fbpx

ドナルドトランプ氏 大麻を全面的に合法化すると発表

Pocket

ドナルドトランプ氏 大麻を全面的に合法化すると発表

 

 

 

今回、G7会議で麻を解禁するという発表をしました これは以前、アメリカが根拠のない麻の利用することを禁止したことから世界的に禁止になってしまった状態をもとに戻す第一歩になります。
医療、衣服に、趣向品として安全である麻の利用の解禁です非常に良いニュースです。

 

医療の使えない合成新薬に代わりに効果もあり安全性の高い麻に取って代わることになると思います。
高価な医療器具も不要になる流れを作ることになっていくと思います。
ついに現行医療が邪魔をしていたと思われる麻の解禁が始まりました。
日本では未だに放送規制されていますがこの流れは世界に広がってい行きます。
日本でも麻解禁の流れは今までありましたがアメリカが認めていないことと、国連の麻を麻薬として扱う約束をしていること、製薬会社とそれに天下りをした厚生労働省の圧力 
多くの利益が絡み合い法律は変えられませんでした。
今後、新しい利益として昔、多く見られた麻の畑を見る日が近いのかもしれません

 

 

下記は海外のメディアの報告です。
アメリカは国(連邦)が麻を認めていない状況下で州が独自に認める状況でした。
ほとんどの州が潜在的に麻を認めるといった流れの中で今回のトランプ大統領の麻、解禁宣言です。
今回は連邦が解禁したことで今後、麻はアメリカにとってタバコに取って代わるくらいの生活品になることになります。
日本でも、第二次世界大戦以前は趣向品であり、薬でもあり、衣服の素材でありました。
名前にも未だに「麻」は使われます麻美、麻子等 
地名にもあります 多く使われた形跡がある麻を戦後アメリカに否定されたのです。
それがやっと時間がかかりましたが麻の植物を普通に利用できる流れになろうとしています。
江戸時代ではキセルにタバコではなく麻を多くの人たちが利用していた形跡があるそうです。
日本の法律が変わるには多くの時間がかかる必要があるかもしれません しかし、世界的な流れに逆らえなくなるはずです。
まずは、嘘の多い政権から変えていく必要はあるでしょうが・・

 

ドナルドトランプ氏、G7で大麻を全面的に合法化すると発表 大統領は金曜日に報道記者たちの部屋に発表した
トランプは金曜日に報道記者たちの部屋に発表をした 社長 ドナルド・トランプは、 カナダの電子G-7サミットがある時に、効果的にマリファナの禁止を終了、全世界で大麻を合法化するために彼の計画を発表しました。

 

トランプ氏は、金曜日の朝、報道記者たちの部屋にこの発表をした後、首脳会議のためにヘリコプターに出た。
彼の発言は、超党派の議員グループが議論の余地がある措置を提案してからちょうど来た。
トランプはまた、「法律を試す権利」と呼ばれる新しい法案に署名する予定で、FDAが自然治癒を禁止し、患者が非FDA認可の医薬品を服用することを禁止します。
「行使する権利」は、昨年上院で全会一致で通過し、大統領が個人的にその通過のためにロビー活動を行った後、今週下院議員が250〜169議席で票決した。
この法案は幅広い医薬品を対象としていますが、サイエデリックサイエンス(MAPS)の総合学術協会が実施している臨床試験のため、医療用マリファナも含まれています。

 

 

atimes.comによると、彼の発言は、超党派の議員集団が彼らの措置を提案した翌日だった。
主導スポンサーの1人は、いくつかの問題でトランプと整列しているが、最近、マリファナを合法化した州で起訴を再開する司法省の脅威に対する管理に絡み合っているコーリーガードナー上院議員(R-Colo。「私はガードナー上院議員を支持する。「私は彼が何をしているのか正確に知っている。我々はそれを見ている。しかし、私はおそらくそれを支持して終わるだろう、はい。
エリザベス・ウォーレン(D-Mass。)上院議員の支持を得ている立法案は、法律が成立すればマリファナの法的景観を変えるだろう。
カリフォルニア州と他の8州とワシントンDCは大麻を大人に使用することを合法化しました。
追加の20の州で医療用マリファナが許可されています。しかし、州が合法化しても、連邦法が違法としたため、マリファナは危険で不安定な事業のままでした。
連邦の法執行機関の発作に対する懸念は、大部分の貸し手がマリファナ事業に取り組むのを妨げている。

 

 

投資家も慎重に進んでいる。ガードナー氏は、「マリファナのビジネスでは、州法と連邦法の間の紛争の懸念から、銀行融資や銀行口座の開設はできない」と述べた。
「これを修正する必要があります。私たちがこの業界を影から取り除き、これらのドルを影から外す時です。」彼はそれを企業がまだ税金を支払うと予想される「公衆偽善」と呼んだが、金融システムへの参加から免れている。
連邦禁止条項を解除することで、マリファナの試験と規制の統一基準を策定する努力や、マリファナの医学的使用についての研究を追求する可能性のある自由科学者も増強されるだろう。
トランプの支持は潜在的に大きな影響を与える可能性があり、薬剤で柔らかいとタグ付けされることを心配している共和党員に政治的なカバーを提供します。
それでも、この提案は議会の厳しい道に直面している。ほとんどの議員が現在、少なくとも医学的用途でポットが合法的な分野を代表している – と世論調査では民主党と共和党の有権者の大多数が合法化を支持している – 議会の指導者は、 ハウスは、有権者が合法化を選択した後でさえ、レクリエーション用ポットの販売を許可してからコロンビア特別区を閉鎖している。

 

 

薬物執行管理の襲撃から医療マリファナ事業を守る2014年の予算改正は、永久に攻撃されている。
ワシントンのブルッキングス研究所のマリファナ政策専門家、ジョン・フダック氏は、ガードナー・ウォーレンの法案を引用して、「それは大きな嵐に直面している」と述べた。トランプ氏は、麻薬職員団体連合からの警告にもかかわらず、連邦の合法化努力を支持する可能性が高いと述べた。
「米国では、喫煙スクリーンを見て、より多くの薬物使用を奨励しようとする試みを拒否してほしい」と、彼らは木曜日、トランプへの手紙に書いた。マリファナ業界は、行政からのメッセージが混じり合っています。

 

 

1月、司法省は、オバマ時代の政策を廃止し、州法に基づいて合法的に営業する売り手を標的とする検察を制限することによって、ポットビジネスをパニックに陥った。 会合は、マリファナが合法であったかどうかにかかわらず、検察官の十字路にポット事業が存在する可能性があると警告した。
この動きはガードナーに怒りを覚えた。ガードナーは、当初、彼の国家にはこのような襲撃はないとの保証を以前に与えていたと述べた。
ガードナーの命令で、4月のトランプは発表された摘発から突然退去を命じた。
トランプは、セッションとの緊密な関係の兆候を調べることなく注文しました。しかし、検察は撤退した。
この政権の間、州法の下で合法的な売却のためのポット会社の連邦襲撃または発砲は明らかになかった。

 

コメルメモと呼ばれるオバマ時代のルールを援助した元弁護士弁護士のジョン・ヴァルダマンは、「元アテティ副長官の後に、それを発行したジェームス・コール(James M. Cole)将軍。「マリファナが法的である米国の弁護士のほとんどが、コールのメモと同じ原則を適用することに決めました」と、現在、 Hypurのエグゼクティブである Vardamanは述べています。
銀行業は、ガードナー法案がポット会社に最も役立つ可能性のある領域です。上院の提案と下院の仲間の超党派措置は、州法に従う人や事業にマリファナ条項が適用されないように、規制物質法を改正するだろう。

 

 

銀行家を安心させるために、このようなマリファナの販売は人身取引とはみなされず、違法な金融取引にはならないと規定されています。
ヴァーダマン氏は、「この市場に関与したいと望むのは、銀行問題のために参加するのが最も嫌な人たちだ」と述べた。「もしあなたがそれに言及すれば、業界に大きな有益な効果をもたらすでしょう。
トランプ氏の発言は大麻の活動家によって歓迎されたが、特に議会を通じ実際に法律を制定したことで、トランプの珍しい記録のために、彼らは端を発している。
「大統領が大麻に関連する多くのことを支持しているのを目の当たりにしたが、立法を動かすことは絶対に何もしていない」とHudak氏は語った。
“これは、この問題であいまいな大統領からの空白のレトリックである。”ガードナーは、彼の保守派の同僚たちに、州の権利の一つとして問題をフレーミングすることによって十字軍に加わるようもっと説得することを望んでいる。

 

 

Costa MesaのDana RohrabacherとAlaskaのDon Youngを含むいくつかの共和党員は、州に侵入する連邦大麻の法律の終わりを要求している。
彼らの動きは議会でゆっくりと成長している。「これは、連邦主義の作品を表現するチャンスだ」と他の共和党員のように、マリファナの支持者ではなかったが、州の有権者が合法化を支持した後、その原因を取り上げたガードナー氏は、彼らが引き続きリードできるソリューションを提供する」と語った。

 

参照先 http://www.neonnettle.com 


 

ヘンプオイルについて

 

知ってますか? 麻(マリファナ)を巡る世界の状況①

 

統合失調症のための効果的なCBD利用方法とは?

 


 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

[instagram-feed]

Pocket

Translate »