fbpx

悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きする?

Pocket

悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きする?

 

 

 

悪玉ではない?善玉? 「悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きだった」 BMJの医学論文
今まで病気の原因として、コレステロール薬スタチン(世界で最も処方)は不健康にするためにコレステロール値を下げていることが判明しました。
昔はコレステロール→多すぎる→検査で数値が高ければ不健康の扱いになっていました。
一昔前はコレステロールにも種類があることがわかりました 悪玉と善玉コレステロールと言われています。
今回更にわかったことは悪玉コレステロール値が高い人は長生きをしていると言う事実でした。
この発見で今までの考えが否定されてしまったわけです。

 

 

そして、コレステロールを下げる薬、これは今まで多くの方達が利用されてきました。
私の父も健康を気にして利用を始めて半年くらいでしょうか?(一緒に暮らしていないため利用期間はおおまかです)血管に付いていたコレステロールの塊が薬の影響で剥がれてしまい、コレステロールの塊が血栓として、脳に詰まりました 脳梗塞になったのです。(医師の説明)
いきなり倒れて、3か月で亡くなりました ある意味「薬害」です。
今の薬は効果がすぐに出ますがその反面、副作用、弊害が大きいです。
父の起きたコレステロールを減らす薬を使うと血管の塊が取れる状況が起きる事は報告されていたと思います。
ある意味、危険な薬です しかし、そのような問題が起きても薬の効果で直接的に死亡したわけではないため、問題にされていないのです。
※私の父が使ったコレステロール値を下げる薬は今回の論文で血栓に関係ない事がわかりました 推測ですがコレステロールを下げる薬で別の血栓を作った可能性が高いと思います。

 

 

この薬で多くの命が助かったのでしょうか? 非常に疑問が残ります。
この薬を使うことで父のような問題が起きて亡くならなくても良い方達が居たのではないかと?
食品の加工で菌が混入したと騒ぐよりこちらの内容のほうが更に大きな問題です。
しかし、法律で承認すると何故か守られます 問題ない薬として・・臨床試験を通過したで
※実は臨床試験を一度受けたことがありますが臨床試験は決まった体調の方が検査対象なのです数値を超えすぎるとデータにバラツキが出るためそのような方の検査値は使われません 薬は病気の方達が利用するのに・・

 

 

 

 

 

 

今回、私怨(?)も入っていますのでとても文章に力が入ります。
個人的な感想はコレステロールを減らす薬なんて本当に使えません 父の命を奪った原因の薬ですから コレステロールは減らさなくても良い、薬で減らす必要のない物なのです。

 

 

専門家さえ、コレステロール値を下げる必要性が無いことについて、今回取り上げた医学誌 ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ) です。
ちなみに、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル 医学誌、権威高く日本人医師なら必ず読む必要のある雑誌です。

 

 

 

しかし、日本では権威のある医学誌、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに記載された論文でもすぐに治療方法が変わることはないみたいです。
WHOが治療ガイドラインから削除したインフルエンザ治療薬「タミフル」も同じです 日本では使われています 海外ではどのように扱っているか分かりませんが この薬も誰かが裁判を起こして最高裁の裁判まで行き、判決を出さない限り、使い続けそうです。
同じように、コレステロール値を下げる薬は今後も使うと思います。

 

 

コレステロールは動脈硬化を起こし、血管をつまらせる原因と言われてきました。
実際は悪玉コレステロールと血栓との関係は無いとのこと
悪玉コレステロール値が高い高齢者の方のほうが健康、長生の方が多いという結果が出ています。
別名、サイレントキラー(悪玉コレステロール) 今までの仮設は悪玉コレステロールが動脈の血栓の原因プラークが作られるという仮設でした。
しかし、実際に研究でこの仮設は否定されています 悪玉コレステロールが原因で血栓は作られていないと言っているのです。
逆に、悪玉コレステロール値が低い人と、高い人の比較でコレステロール値が高い方のほうが健康で長生きであることがわかったのです。

 

 

今の医療はビジネスの傾向が非常に高い治療を行います。
必要ないと論文で言われた薬を処方して 個人では薬草を育てることさえ出来ない薬事法で縛り 現在の医療にとって都合の良いシステムです(でも何故か赤字の病院がある)
今の我々には医療を全て信用できる状態ではないことは確かです。
多くの情報がネットには流れています選別は大変ですが皆さんが 正しい情報を選択できている事を期待しています。

 

 

体のバランスが崩れることが病気の原因です 麻成分CBDが海外の研究でCBDオイルは健康をサポートしてくれることが判明しています。
海外研究結果を実感出来ます 健康維持を麻成分CBDにて体感ください

 


実は細菌は培養出来ない①?

 

実は細菌は培養出来ない?②

 

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

 

 


 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »