fbpx

予防接種にて金属毒性取り込む事で自閉症児の関連とは?

Pocket

予防接種にて金属毒性取り込む事で自閉症児の関連とは?

 

研究は、脳組織におけるワクチンと自閉症を引き起こすアルミニウムとの間の関連性を見出しました。

有力な研究者チームによって行われた最近の研究では、ワクチン  と、自閉症児の脳組織に含まれる高濃度のアルミニウムとの直接的な関連が見出されています。

 

人の脳の小さな微量のアルミニウムでさえ、重大な病状につながることはよく知られている事実です。金属毒性は、アルツハイマー病のような神経学的状態との明確な相関を示すために、多くの科学的研究において証明されている。

 

ワクチンによって引き起こされる脳の問題
今や、Christopher Exley博士が率いる著名な科学者チームによる新しい研究では、自閉症  スペクトラム障害(ASD)に注目が集まり、  自閉症児と高レベルのアルミニウムを持つ自閉症児とのつながりの証拠が明らかになりました。

Dr. Christopher Exleyは、自閉症児  はワクチン接種を受けた後、危険なほど高いレベルの金属が脳に存在することを発見しました。

 

Nature Newsの報告書:この研究は、Journal of Traceing Elements in Medicine and Biology に最初に掲載され、   人間の脳組織に記録された最高レベルのアルミニウムの一部を示し  ています。

 

データは、ASDを有する10人のドナーの脳から集められた。この研究は、Keele Universityの世界有数のアルミニウム毒性専門家であるChristopher Exley博士によって率いられ  ました。慎重に作成された2つの研究方法を用いて、研究の研究者は10人のASDドナーの脳組織に見られるアルミニウム沈着物を測定し特徴付けることができた。

 

その大部分は十代または十代に死亡したと報告されている。この研究の結果は、定量的成分およびその定性的成分からのデータに基づいた「一貫して高い」アルミニウムレベルを示しており、これは「健康な組織または罹患した組織で測定された脳のアルミニウム含有量の最高値のいくつかを表す」と言われている。 “

研究の所見
この研究は、定量的な要素と定性的な要素の両方を含む2つのアプローチを使用することに興味があります。

 

前者は、凍結脳組織試料中のアルミニウム含量を測定するグラファイト炉原子吸光分析法またはGRAASの使用を必要とした。

 

後者は、蛍光顕微鏡法と呼ばれる技術を用いて、脳内のアルミニウム沈着物を可視化する。

 

合計で、研究者は、脳の5つの異なる領域から供給された59の組織サンプル中のアルミニウムレベルを定量化することができました。

 

試験後、研究者らは、すべてのサンプルがアルミニウムの「病理学的に有意な」レベルを示し、確かに正常と考えられるレベル以上であることを見出した。

 

特に、男性の脳は、脳のアルミニウム測定値が一番高いものになったASDの15歳の少年のものを含む、高いアルミニウムレベルを示した。

そして、どのようにして正確にすべてのアルミニウムが脳内に閉じ込められたかについての研究結果は、周辺部にアルミニウムが充填されている細胞に起因することを強く示唆している。

 

この事例は、ワクチン製造業者がワクチンレシピエントの免疫応答を強化するために使用する、ワクチン中のアルミニウムアジュバントを介したアルミニウムの進入のために行われる。

 

研究者らによると、アルミニウムアジュバント含有ワクチンの使用は、「特にASDの罹患率の増加と直接的に関係している」、とくに十代と若年成人である。

 

未来への示唆
50年以上前、2011年に  独立した調査による  と、ASD有病率が最も高い国の子供たちも、ワクチン接種率が最も高かった。これはExley博士の発見とうまく行きます。

 

Exley博士は、「脳のアルミニウムの「正常な」レベルはない」と指摘しています。 意味、「脳組織におけるその存在は、任意のレベルで、異常と解釈することができました。」この研究の結果と結論に基づいて、ワクチン接種の様子を詳しく調べる時期が来ているかもしれません  。

 

ASDの率を低下させる危険性だけでなく、アルツハイマー病などの他の状態を予防するためにも。もちろん、より良いものを変えるルールを実装することは、まったく別の問題です。これが将来的に改善するかどうかは、時間によって分かります。

引用先 neonnettle.com

 

※研究においてワクチンにアルミニュウム等の金属が入っていることを確認しています。
自閉症児の脳組織に高濃度のアルミニュウムが確認されており自閉症の理由となっている金属がワクチン接種により蓄積されていることも研究で確認されました。
他の研究チームでは保存料の入っていないワクチンを分析、研究しました その中にはアルミニュウムの化合物が見つかったりしています。
このような研究結果が出てもマスコミや国の対応は全くありません 多国籍企業である製薬会社はいろいろな国に圧力、財力、コネクションで犯罪扱いになっていないことが現実なのです。

 

日本で見える、実感できる圧力として 子どもたちのワクチン摂取を強制的な義務にしようとしていることです。
しかし、ワクチン接種しても効果は期待できる程ありませんし、ワクチン接種をしたことで多くの問題が出ています。
日本では現状不明ですがインフルエンザウィルス接種をしたために大勢の方たちが海外で亡くなったと報じているサイトもあります。
当然、報道大手は薬害関係は報じていません(多分圧力)
私は今まで国が多方面で保護してくれていると思っていましたが・・・ワクチンも意図してアルミ、水銀が添加されなくても効果が薄い物に関しては接種しない方向で世の中が向かっていって欲しいのですが 製薬会社はそこまでしてお金を稼ぎたいのでしょうか?
問題が大きいので倒産で済む内容ではない話です 今までの医療の考え方からやり直す時期に入っていると思います。
将来、お金をかけることの無い、医療に向かうことを祈っています。

 


 

毎日2つの卵を食べることで体に起こる23の事柄とは?

 

発酵していない「発酵食品」とは?

 

ジンバブエの民間治療 傷口に砂糖を塗ると治りが早い?

 


 

                                                       

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

                 

                                                         

Pocket

Translate »