fbpx

東北大学、気管支ぜんそく 原因解明に付き新たな治療方法を開発できる可能性

Pocket

東北大学、気管支ぜんそく 原因解明に付き新たな治療方法を開発できる可能性

 

 

 

 

 

東北大学の研究グループは「2型自然リンパ球」というリンパ球の活性化であることが明らかになったと発表しました。
それに伴い、気管支ぜんそくを含むアレルギー疾患の新たな治療法開発につながる可能性が出来たそうです。

 

免疫細胞「T細胞」これはアレルギー反応の制御や他の免疫細胞の活性化に関係する免疫細胞です。
免疫細胞「T細胞」を研究グループは細胞表面に現れるタンパク質「GITR」、これが2型自然リンパ球にも存在することを発見したのです。
タンパク質、GITRが2型自然リンパ球を活性することを発見、確認しました。

 

気管支ぜんそくが起きるときに2型自然リンパ球は、最初に活性化する免疫細胞です。
2型自然リンパ球が活性化しなければアレルギー反応は起こらないそうです。

 

GITRを持たないマウスに薬剤で気管支ぜんそくを誘発する実験しました。
GITRを阻害する物質をマウスに投与しました、マウスはぜんそくの症状は起きなかったのです。

 

この実験結果から、気管支ぜんそくを引き起こしているのは、GITRで活性化した自然リンパ球が気管支ぜんそくを引き起こしていることが判明しました。

 

アレルギー治療薬(気管支ぜんそくを含むアレルギー疾患の治療薬)の開発につながる可能性があるという。

※アレルギーは現代病の一つです。
多くのストレスや石油化学化合物等、自然界に存在していない成分が体の中に入ることで免疫力を下げ、症状が出でいるのだと思います。
これらの化学化合物を排除して生活することは非常に難しいのが現状ですが、出来る限り口から皮膚から吸収させないようにしていきましょう
そのためにも正しい情報が必要となります 納得の行かない部分は実践して確認を取りながら納得いただければと思います。

 

麻成分CBDは現在社会で生活している人達の循環を悪くしている体を循環良くしてくれます。
典型的な例は癌細胞です循環の悪くなった体にできる細胞です 循環の良い体にも癌細胞は作られますが代謝の良い体は癌細胞を排除できるのです。
この過程が出来ない循環の悪い体です CBDはその体にサポートしてくれます。
もちろん、今までの生活は改めないといけませんが良いサポートをしてくれます。

 

 

 


オススメ、読んで欲しいCBD情報、その他

 

人は細菌の集合体? 潔癖症の方は考え方が変わってしまう事実

効果があるCBDオイルを選び方とは?

 


 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

抵抗力を下げてしまう化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になるのでは?

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

ドリームスペル

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »