fbpx

太陽光は体の治療薬なの?

Pocket

太陽光は体の治療薬なの?

 

 

 

 

知っている方は多いと思います 人体は、太陽光に当たると「ビタミンD」を生成します。
本来、持っている人体の特性です 葉が光合成をするように人間も光に当たるとビタミンDを生成します それだけ多くの量が必要だと考えられます。
ビタミンはサプリメントで摂取しているから大丈夫なのでしょうか?  体で作られるビタミンDは本人にとって最高のビタミンです。
自分の体にいちばん相性の良いビタミンですから、日焼けを気にすること無く体のためにもビタミンを作っていただきたいです。
私は、体が作る必要があるくらいビタミンDは必要なのだと思います ビタミンの中でもいちばん必要な栄養素なのではないのでしょうか? 多く消費されるビタミンだと思います 体で作らないと足りない成分なのではないでしょうか?

 

ビタミンDが不足すると起きる症状とは?

 

上記に書いています通り、ビタミンDは体で作る必要のある重要なビタミンです。
ビタミンD不足で骨の疾患、くる病という症状にビタミンDが関連しているということが確認されています。

くる病とは、骨や歯が柔らかくなる症状です。
カルシウムの量が十分でも、ビタミンDは 血中のカルシウムとリン酸のレベルをコントロールするために必要なビタミンなのです。
ビタミンDが不足することで、骨の劣化が起こる可能性があります。

くる病の症状-手関節の幅が広くなる、簡単に骨折するようになる、脚の歪曲や骨の痛み、歯科上の症状、頭蓋骨の変形などがあります。
近年、先進国でくる病は少なくなったため、ビタミンD不足は解消されていると考えられています。
ですが、最近の研究では、ビタミンD不足によるくる病以外の別の症状も確認されています。

 

 

ビタミンDとは?
脂溶性ビタミン 
D2(エルゴステロール – エルゴカルシフェロール) · D3(7-デヒドロコレステロール – プレビタミンD3 – コレカルシフェロール – 25-ヒドロキシコレカルシフェロール – カルシトリオール(1,25-ジヒドロキシコレカルシフェロール) – カルシトロン酸)
D4(ジヒドロエルゴカルシフェロール) · D5 · Dアナログ(ジヒドロタキステロール – カルシポトリオール – タカルシトール – パリカルシトール)

体内でのビタミンDは血中のカルシウムとリン酸のレベルを一定にする役割を持っています。
ビタミンD2は食品採れます ビタミンD3は体内のプロビタミンD3という物質を皮膚の近くで、紫外線を使ってビタミンD3(コレカルシフェロール)変換されます。
簡単に言うと日光を浴びた時に皮膚で作られているのです。

食事で補えるビタミンD2
ビタミン量は紫外線に浴びることで増加しますが今の生活様式ではビタミンDが不足しているのは事実です 特に女性は皮膚のシミ、そばかすを気にすることで日焼け止めクリームを使います 実は、ビタミンを生成することを阻害しているのです。
足りていないビタミンDを食事で摂取できます。
ビタミンD2、多く含まれている まぐろやさば、鮭は高い濃度で含まれています 一部ですがキノコ類にもビタミンDが豊富に含まれています。

ビタミンDが不足すると起きる可能性の高い疾患とは?
関節の痛みや弱さ、集中力の欠如、頭痛、便秘や下痢、睡眠中に何度も起きたり、筋けいれん、疲れ一般、腎臓障害などです。

 

 

他にもビタミンD不足から起きる症状はこちらです

 

喘息 発作の回数を減らす目的でビタミンDのサプリメントを摂取することで発作回数、症状が緩和します。

多発性硬化症(MS) 住んでいる場所が赤道から離れるほど、そして個人的に日射量が少ないほどMSを発症する率が高くなります ビタミンDの関連性が高いと言われる症状になります。

 

 ガン ビタミンD不足と関連性が認められています 乳がんや前立腺がん、結腸がん等

 

 

糖尿病 小児・若年期に適切なレベルのビタミンDを維持していれば、1型糖尿病の発症を半分に減らせる可能性がある
ハーバード公衆衛生大学院(HSPH)の研究は、医学誌「American Journal of Epidemiology」発表されました。
別の研究では、ビタミンD不足は血糖値のコントロールがうまく機能しなくなるり これにより、ビタミンD不足で糖尿病になる可能性が上昇するそうです。

 

鬱(うつ) 鬱やその他の精神的疾患のビタミンD不足の関連性があることを認められています。
他にも、研究で女性が妊娠中にビタミンDを十分に摂っていると、子供は成長してから精神的疾患になる可能性が低くなることも確認されています。

 

心臓疾患 ビタミンDが不足している人に心臓疾患が、より多い傾向があるとそうです。
ビタミンD治療に深刻な心臓疾患に苦しむ一部の子供は、よい反応を見せたとも言われています。 (栄養学の医学ジャーナルに掲載された記事です。)

 

高血圧 カリウムやビタミンD、カルシウムやマグネシウム不足の関連性が認められています。

 

関節リウマチ 酷い痛み、関節損傷、全身性炎症などの原因になります。
ビタミンDによって関節リウマチの関係している痛みやコリが複数の研究から 軽減されることが確認されています。

 

 

上記のようにビタミンD不足が理由で引き起こされる症状はあることが分かります。
人の体は1つを補充すれば良い状態になるわけではありませんが常日頃から10分程度で良いと思います 意識して日光浴をしてみてはいかがでしょうか?
日本人は日光浴を敬遠する方が多いのですがヨーロッパの日本より北に住んでいる方たちは進んで日光浴をします やはり太陽光の照射時間が少ないことで日光浴をする方が多いみたいです 無意識に体が求めているのでしょうね

 

麻の成分CBDは体の代謝をサポートするホルモンを助けます。
微量なホルモンですがバランスを崩すと体に大きい影響の出る体内の分泌物です。
代謝を良くすることで細胞は本来の働きができます。
CBDのホルモンサポートを実感してみてはいかがでしょうか?

CBDショップ ドリームスペル

 

 

 


CBDは医療大麻と同じカンナビジオールですか?

 

CBDを利用する健康法、目安 抗がん剤と併用は?

 

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

 

 


 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »