fbpx

ワクチンは安全だと主張して謝罪 ダニエル博士

Pocket

ワクチンは安全だと主張して謝罪 ダニエル博士

 

 

 

今、アメリカでは多くの人々のワクチン接種被害にスポットが当てられています。
そして、ワクチン接種に意味があるか? と、問いただすネットのサイト以外にも科学者達も疑問を投げかけてきています。
日本では報道規制をされているので大手メディアは正しい報道を出来ずに政治、医療、世界情勢を伝えられていません 今後、多くの人たちが知ることになる情報ですが、出来る限り早く今まで一部の人達の儲かる、利益のための医療ではなく本当に体を守れる医療を実現していきたいのです。
それには多くの人達に正しい情報の共有して頂けることが大切です。
石油合成による薬、添加物を体に溜め込んで体の抵抗力を落とし続け、重い症状が出て情報を知るのでは遅いのでその前に多くの方たちに気がついていただければと思っています。

 

 

インフルエンザは特に挑戦的です。過去10年間にわたり、インフルエンザワクチンの全体的な有効性は平均して約46%でした。
出典:above US News report

 

↑過去10年間の統計が46%効果があると統計では出ていますが、インフルエンザワクチンに保存料として水銀が発見されたり、保存料が入っていない製品にもアルミニュームが入っていたり、ワクチン接種すると体内でワクチンの細菌が増殖して630%に増えた菌が息をするたびにウィルスを撒き散らすと言った研究結果が・・インフルエンザワクチンだけで必要としない情報が沢山出ています ちなみにワクチン接種後、亡くなられる方も居るそうです。
日本では報道されない裏の事実です 国が病院に指示して実行している正しい、感染病にならないため健康を維持目的で行っているので法律がある限り、問題扱いにしないと思います。

 

 

我々個人が全てに対して責任を取って選択しないとダメな状況なのです。
今まで気が付かずに暮らしてきていましたがネットによって多くの人達が正しい情報を集めることが出来るようになった結果です。
そんな1つのニュースですがこちらはダニエル・ネイド博士がワクチンの安全性に気が付き、本を書いたことで解雇され、その後無知だったと公演で謝罪している動画になります。

 

 

トップの医者が「ワクチンは安全だ」と主張して謝罪 ダニエル・ネイド博士は、ワクチンが安全かどうかについて正直な議論をしたいと考えました

 

ダニエル・ネイド博士は、ワクチンが安全かどうかについて正直な議論をしたいと考えました ワクチンの危険性に抗議した勇敢な医師は、薬物の安全性を疑問視する記事を書いて解雇された後、「無知になった」ことについて謝罪した。ダニエル・ネイド博士は、ワクチンが安全かどうかについて正直な議論をしたいと考えました。Neideは、2016年に何かが間違っていたことを知りました。クリーブランドクリニックの医療施設で働いていましたが、全従業員が毎年インフルエンザワクチンを受けなければなりませんでした。

動画リンク You Tube

 

彼と他の4人の従業員が「防腐剤フリー」のインフルエンザ・ジャブを受けた後、すぐにインフルエンザで病気になりました。 Nature Blazeの報告書:ネイデス博士はインフルエンザワクチン成分をチェックし、ラベルに「保存料なし」と書かれていてもホルムアルデヒドが含まれていることを認識しました。ホルムアルデヒドその事実は彼に衝撃的だったので、彼はさらにワクチン成分を調べることに決めました。彼がさらに調査するほど、彼はもっと怒られたようだ。Neides博士はポール・トーマス博士の「ワクチン接種計画」を読んだ後、生後24時間以内の乳児に与えられたB型肝炎ワクチンについて、免疫系が新生児に250ナノグラムのALUMINUMを注射する完全に開発されていない!彼の研究のその時点で、彼は “私は自分の家族に何をしたのですか?” 彼の調査の結果、Neides博士は、患者の側で十分なインフォームドコンセントを信じて実践している「プロ患者」の医師になっています。

 

 

彼は、患者が利益とリスクとを知るべきだと考えている。さらに、ジュネーブ条約は、「患者の同意なしには医学的介入を行わない」と指示している。
これは、米国におけるワクチン/ワクチンの投与に関しては起こらないことである。
保護者と医療従事者は、ワクチンは安全で効果的であると言われていますが、禁忌、副作用、および成分を説明するワクチンの添付文書には記載されていません!ワクチンは、医者が取る医療誓いに直接違反しています。
まず、害はない!N博士は、多くのワクチン、特に乳児、幼児、および十代に与えられたものにエチル水銀およびアルミニウムが存在し、急性および慢性疾患につながる可能性があることを発見した。医師は、妊娠中の女性に、水銀含有量のために妊娠中のマグロ魚を食べないことにどのように注意を払ったのかを話しましたが、妊娠中の母親に水銀を含むインフルエンザワクチンを与える義務があることを実感しました。

それは彼に科学的な意味がありませんでした。彼は、医学部ではワクチンの周りに教育はなかったと話している。1986年のワクチン法に関する議論はなく、ワクチン製造者にワクチンの負傷責任を免除している。
彼はワクチンスケジュールを暗記するように教えられました。
HRSAワクチン申請者の損害賠償金に関する議論はありませんでした。 現在、ワクチン接種に対する40億ドル近くのワクチン接種が行われています。
しかし、ネイデス博士が持っている性格特性の中で最も謙虚なのは、彼が誤って患者を引き起こしたかもしれないワクチンと害について知りませんでした。彼は、患者の健康に有害な影響を及ぼさないように知られていたはずのことを知らずに、医師が心配していた、下のビデオで深く謝罪します。

 

参照元 http://www.neonnettle.com/news/

 

 


発酵していない「発酵食品」とは?

 

癌は治療可能? 隠し続けたロックフェラー研究所とは?

 

オススメ、読んで欲しいCBD情報、その他

 

 


 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »