fbpx

環境問題解決?プラスチックを食べる酵素とは?

Pocket

環境問題解決?プラスチックを食べる酵素とは?

 

 

 

 

今回、発見された酵素は、ペットボトルなどに使われるプラスチックの一種、ポリエチレンテレフタレート(PET)限定ですが分解する酵素を作製したと発表。

偶然に見つかった酵素
NREL・米国エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所、英国ポーツマス大学の研究チーム合同でみつけた酵母です。
研究チームは、PETを分解する性質を持つペターゼ(PETase)について研究していた際に偶然作製されたと説明している。

※ペターゼ(PETase)は、日本のごみ集積場中の細菌Ideonella sakaiensis(英語版)から2016年に発見された酵素である。PETaseはPETプラスチックを単量体テレフタル酸モノ-2-ヒドロキシエチル(MHET)分子へと分解する。 wikipedia参照

 

 

 

PETase酵素を研究チームは改良を目的として、酵素の構造を探っていたそうです。
その過程で、PETの分解能力に優れた酵素を一足飛びに作製してしまったという。

 

 

天然であるPETase酵素を日本の研究チームが発見したのですが、PETを分解するスピードが遅いためにリサイクルに利用できるレベルではないという欠点があった。
今回作製された酵素はこの分解能力が20%向上、実用化に向けた一歩前進となっている。

 

 

 

 

 

 

今回、研究チームは酵素に対して大幅な改良をしていないといいます。
コメントで今後、酵素をさらに改良出来る可能性が多くあると思います。
PET分解に使う時間を更に短くするための研究を続けているそうです。

 

 

 

現状では、プラスチックは自然環境下でほとんど分解されないません。
問題になっているプラスチックの海洋汚染この問題を解決する手助けになるのでは?
日本では、容器包装リサイクル法あることで、廃プラスチックの再利用をしています。
しかし、リサイクルが進んでいない国も見かけます。
かなりの量が海に流出しているそうです プラスチックが海洋汚染の一因になっているのが現状です。
海洋汚染プラチックの量は推定で2050年までに魚の量を上回るとする専門家の推測もあります。
現在でもペットボトルを石油に戻す技術はありますが使うエネルギーが大きいことで採算が合わない方法のためこの方法でリサイクルされていいません 今回の酵素はリサイクル費用を低コストに出来る期待が持てるリサイクル方法です。

 

 

※私の感想ですがプラスチック製品、捨てられたゴミは分解できない「毒」です。
解毒剤は後から大変になるまで作られない?作らない?
原子力発電に使われるウランも使ったら再生や放射能を中和出来る方法がまだ正式に発表されていません
猛毒になればなるほど解毒剤は後から作られるのでしょうか?

 

 

放射能を浴びた方は重曹で風呂に入り重曹水で体内の放射能をデトックスしてはいかがでしょうか?  放射能は身近に浴びれます 病院の「レントゲン」「CT」等がそうです 健康なのか確認するために被爆をします??? これが国を挙げて検査ですから1年に1度は軽度の被爆ですその中でも「マンモグラフィ」「バリウムを使うレントゲン検査」2大被爆です。
バリウムを飲んで胃を検査しても無意味なのは有名な話です。
検査の後に乳がんを発見されたり胃癌を発見される可能性が高くなるくらい放射能を照射します。
会社で行う健康診断は断れない方、検査後は洋服、体、体内全てを重曹を使ってクリーニングしてください 同時にCBDオイルを体のバランスを取るために一緒にご利用していただければ嬉しいです。

 

 


 

ジンバブエの民間治療 傷口に砂糖を塗ると治りが早い?

 

店長の白石です。CBDの利用方法、併用する健康法方法、教えます。

 

効果のないインフルエンザ予防接種は危険?

 

 

 

 


                                                         

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »