例です。

 

軟化剤は皮膚に塗れば、表面のひびや乾燥で荒れた皮膚の隙間を埋められます。皮膚が柔らかくなり、手の見た目が良くなります。シアバター、ココアバター、アボカドなどが、手をなめらかにする成分としてハンドケア製品の原材料によく使われます。保湿剤、閉塞剤、軟化剤の3種類の重要材料がすべて含まれているナチュラルレシピを、以下でご紹介します。

 

材料:

 

生 はちみつ 大さじ1
オーガニックの溶かした蜜蝋 大さじ8
スイートアーモンドオイル カップ1(250ml)
ローズウォーター カップ1/2(125ml)
作り方:

 

上記の材料をすべてよく混ぜ合わせてください。日中にローションとして、または夜のスキンケアに使用してください。保存は密閉容器に入れて行ってください。
個人の皮膚の状態に合わせて、各材料の量を調節してください。手のひび割れが酷い場合は、アーモンドオイルの量を増やすと効果的です。手がすぐに乾燥してしまわないよう、頻繁に塗ることをおすすめします。また、手を洗った後は毎回塗り直してください。

 

https://jp.iherb.com/

 

引用先・iHerb

 

 

 

夜に行うべきケア
1日の最後に夜、寝る前に手のケアを行いましょう 
夜、就寝中に細胞が再生されます 日中、手を酷使したダメージを修復する時間です。
睡眠の間、身体の回復、細胞の補充をします。

寝る前に顔の手入れをする方は多いと思いますが手にも手入れは必要です。
モイスチャライザーを塗ることで水分補給、ダメージの修復と潤いの保持につながります。
一例ですが モイスチャライザーをすり込みましょう 手の皮膚を落ち着かせて、ダメージを修復する目的で 木綿製手袋を就寝時にご利用いただくことをお勧めします 良い結果を期待できます。
手の肌が痛みやすい方、気になる方にお薦めです 朝起きた時に健康的で柔らかくなったハリのある手にするために少しの時間を手の肌のケアに使ってあげましょう

水分補給は大切です
多く水分を取ることも必要です。
体には多くの水分が必要です 体を維持するために重要です 脱水状態になると まず、水分保持のために皮膚が乾燥します。
ビタミン入りの水を飲むことで水分補給を効率的に行えますミネラル補給も一緒に出来ますので岩塩を少し入れてみてはいかがでしょうか?
皮膚、体に必要な水分補給と栄養・ミネラル補給の両方ができます。

加湿器の利用
飲むだけでなく、空気中に水分を補ってみてください 加湿器を使うことで水分は気化します 気化した水は皮膚にまとわり付きます 皮膚の乾燥を防ぎ不足していた水分を補えます。

健康的な食生活をしましょう
水分の補給だけでなく、健康に良い食事も大事です。
肌に必要とされるビタミンA、亜鉛、オメガ3脂肪酸、ビタミンE等の摂取量が必要量レベルになるよう心掛けましょう
乾燥時のひび割れた手の保護や 手の状態を改善したりするのに必要な栄養素です。

エッセンシャルオイルの利用
手の荒れを落ち着かせたり修復したりするのにエッセンシャルオイルは効果的です オイルのは多種有りますので気に入ったオイルを使っていただければ長期に渡って利用出来ます。



皮膚の状態を非常に良くするオススメのエッセンシャルオイル
ラベンダー、ローズウッド、ゼラニウム、ローマンカモミール、サンダルウッド、ネロリ、フランキンセンス 等の植物から抽出されたオイルを勧めます。
個人で加湿器、ディフューザー、クリーム、ローション、飲料水に加えると、オイルの効果を多く発揮させます。

今回、紹介した内容は化学合成品を使わない安全な方法を紹介しました。
ナチュラルケア以外にも多くございますので自分にあったご利用をしていただければと思います。

オイルを湯煎して60度以上にしてオイルにCBD結晶を溶かして使うことで香りとケアに優れた肌用オイルを制作することが出来ます ご利用、お待ちしています。

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »