fbpx

統合失調症のための効果的なCBD利用方法とは?

Pocket

 統合失調症のための効果的なCBD利用方法とは?

 

 

緑内障に悩む女性

 

 

CBDの他に麻の有効成分60種類確認されている中の1つで麻の成分の中でも多く含まれる部類に当たる成分です。
日本では戦後、免許が必要な植物になり、研究も繊維以外の目的で育てることも非常に困難な植物になりました。
現在、麻の後進国日本が今の現状です。

 

麻の成分CBDを世界で研究され、効果を確認されています まだ完全に効果が分かっていない状況ではありますがある程度の効果が確認されていますので紹介します。

 

 

◇炎症、痛みの緩和

 

CBDの一般的な効能で、鎮痛効果が大きく、リストの中でも代表的な効果になります。
研究において、疼痛伝達経路におけるニューロンの信号伝達をCBDは抑制します 痛みを和らげる事に有益であることが、証拠で証明されました。

 

 

◇ 抗精神病効果

 

今回、タイトルで紹介している効果です。
研究において確認されている効果です CBDには抗精神病効果があることを確認しています。
更にCBDは実験の臨床試験にて精神病を防ぎ、統合失調症患者において副作用のない安全であり、有効であることを研究で確認しています。
※CBDは単体でも期待できる成分ですがリモネンの相性が良く特に精神疾患において良い効果があることが報告されています。

 

◇不安を軽減

 

研究報告では、パニック障害、強迫神経症、社会不安障害、PTSDなどに関して有効な効果の可能性があると示唆しています。
CBDは社会不安障害を持つ患者の不安を軽減することが確認されています。

 

 

・精神的不安定状態を抑える効果があることが研究で確認できています
他の研究で柑橘系の皮から採取できるリモネンの相性が良く、特に統合失調症に対してCBD単体使用以上に良い効果が海外で確認されています。

 

下記紹介のリモネンはカプセルに入っています。
食用ですのでカプセル1錠を1瓶に利用すれば十分です 液体タイプのCBDオイルならソフトカプセルの端をカットして、1錠分入れて混ぜることでリモネン成分が含有されているCBDオイルになります。
精神的に不安定な状態を落ち着かせるのに是非、お試しください

 

 

 

 

Jarrow Formulas, d‐リモネン, 1000 mg, 60ソフトゼリー 

画像 リンク先・iHerb


CBDとリモネンの相乗効果とは? 精神疾患、心配不全 

 

結晶のCBD、THCを吸引する方法、過程を紹介

 


・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »