fbpx

江戸時代の医療と現代の医学違いは?

Pocket

 

江戸時代の医療と現代の医学違いは?

 

 

西洋医学という対症療法の流入(主要な症状を軽減するための治療を行い、軽くなった症状を自然治癒能力で治療をする方法)要するに病気の症状を軽くすることで自然治癒能力をサポートする治療法です。

 

江戸時代までは医療の根幹は東洋医学による全身、全体的に見る原因療法(元から治す治療法)が主でした。

 

体の養生、労わりを大切にする日常生活において習慣がありました。
食生活は一汁一菜が基本でした 粗食な生活で人々は暗くなったら寝ます 明るくなったら起きるという自然な暮らしで自然の流れと一体のリズムでストレスもとても少ない生活だったと考えられます 現代と比べ病気になる人が少なかったのです。

 

ですから、病気=不養生なのです。
質素な食事は体にとって負荷をかけません 研究で腹七分の食事が良いと言われています体の細胞も活性化するそうです。
精神的にも負担の大きい現代人と違い、ほんとうの意味でもストレスフリーな生活が送れたはずです。
そういった意味でも体への負担は少なかったはずなのです。
不養生、体のサイクルに反する生活、ストレスをためることで病気が起きると警告の意味で使われていた言葉だと思います。

 

 

そんな江戸時代が終わり、新しく明治時代をむかえてました。
今までの生活は西洋式に変わっていった時代です 医療も西洋医学が最新の医療だと感じたと思います いろいろな器具を使って治療しますから しかし、西洋医学は戦争で負傷した人達の対処する応急処置の医療の傾向が大きくなった部分がある対症療法(薬物を使って症状を抑えるだけの治療法、根本治療ではない)主流の治療なのです今でとは逆の治療法を取り入れたことになります。
薬物治療がすべての西洋医学はトータルで病気を考えない治療法です。

 

日本固有の伝統文化、生活習慣 湯治、養生、思いやり、労わり、等の生活習慣を否定、病気は医者が薬を使って病院で治す近代医学の流れを作ってしまいました。
明治時代の頃はまだ、全てを薬だけで治療する考えの医師は少なかったと思いますが第二次大戦後の近代医療は薬を頼った治療がメインとなり、肉体の抵抗力、治癒能力を考えない体の悪い箇所だけ治療する極端な治療方法が世の中に定着させ、常識化させてしまったのです。

 

 

今や、治療と言う商売になってしまい、効果な薬、絶対に必要でない薬を多く処方することで薬に依存させしまっています。
更に、新薬は効果を謳っていますが治療効果以上の副作用が付いてくるのが実情です。
特に、有名なのが抗がん剤の副作用、髪は抜け、本来持っている抵抗力は落ち(最悪、抵抗力はなくなるまで投与される)癌の末期ではなく薬の副作用の末期で肺炎、他のウイルス感染で亡くなる方が多いと聞きます。
なのでがんの治療中に別の病気で亡くなったわけですから死亡原因は癌ではないのです。
すごい言い訳ですが治療薬の原因だと死亡したときの報告書には書きませんから世間的には問題にならないのです。

 

 

今の医療はお金を儲ける手段として治療がありますあまりにも主軸が金儲けにより過ぎているのです。
そんな商売要素が強すぎる医療のせいで医療保険制度は崩壊寸前です。
実は病院も赤字なのです 確か2017年に聖路加病院が賃金を払えない騒動がありました。
その聖路加病院ですが研修医上がりの新人医をかなり多く採用してるみたいで医者ですら人件費を削っているフシがあります。
これは聖路加病院だけではありません 派遣医が多く病院で雇われている正規雇用の医者が少なく感じます 特に大きい病院はそうなのでは?

 

 

今や医療費は現在国家予算の半分を占める41、5兆円(2015年)です、介護費用を含めれば50兆円近くになります。
間違いなく医療が正しく機能していないことを表す金額です。
辛い評価ですが治療のための効果な機器を使った検査機、多少の効果はあるがそれ以上の副作用のある薬、その薬を使うように誘導される医者、それ以上に儲けている製薬会社
一度、リセットするには製薬会社、大学病院などの大手医療が倒産するしかないのでしょうか?

 

毎年1兆円増え続けている医療費、東京オリンピックが終わった頃に経済、医療、公共が破綻しないと変えられないのでしょうか?
厚生省OBは製薬会社に天下り、良い方向に向かわせるための天下りではなく、新薬の認証などの新製品を認めさせるための道具でしかないと我々には見えます副作用が治療効果より強い薬を高価に販売できるために・・・

 

 

しかしですこの流れを変えることは私達一人ひとりの意思の持ち次第で可能なのです。
まず、今の医療に簡単に頼ることを止めるのです 風邪程度で医者に見てもらうのではなく体の免疫、新陳代謝で簡単に治ります 発熱は体に入った菌を殺すためです極端に高い高熱以外は発熱をする必要があります。
3日~4日の体を休ませる時間は必要です熱を薬で押さえ込むことも可能ですが普段から体の抵抗力を風邪で鍛えることも大切です 大きな病気に抵抗力は特に必要になります 少し、体のバランスが崩れて風邪になったときは抵抗力を鍛えるための期間だと思い、自分の体力で乗り切れるくらいの発熱なら自然治癒で乗り切ってはいかがでしょうか?
医療保険が破綻すれば風邪の治療でも1万円は請求されます 多分、簡単な病気は値引き合戦になり価格破壊にはなりますが難病は治療費が安くなるとは思えません 他の国は医療保険がない国もあります そんな国が病院の治療費がやすいとは聞きません

 

 

今後は、自分の病気は自己治癒能力で治療できる程度の病気なら「セルフケア」で体を治癒していくことが大切だと一人ひとりの意思が必要です。
社会の構造を変えるのは皆さんの考え方次第だと思います。

 

 

抵抗力を上げるためにも必要以上に化学合成物質を摂取する環境を作らない ワクチン接種等の予防摂取はしない
まずは体の免疫力を維持できる環境を作ってください 健康にいちばん大切な基礎ですから
医者に頼らずに生きていける環境を作っていける社会を皆さんで作れることが出来るためにも意識してください

 

 


 

効果のないインフルエンザ予防接種は危険?

 

悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きする?

 

ガン細胞は、宿主である患者を殺すまで増殖する?

 

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

 

 


 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 
Pocket

Translate »