fbpx

ガン細胞は、宿主である患者を殺すまで増殖する?

Pocket

ガン細胞は、宿主である患者を殺すまで増殖する?

 

 

 

 

 

 

ガン無限増殖説を唱えたウイルヒョウは  ガン細胞は永遠に増殖する細胞だと当時発表された説です。
人体には毎日、約5000個ものガン細胞が常に作り出され、除去されていることが研究で判明されました。
癌細胞とは、体の細胞は繰り返し分裂・増殖を続けますがその時に奇形細胞(細胞遺伝子に異常がある細胞)です。

 

 

人は、健康な状態でも数千個のガン細胞が毎日、生まれて来ます。
除去する細胞を見つけたのです 体内をナチュラル・キラー細胞がパトロールして、ガン細胞を攻撃、殺しているからです。
1975年 NK細胞が発見されました。
しかし、現実はウイルヒョウ理論を未だに聞きます。
医学教科書はガン細胞無限増殖説を取り上げているみたいです。
財閥のロックフェラーが石油を使って石油化学合成薬を売出したことが原因なのですが・・こちらの話は別の投稿でお伝えしています「癌は治療可能? それを隠し続けたロックフェラー医学研究所とは?
1975年 NK細胞が発見されているのにもかかわらず未だに抗がん剤ですから

 

 

抗がん剤  決まった期間、癌細胞が半分になれば効果がある扱いの強い酸性の薬で健康な細胞、癌細胞一緒に殺します。
使い続けると体の免疫も無くなるくらいやせ細って行き、最後は肺炎や他の病気になって亡くなります。
死亡は癌ではない扱いなのです でも効果はあったといいます 今の現状です。
ガンで亡くなる方は少ないのです放置しても治る方は多いのです。 
ただ、ガンになった方は痛みが我慢出来ないみたいで病院に行く方が多いのも現状です。
がんの痛みに関する投稿「癌の痛みの原因とは?痛みの除去は可能なのか?」下にリンクを貼っていますので御覧ください

 

 

■〝ガン死〟80%は、ガン治療の犠牲者だ!

三大療法は、無力なだけではない。じつは、ガン患者の多くは、この三大療法で〝殺されている〟のだ。〝ガン死〟の80%は、抗ガン剤など〝治療〟の副作用死――といえば、あなたは絶句するだろう。

それを、証明するのが岡山大学医学部付属病院での出来事だ。

インターンA医師は、担当する数多くのガン患者が、〝治療〟の甲斐なく次々に死亡していくことに疑問を感じていた。あれほど患者さんのために、できるかぎりの治療を施しているのに、どうして次々に亡くなるのか?そこで、その死因を徹底的に調べることにした。

同大付属病院で一年間に死亡したガン患者のカルテを精査して、死因を解明した。すると……、驚愕事実が判明した。〝ガン死〟として処理された患者の直接死因は、ガンではなかった……。その多くが感染症死だった。肺炎、インフルエンザ、カンジダ菌などカビ感染症、寄生虫……などで、多くの患者は死亡していた。

ガンと闘う免疫細胞(白血球)殲せん滅めつの狂気その理由も判明した。患者に投与された抗ガン剤には、強烈な細胞毒性がある。抗ガン剤は、正常細胞もガン細胞も、見境なく攻撃する。その攻撃は、骨髄造血機能も破壊する。はやくいえば、血球細胞がことごとく攻撃される。すると、赤血球、血小板、白血球が激減する。

白血球(リンパ球)は、別名、「免疫細胞」と呼ばれる。免疫細胞は、体内にできた異物(ガン細胞)などを攻撃、排除する働きがある。そのうち、NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)は、ガン細胞を発見するや、体当たりで攻撃し、内部に3種類の毒性たんぱくを注入して、瞬殺する。

(写真F)は、そのNK細胞が、ガン細胞を攻撃、殲滅する様子を写したものだ。二つのガン細胞に、3分の1くらいの大きさのNK細胞がアタックしている(上)。そして、2つのガン細胞は死骸となった(下)。

これらは、酵素で分解させ、体外に排泄される。このように白血球は、ガンと闘う重大な使命をおびている。とくに、NK細胞は、ガンと白兵戦で闘う頼もしい兵士たちだ。それら免疫細胞を、抗ガン剤の猛毒は、まっさきに攻撃するのだ。大喜びするのは、ガンだ。大笑いで、もっとやれ! やれ! と手を叩いて囃しているだろう。

さらに、抗ガン剤は、赤血球を激減させ、患者を貧血にする。さらに血小板激減で体内出血がおこり、患者は衰弱する。これもガンと闘う免疫力を殺そぎ、ガンを喜ばせ、増殖させる。なんのことはない。

ガンと闘うはずの抗ガン剤投与が、逆に、ガンと闘う生命力を破壊し、ガンを増大させている。つまり抗ガン剤の正体は……〝増ガン剤〟だった。同じことは、放射線にもいえる。放射線は遺伝子を破壊し、猛烈な発ガン性がある。

さらに、免疫細胞を攻撃、殲滅して、ガンと戦う免疫力を弱める。手術も同じ。やはり患者の体力を奪い、免疫力を弱らせる。

毎年三〇万人抗ガン剤などで〝殺される〟・・・

 

 

 

 

 

 

我々の体には常に最強の医師が体の中に住んでいるのです。
体のホルモンが体の異常を知らせて補修されています 癌細胞が増殖する原因は色々あると思いますが、ホルモンバランスを崩す食べ物、化学合成添加剤等を多量に使ったコンビニ弁当、大手チェーンのハンバーガー等
体の異常を感知して治療するキラー細胞が体の伝達物質であるホルモンバランスが悪くなり徐々に、体調に問題が起きている場合もあるはずです。

 

 

CBDオイルはホルモンのバランスを修復してくれる効果があることを海外の研究機関が発見しました。
ホルモンバランスを健康な状態に戻し、代謝を正常な体に戻すことをお勧めします。
ジャンクフードは控えて利用頂けることをお勧めします。

 

 

 

 


 

癌の痛みの原因とは?痛みの除去は可能なのか?

 

店長の白石です。CBDの利用方法、併用する健康法方法、教えます。

 

癌は治療可能? 隠し続けたロックフェラー研究所とは?

 

 


                                                           

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »