fbpx

ボトル入り飲料水で発見有毒マイクロプラスチックとは?

Pocket

ボトル入り飲料水で発見有毒マイクロプラスチックとは?

 

ボトル内の「安全な」水を汚染する毒性化学物質

 

ミセルプラークの有毒な粒子は、ボトル入りの水に見出されている

 

科学的研究では、ボトル入り飲料水の有数のブランドがマイクロプラスチックの有毒な粒子で汚染されていることを発見しました。
ボトル入りの水は、ほとんどがフッ化物で汚染された水道水の代替品として広く考えられていますが、これはよくある誤解です。
ほとんどの人が気づいていないのは、プラスチックボトルで販売されている水の大部分が有毒なマイクロプラスチックやその他の有毒化学物質で汚染されていることです。
便利ですが、プラスチックは非常に有害で、環境や人の健康を脅かすようになっています。

 

※アメリカでは水道水にフッ素を添加しています 水道管メンテナンスと水の質、おまけにフッ素を添加しているためにペットボトルの需要が大きくなっています そのペットボトルミネラルウオーターにもフッ素を添加しているメーカーが多いと言う話を聞きます。
日本でも法律を変えたため水道が国が運営しなくなります 今後、水道会社の運営の形になっていく予定です。
アメリカではフッ素添加は公言していないところもあるそうです 今後、日本もフッ素添加、水道水価格の高騰が予想されます そのような方向性にする政府を選ぶのは皆さんです 意識して政府の行動を監視しましょう。

 


暴露された報告書: 私たちの健康と環境に及ぼす影響により、  ボトル入りの水が実際に私たちの世界に及ぼしている影響を評価する時期です。
プラスチックの大半が生分解されていないため無期限に残る埋立地にはバルクプラスチックの問題があり、現在は世界中の水路を渇水させ、飲料水や海洋生物を汚染する微生物顕微鏡の微細プラスチック片があります。
その上に、プラスチックの生産に使用される化学物質があり、その多くはホルモン模倣活動をしており、したがってリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康・権利)を含む動物およびヒトの健康を脅かすものです。
往々にして、最近のテストでは、ほとんどのミネラルウォーターが、ボトルとキャップの製造プロセスから生じたと考えられるマイクロプラスチック汚染汚染から構成されています。
CBCのボトル入り飲料水市場調査では、50本の水ボトルのうち30本がレーヨンとポリエチレンを含むプラスチック汚染を確認しました。
マイクロプラスチックは、ガラス容器で販売されていたボトル入りの水で発見されました。(栓に化学合成物のプラスチックを使っていたため?)
※このように水質汚染は深刻ですボトルに水を充填する前に洗浄しても洗浄した水の廃棄で自然界に多大なる被害を作っているのが今の現状です。

 

 

ニューヨーク州立大学の研究者らは、非営利のジャーナリズム組織であるOrb Mediaの代理として、微量マイクロプラスチックの存在について、11の人気ミネラルウォーターブランド259本を同様に評価しました。
ブランド名にはAquafina、Nestle Pure Life、Evian、Dasani、San Pelligerinoが含まれています。
通常、試験されたボトル入りの水は、1リットルあたり325個のマイクロプラスチックの断片を含んでいた。
そのうち10個のちょうどのものが少なくとも100ミクロンの大きさであり、残りはより小さなものであった。
これらのビットとピースの大部分は非常に小さいので肉眼では目立たない。
研究者らは、それらを明らかにするために、赤外線レーザーと青色光と組み合わせてプラスチックに結合する特殊染料を利用しました。
オレンジ色のガラスを使用すると、水のサンプルを顕微鏡で見ると、夜空の星のように粒子が明るく見えます。

 

微細プラスチック – マイクロプラスチックで汚染されたボトル水全体として、259本のボトルのうちわずか17本がマイクロプラスチック粒子なしであることが判明し、テストされたブランドの中には常にプラスチック不純物がないものはありませんでした。
最悪の不正行為者は、ネスレ・ピュア・ライフ(NestléPure Life)で、最も感染したサンプルは1リットル当り10,390個の粒子を含み、最も汚染されていないブランドのサン・ペレグリーノ(San Pellegrino)は1リットルあたり74粒子のハイエンド密度を含んでいた。
最もおよび少なくとも汚染されたブランド名の概要はプラスチック汚染を調べた結果はこちら

 

 

オーブMediaの「プラスプラスチック」で心に留めておくとして  レポート:「人間は、水分が豊かで健康的な場所に滞在するためには、約2リットルの体液が必要です。
オーブの発見は、1リットルの飲料水を1日1リットル飲む人は毎年数万個のマイクロプラスチック粒子を消費している可能性があることを示唆しています…
“サイズが100ミクロン程度のマイクロプラスチックスの場合、ボトル入りの水サンプルは、水道水サンプル(4.45)よりも1リットルあたり約2倍のマイクロプラスチックを含んでいました…
既存の科学研究によれば、食品や飲料で消費するプラスチック粒子あなたの体と数多くの異なる方法で相互作用するかもしれません…
一部の粒子は腸壁に沈着することがあります。
他のものは、体のリンパ系を通って移動するために腸組織によって取り込まれる可能性がある。
腸、胆嚢、膵臓、および脾臓から肝臓に血液を運ぶ肝臓の門脈には、約110ミクロンのサイズの粒子(0.11ミリメートル)を取り込むことができます。
「20ミクロン(0.02mm)の範囲の小さな破片は、腎臓や肝臓に留まる前に血流に入ることが示されています…
我々が見つけたプラスチック粒子の90%は、100〜6.5ミクロンの間でした。あなたの体の中に腸を横切るものもあります。

 

 

世界保健機関、マイクロプラスチックの健康レビューを開始

 

ほとんどの人がボトル入りの水は健康だと思っています。
Orb Mediaの報告に応じて、世界保健機関(WHO)は、水でマイクロプラスティックを取り込む可能性のある短期および長期の健康上の脅威を検証するためのセキュリティレビューを導入することを約束しました。
WHOの世界水・衛生主催者であるブルース・ゴードン  は、BBC Newsに語った:

 

「プラスチックの構成について考えてみると、そこに毒素が含まれているかどうか、有害成分をどの程度含んでいるのか、実際には粒子が体内で何をするのか – 私たちに伝える研究はありません。
「私たちは通常「安全」な限度を持っていますが、それを定義するには安全な限度を持つために、これらの物が危険であるかどうか、危険な濃度で水に発生するかどうかを理解する必要があります。
公衆は、明らかに、これが短期的にも長期的にも病気になるかどうか懸念している」

 

世界の海洋のプラスチックの破片は2025年までに200%上昇すると予測されています
関連するニュースでは   、英国政府科学省の報告書によると、世界の海の中に漂うプラ​​スチック粒子は、生分解をしない70%が2025年までに3倍になる可能性が高いと警告しています。
現在、推定1億5,000万本のプラスチックが海洋を汚染しており、毎年約800万トンが追加されています。
オンタリオ州だけでも、4分ごとに約12,000本のプラスチック製のボトルを投棄しています。
世界経済フォーラムの見積もりに  よれば、2050年までに海洋は魚類よりも魚類よりも多くのプラスチックで構成されることになる予定です。

 

すでに、海洋の海水によっては、プラスチックがプランクトンを6倍から1.8倍。
「新しいプラスチック経済:プラスチックの未来を考える – 世界経済フォーラムとエレン・マッカーサー財団の2016年共同報告書は、2014年に開始されたマルチインダストリアルのグローバルな取り組みであるプロジェクト・メインストリームの一環として開発されました。
プラスチックが無駄にならず、必要な体系的な移行を達成するための具体的なステップを示している」と述べた。
重大な問題は、毎年1200億ドル相当のプラスチックを処分することです。
プラスチックの汚染を防ぐために、このプラスチックの処分は中止すべきです。
これを行うために、報告書は、永続的ではないにしても、できる限り長く製品を再利用し再利用するまったく新しい「循環経済」を提案しています。
この理由から、このプラスチックの価値の95%が最初の使用後すぐに失われた場合にのみ、多くのプラスチック包装が利用されます。

 

 

海洋のマイクロプラスチック
“このレポートで概説されている新プラスチック経済は、一般的なプラスチックパッケージングとプラスチックの基本的な再考を想定しています。
自然系、特に海洋へのプラスチックの漏出を大幅に減少させる。原油や天然ガスの代替品をプラスチック生産の原材料としている」  と  報じた。
世界のプラスチックバリューチェーンを変革するために必要な体系的な変化を達成するためには、消費財企業、プラスチック包装製造業者とプラスチック製造業者、回収、仕分けと再処理、都市などの世界的なプラスチックバリューチェーンのすべてのステークホルダー間で、政策立案者やNGOなど。
「この報告書は、方向性を設定し、共通の基準とシステムを確立し、断片化を克服し、規模で革新の機会を醸成するための独立した調整手段の作成を提案する。報告書の提言に沿って、Ellen MacArthur財団は、クロスバリューチェーンのグローバル対話メカニズムとして行動し、新プラスチック経済への移行を推進するイニシアチブを確立する」と述べた。

 

 

太平洋の「ゴミ・パッチ」にはこれまで考えられていたよりも多くのプラスチックが含まれています

 

もう一つの不穏な  研究では、  ハワイとCalifornia-の間で、海の近く618000平方miles-場所は、以前の研究で近似よりも、どこでも4〜16倍以上のプラスチックからなることができる160万平方kilometers- Patch-グレート太平洋ごみを示唆しています。
この結論は、空中調査データとネットキャッチデータの両方を収集し、総負担を近似するコンピュータシステムモデルを作成することによって達成された。
これらの引用によると、プラスチック砂の密度は、渦の中心で1平方キロメートルあたり100キロを超えている間に、境界を囲む1平方キロメートルあたり約1キロメートルのプラスチックに近似される。
全体では、この1つのごみ箱には、78,082を超える負荷(79,000メートルロード)のプラスチックごみが含まれていると思われます。
おそらくは142,198トン(129,000メートル)です。
このゴミの4分の3以上は5センチ以上のものです。
全体の約8%がマイクロプラスチックと考えられています。

 

マイクロビーズとマイクロファイバーはまた、重大な環境上の危険をもたらす
ボトル入りの水が健康であるという考えは、よくある誤解です

 

この大規模な海洋ごみに加えて、マイクロファイバーとマイクロビーズもあります。
ミネラルウォーターに見られるマイクロプラスチックは生産工程の副産物とみなされていましたが、私たちのグローバルな水路は、環境を大いに脅かす衣服やパーソナルケア製品からのマイクロプラスチックで構成されています。
ボディーウォッシュ、フェイシャルスクラブ、練り歯磨きに含まれる小さなプラスチックペレットは、排水処理場を直進し、海の動物の頑固な腹に他の汚染物質のスポンジとして機能するプラスチックを充填します。
National Geographicの  報告によると、推定4,360ロットのマイクロビーズが、2012年にEUで販売された個々のケア用品に使用されており、そのすべてが排水溝に流されています。
2015年の研究では、  私たちの海の水の列を充填マイクロビーズのように多くの236000としてたくさんあるかもしれないと推定します。
2018年7月から は、米国で販売されている化粧品にマイクロビーズも  許可されません
2018年7月現在 、カナダでは個々の介護品のマイクロビーズに対する制限が効力を発揮していますが、EUはこれに対して何の措置も講じていません。
これは良いスタートですが、問題は依然として私たちの水路にすでにあるマイクロプラスチックを排除する方法を残しています

 

 

ナショナルジオグラフィックによって報告されたように:
“フランス漁船協会の調査結果から、「牡蠣は、より多くの藻類を食べ、より効率的に吸収する… マイクロプラスチックを吸収しています。

 

[その能力は、ほぼ半減している」…
フィルター給餌生物は、海洋の重要な構成要素である食物網、およびその崩壊は、数多くの栄養段階、おそらくは食糧源としてこれらの種に頼っている人間にとって、深刻な脅威を意味する可能性があります。
“サイズが100ミクロン程度のマイクロプラスチックスの場合、ボトル入りの水サンプルは、水道水サンプル(4.45)よりも1リットルあたり約2倍のマイクロプラスチックを含んでいました…
既存の科学研究によれば、食品や飲料で消費するプラスチック粒子あなたの体と数多くの異なる方法で相互作用するかもしれません…

 

環境汚染につながるアクリル繊維
衣類から放出されるマイクロファイバーに関しては、アクリル繊維が最も多く放出される  。
テストで  は  、合成フリースジャケットを洗濯するごとに1.7グラムのマイクロファイバーが放出され、ジャケットが古くなればなるほど、より多くのマイクロファイバーが放出されます。

 

さまざまな種類のデバイスでは、衣服からさまざまな量の繊維や化学物質も放出されます。
最先端の充填機   よりもマイクロファイバーが約530%多く放出されています。
これらのマイクロファイバーの約40%が排水処理場を離れ、周囲の湖沼、河川、海洋に達します。この問題に対処するために、科学者は   デバイスメーカーに、マイクロファイバーをメーカーに取り込むためのフィルターを組み込むよう促している。

 

Wexcoは、現在、洗濯装置の排出物から非生分解性繊維を捕捉するように設計されたFiltrol 160フィルターのユニークな販売店です  。
それにもかかわらず、繊維はむしろゴミダンプに巻き込まれるため、長期的には問題を解決することはできません。
洗浄中に発射されたマイクロファイバーは、実際には  水ノミの死亡率を上昇させ、カニ、ワーム、およびラングストーン(ノルウェーのロブスター)の食物摂取量を低下させ、その発達および生存率を脅かすこと  が明らかにされている  。

 

驚くことではないが、マイクロプラスチックおよびマイクロファイバーは同様   に魚のプラスチック汚染に関連している。
魚や他の海の動物はすぐに両方を消費し、研究はこれらのプラスチック粒子が生物蓄積する傾向があることを示し、食物連鎖の上にある動物の体内にますます集中しています。
そして、これらの毒性物質の多くは脂肪に結合するため、体内の汚染物質がより迅速に生物蓄積することが可能になり、食物連鎖を上がるにつれてますます増加する量に達します。これらの化学物質は、肥満および免疫機能の低下を含む魚および他の魚介類における内分泌攪乱の肝臓損傷、肝臓成長および兆候を引き起こすことが明らかにされている。 

 

 

どのようにあなたはボトル入りの水に入っているのか確認できますか?
一部の解決方法とは? 使い捨て文化は文化的愛情はなく、多くの破壊の痕跡を残しました。
より慎重な消費者になることによって今後の生活にマイクロプラスチックを取り入れなく出来ます。
あなたが購入した商品は使用中にどのように影響を与えるのか、そしてあなたが一度それを取り除くと、何が起こるのかを本当に信じてください。
現時点ではマイクロプラスチックを一切、取り入れない生活は不可能に近いですが、あらゆる種類のプラスチックゴミを減らすという目標に向けて、私たち一人一人が決定的なステップを選択する事ができます。

 

考慮すべきいくつかの推奨事項は次のとおりです。
-ペット ボトル入りの水は避けてください。
代わりに、あなたの家のための優れた水のろ過システムを購入し、ろ過された水道水であなた自身の再使用可能なボトルを利用します。(プラスチック汚染のない物に限ります)
以前のテストでは、ほとんどのボトル入りの水が、蛇口の水であることが明らかになりました。(アメリカの話です)
これは、追加のフィルタリングが行われたかどうかは関係ありません。
公共の蛇口の水で発見された267を超える毒性物質は、高品質のフィルターに投資し、どこにいても自分の水を取る価値があります。

 

  • すべてのものの使用を減らすプラスチック:プラスチックで作られていないか、プラスチックで包装されたものを購入する。
    関係する製品はほぼ無限大ですが、ここにはいくつかのアイデアがあります:◦食料品のリサイクル可能なショッピングバッグを使用する。

 

◦コーヒー飲料を楽しむときは、自分のマグカップを持ち、食品は、プラスチック製の容器や袋ではなく、ガラス容器やメーソン瓶に入れて保管してください。

 

◦自分の残っている容器を飲食店に持ち帰ります。

 

◦ドライクリーニングではラッピングをしないでください。 – マイクロビーズを含むパーソナルケア用品は避けてください。

 

マイクロビーズを含む品目の多くは、それらをラベル上で宣伝しますが、原材料リストに「ポリエチレン」または「ポリプロピレン」として記載されることもあります。
今年の夏にこの禁止が成立すれば、アメリカやカナダでマイクロビーズを使ったパーソナルケア製品を発見することはできませんが、それまでは目を開けておくべきです。あなたがEUに住んでいる場合は、それらを見つけます。
– フリースのようなマイクロファイバーの衣類を避け、可能な限りまれに清掃する。好ましくは、天然の無毒性染料で着色された100パーセントの有機衣類を探す。
– 可能な限りリサイクルしてください:できるだけ多くの製品をリサイクルして再利用したり、ポンドによってお金が支払われる地域の学校のための “プラスチック製の駆動”に参加してください。

引用先 neonnettle.com

 

※以上、現在多くのプラスチック製品の現状です
私は肌が弱く、ポリエチレン、レーヨンの製品は嫌いなので使わないようにしていますがコットンと合繊したものは触感が近いものがあるので多少は良いかな?と、思うこともありましたが洗うことで自然界を汚染しているとは全く気が付かなかったです。
しかも、日本の対応は全く無いことが問題です WHOで議論されている事なのにこのニュースは聞いたことも対策も知りません。
確かに合成繊維は人気があります 歯磨き粉、化粧にも使われていたりします ペットボトルの利用禁止はいきなりは無理ですがそろそろ使い捨て文化は我々全員、利益をもたらさない事を理解したほうが良い時期に入っています。
今後は生態系を壊さない、自然界環境を修復していくことが今後の人間にとって仕事になっていくのかもしれませんね 自然界を破壊しすぎて気がつくことが遅くならないことを願っています。


 

そう言えばガン(癌)って酸素がない所にしか生息、生きて行くことしか出来ないそうで・・

女性の健康 ナチュラルな方法でホルモン、サポートケアとは?

太陽光は体の治療薬なの?

 


 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »