fbpx

ハーブの抽出方法とは?

Pocket

ハーブの抽出方法とは?

 

 

 

 

・ハーブには水溶性有効成分が多数含まれています。

 

 

・水溶性有効成分
(ビタミンB3・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・パントテン酸・ビオチン・サポニン・タンニン・葉酸・ビタミンB1・ビタミンB2・など)
抽出には多く抽出しやすく物によっては成分の破壊しやすい短時間抽出の熱湯
成分破壊は少ないのですが抽出しにくく、長時間抽出の常温水があります。

 

・油溶性有効成分
(カロチン・ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・精油など)
抽出するには植物油にて抽出します。

 

・アルコール抽出
ホワイトリカー・40度以上のウォッカ・無水エタノール・ラム酒など濃度の高いアルコールを使う抽出方法です。
チンキは水溶性、油性両方の成分抽出が可能です。
アルコールは保存剤として長期保存が可能です。 
ハーブの効果は穏やかで1ヶ月~2ヶ月くらい続けて服用するころで薬効など書かれている効果がでますので気長にお続けくださいね。でも妊娠中や特定の病気には向かないハーブもあるので調べてから使用しましょう。

 

・チンキ
アルコール漬にハーブを漬けることでエキスを取り出します。
水溶性成分、油性成分両方のエキスを取り出せます 体の吸収も良いため、症状に早く作用します。
常温で長期保存が可能です アルコールに溶け出した成分は光に弱いものもありますので温度変化の少ない暗い場所に保管することを勧めます。

 

・チンキの作り方
消毒された密閉ビンを使います ドライハーブ10g(生の場合は25g)をすり鉢などですりつぶします(ハサミで切る程度でも構いません) 
アルコール(35度以上のホワイトリカーや40度以上ウオッカを利用します)40ml~100mlを入れ密閉して冷暗所に置き1日3回瓶を振りハーブを良くなじませます。
ハーブによって違います エキナセアやカモミールなどは2週間程度ですがセントジョンズワートは6週間です。 
過ぎたら清潔な容器にガーゼ濾してりようします。

 

・利用方法
目安として茶さじ1杯くらいをコップ一杯の白湯等で1日3回利用します。
体質、成分によっては飲みにくいものもございます ハチミツや果汁に混ぜるなど、チンキの量を半減する等の飲みやすい方法を自分なりに探してりようしてください
アルコールは保存料としての扱いでもあります アルコールに溶け出すことで光に弱い成分もあります。
遮光瓶、暗所に保管の上利用ください1年から2年利用を目安にお使いいただけます。

 

 


 

 

・アルコールを含まないチンキ
アルコール抽出が使えない 胃炎・肝炎・妊娠中・子供などの場合は代用として リンゴ酢や黒酢などで作る方法もあります。
アルコールと違い相性もあると思います。
アルコールチンキの利用する場合は5ml程度のチンキに熱湯を注ぎアルコール分を蒸発させる方法やチンキ入りの水を鍋で沸騰させ3分以上沸騰させた後、ご利用いただく方法もあります。

 

 

 

 

 

・インフューズドオイル(浸出油)
デリケートな花びら部分や生のフレッシュハーブに向いてます。
おすすめとしてマリーゴールドやセントジョンズワートなど試してみてはいかがでしょうか
オイルの選択は用途に応じて色々なオイルを試してください

 

・作り方
ガラス瓶に入れたドライハーブ250g(生のハーブ500g)に植物油をハーブが完全にかぶるまで入れます(例 オリーブオイル・サフラワーオイルなど500ml)瓶の大きさでオイル量は違いますがおおよそ500mlです ハーブ、オイルが満たされる大きさを使ってください

 

・抽出方法(日光)
2週間を目安に直射日光のあたる場所に置くことで成分を抽出します。
1日1~2回瓶を振って混ぜます 2週間経過したらフィルターで漉して瓶に入れます。
1~2週間後、新しいハーブを入れると更に効果が上がります。
*冷暗所に保管することが基本です1年くらい保存できますので日付は記載しておきましょう。
酸化防止剤として小麦胚芽油を10%足すと酸化防止され安心して使えます。

 

 

・抽出方法(加熱方法)
おすすめハーブ ジンジャー・ローズマリー・カモミール・バジル・タイム
オイルの種類は用途に応じて変えてください。

 

・作り方
ガラス瓶に入れたドライハーブ250g(生のハーブ500g)に植物油をハーブが完全にかぶるまで入れます(例 オリーブオイル・サフラワーオイルなど500ml)瓶の大きさでオイル量は違いますがおおよそ500mlです ハーブ、オイルが満たされる大きさを使ってください
入れたボウルを湯煎にかけて有効成分をとりだす為に30分~1時間ほど中火にかけます。
フィルターなどでこしてから清潔なガラス瓶につめて保存します。

 

*冷暗所に保管することが基本です1年くらい保存できますので日付は記載しておきましょう。

 

 

抽出の基本を紹介しました。
オイル抽出は肌用クリーム、肌用ケアオイル用、髪のトリートメントなどに 
チンキは体の調整するための白湯や食事の隠し味など多くの利用方法があります 自分にあったライフワークに使ってください

 

スキンケアオイルにCBDを入れて65度以上の加熱で融解します オリジナルCBDオイル・スキンケアの出来上がりです。
肌の美容に自作のハーブチンキ、ハーブオイルにCBDを追加してはいかがでしょうか?


ハーブの効果、症状に合わせたハーブの利用一覧

CBDとリモネンの相乗効果とは? 精神疾患、心配不全 

 

 

 


 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »