fbpx

ワクチン接種をしない子供は健康ですワクチンのリスクとは?

Pocket

ワクチン接種をしない子供は健康ですリスクが大きい?

 

 

ハーバード研究は、ワクチン接種を受けていない子供がリスクを引き起こさないと証明しています
免疫学者が公開書簡で強制ワクチン論理を否定

 

私の名前はTetyana Obukhanychです。私は免疫学の博士号を持っています。
私は、承認されたワクチンの理論と新しい科学的知見によって支持されている公平でバランスの取れた理解を策定するために、ワクチンに関するいくつかの一般的な誤解を修正することを期待してこの手紙を書いています。

 

 

ワクチン接種を受けていない子どもたちは、ワクチン接種した子どもよりも脅威が高いですか?

 

 

良心のために子供に予防接種をしないことを選択した人々が残りの国民を危険にさらしていることがしばしば述べられており、これは現在、ワクチン免除を終了させる法律の根底にある理論的根拠である。
現代の多くのワクチンによってもたらされる保護の性質(そしてCDCが子供のために推奨するほとんどのワクチンを含む)は、そのような声明と一致しないことに注意してください。私は病気の伝染を防ぐことができない推奨されたワクチンが設計されていないか、  感染の伝染を防止する(むしろ、病気の症状を予防することを意図している)か、またはそれらが非伝染病用であるためである。
下記のワクチンを受領していない人々は、一般の人々にはそれよりも高い脅威を与えないので、公立学校の環境では予防接種を受けていない子供に対する差別が正当でない可能性があります。

 

 

IPV(不活性化ポリオウイルスワクチン)は、ポリオウイルスの感染を防ぐことができません (科学研究の付録、項目1参照)。野生ポリオウイルスは、少なくとも20年間、米国では存在しなかった。
たとえ野生ポリオウイルスを旅行によって再輸入したとしても、IPVによるポリオワクチン接種は公共スペースの安全に影響を与えることはできません。
野生型ポリオウイルスの根絶は、異なるワクチン、OPVまたは経口ポリオワクチンの使用によるものです。
野生ポリオウイルス感染を予防することができるにもかかわらず、OPVの使用は、安全性の懸念から、米国ではずいぶん前倒しされ、IPVで置き換えられました。

 

 

破傷風は伝染性疾患ではなく、むしろC.tataniの  胞子で汚染された深い穿刺創から得られる  。破傷風のワクチン接種(DTaP併用ワクチンによる)は、公共空間の安全性を変えることはできません。個人の保護のみを目的としています。

 

 

ジフテリア毒素の病気を引き起こす影響を防ぐために意図されているが、ジフテリアトキソイドワクチン(DTaPワクチンにも含まれる)は、ジフテリア菌の定着および伝染を防止するようには設計されていない  。
ジフテリアのワクチン接種は公共スペースの安全性を変えることはできません。同様に、個人の保護のみを目的としています。

 

米国で現在使用されている無細胞百日咳(aP)ワクチン(DTaP併用ワクチンの最終要素)は、1990年代後半に全細胞百日咳ワクチンに取って代わり、前例のない百日咳の再発が続いた。霊長類における意図的な百日咳感染の実験では、aPワクチンはB.ペルツシスの定着および伝染を防止することができないことが明らかになった   (科学研究の付録2参照)。FDAは、この重要な発見に関する警告を出しました。[1]

 

 

さらに、CDCの科学顧問委員会の2013年会合では、現在米国で流行している百日咳変異株(PRN陰性株)が、DTaPブースターの最新のものを感染させる選択的優位性を獲得した(CDCドキュメントの付録を参照してください、アイテム#3)、最新の人々があることを意味  多くの  人々は、ワクチン接種でない人よりも、感染する可能性が高いため、伝染性。

 

H型インフルエンザ菌の多くのタイプのうち  、Hibワクチンはタイプbのみをカバーする。Hibワクチンの導入は、症候性および無症候性(無病)のHib輸送を減少させるという唯一の意図にもかかわらず、Hbワクチンの導入は誤って他のタイプのインフルエンザ菌  (a型〜f型)に向かう株優位をシフト  させた。子どものHibワクチン接種の時代に、成人での重症度が高く、発症率が高かった(科学研究の付録、項目#4を参照)。
Hib予防接種キャンペーンの開始前より一般の人口が侵襲性疾患に対してより脆弱である。Hibの予防接種を受けていない子供に対する差別は、非型b型インフルエンザの時代には科学的に意味をなさない  疾患。

 

 

B型肝炎は血液由来のウイルスです。
特に、針の共有や性行為など、リスクの高い行動に参加する可能性の低い子供たちの間では、地域社会に広がることはありません。B型肝炎の子供に接種しても、公共スペースの安全性を大きく変えることはできません。さらに、慢性B型肝炎キャリアである子供の入学は禁止されていません。単にワクチン接種を受けずにB型肝炎に感染していない人々の入学を禁止するには、不合理で非論理的な差別を構成することになります。

 

 

要約すると、良心の理由によりIPV、DTaP、HepB、およびHibワクチンを接種されていない人は、その人である人よりも公衆に特別な危険を及ぼすことはありません。
差別は保証されません。

 

重篤なワクチン副作用はどのくらいの頻度で起こるのですか?
ワクチン接種はめったに重大な有害事象につながることはしばしば述べられている。
残念ながら、この声明は科学によって支持されていません。カナダのオンタリオ州で行われた最近の研究では、12ヶ月間の予防接種を受けた168人の子供のうち1人、18ヶ月間の予防接種を受けた730人の子供のうち1人がワクチン接種を受けることが実証されました研究、項目#5)。

 

 

乳児の予防接種後にER訪問を必要とする有害事象のリスクが明らかに高い場合、ワクチン接種は、一般的な病気から子供を守るために、軽度のものか、子供たちが決して暴露されることはないと考えられています。

 

 

良心のためにワクチンに反対する家族に対する差別は、麻疹などの伝染性のウイルス性疾患の将来の発症を予防することができますか?

 

 

研究者は、長い時間のために気づいていた麻疹私はポーランド&ヤコブソン(1994)による記事「麻疹排除の目標を達成するために失敗:免疫し者における麻疹感染の見かけのパラドックス。」から引用「麻疹パラドックス。」

 

 

 「明らかなパラドックスは、麻疹の予防接種率が人口の中で高水準になると、麻疹は予防接種された人の病気になるということです」[2]

 

さらなる研究では、「麻疹パラドックス」の背後にあるのは、低ワクチン接種者と呼ばれる集団の一部であることが判明しました。低反応者とは、麻疹ワクチンの初回投与にあまり反応しない人である。その後、これらの個体は、その後のREワクチン接種に弱い免疫応答をもたらし、完全にワクチン接種されているにもかかわらず、2〜5年以内に「感受性」のプールに迅速に戻る。[3]

 

再ワクチン接種は低反応性を是正することができない:それは免疫原性形質であるようである。[4](「現在進行中の研究では、ワクチン接種後の血清反応(麻疹のための)は、HLA内の遺伝子多型が抗体レベルに有意に影響することを示唆している。)   低反応者の割合は、米国では4.7%と推定されている。[5]

 

ケベック、カナダ、中国の麻疹流行の研究では、ワクチン接種の順応率が最も高い(95〜97%、さらには99%、科学研究の付録の項目#6と7)時でさえ、これは、高ワクチン応答者であっても、ワクチンに誘導された抗体が経時的に低下するためである。ワクチン免疫は、自然曝露後に得られた生涯免疫と同等ではありません。

 

急性麻疹を発症したワクチン接種者は伝染性であることが報告されている。実際、2011年には2つの主要な麻疹の流行(カナダのケベック州、ニューヨーク州のニューヨーク)が以前にワクチン接種された個体によって再輸入された。[6][7]

 

これらのデータを総合すると、現在のところ少数の家族のみが利用しているワクチン免除の廃止は、病気の再発の問題を解決したり、以前に排除された病気の再輸入や流行を防ぐことができないことが明らかになった。

 

 

良心的なワクチンの異端者に対する差別は実用的な唯一の解決策ですか?
最近の米国の大流行(最近のディズニーランドの流行を含む)の大半は成人で非常に若い赤ちゃんであるが、予防接種前の時代には、麻疹は主に1歳から15歳の間に発生した。麻疹に対する自然暴露は、ワクチンの免疫力は時間の経過と共に低下し、成人は子供の頃のショットで保護されなくなります。麻疹は幼児や成人の方が就学年齢の子供よりも危険です。

 

ワクチン接種前の時期に暴露される機会は多いものの、妊婦の免疫伝達機構が強く、1歳未満の乳児では麻疹は実際には起こりませんでした。非常に若い赤ちゃんの今日の麻疹に対する脆弱性は、幼児期に予防接種を受けた母親が安全な学齢期に自然に麻疹を経験せず、生涯を確立することができなかった過去の大量予防接種キャンペーンの直接的な結果です免疫は彼らの乳児にも移され、生後1年間は麻疹から保護される。

 

幸運なことに、今や侵食された妊婦の免疫を模倣するための治療的なバックアップが存在する。幼児は他の脆弱なまたは免疫不全の個体と同様に、免疫グロブリンを受ける資格があり、暴露時の病気の予防または改善のためにウイルスに対する抗体を供給する救命措置の可能性がある(付録、項目#8参照)。

 

 

まとめる と、1)現代のワクチンの特性のために、非ワクチン接種個体は、ポリオ、ジフテリア、百日咳、および多くの非型b型  インフルエンザ 予防接種を受けていない個体と比較して、ワクチン接種を受けていない個体は、学校環境でB型肝炎の伝染の危険性はほとんどなく、破傷風はまったく伝染しません。2)幼児期の予防接種の後、救急室の訪問のリスクが有意に上昇する。予防接種はリスクフリーではないことを証明する。3)ほぼ完全なワクチン接種を受けたとしても、麻疹の発生を完全に防ぐことはできません。4)ワクチン接種不能の幼児および免疫不全の免疫グロブリンにおける麻疹および他のウイルス性疾患を予防する効果的な方法は、これらの疾患に曝される可能性のある人に利用可能である。

 

この4つの事実を総合すれば、良心的な異議申立人のワクチン状況が過度の公衆衛生上のリスクを負わないため、良心の理由で予防接種を受けていない子供に対する公立学校の差別は完全に不当であることが明らかになっている。

 

Tetyana Obukhanych博士は、ワクチンのイリュージョンという本の著者です  。彼女は世界で最も権威のある医療機関で免疫学を学んだ。彼女はニューヨークのロックフェラー大学で免疫学の博士号を取得し、ハーバード大学医学部、ボストン、マサチューセッツ州およびカリフォルニア州スタンフォード大学でポスドクトレーニングを受けました。

 

引用先 http://www.neonnettle.com/news/

※上記にか書かれている通りワクチンに関する研究をしている方の話の内容です。
簡単に言うとワクチン接種をしない子供の方がワクチン接種をしている子供より健康である率が高いと言っています。
ワクチン接種後、重度副作用が起きる可能性があるからです もちろん可能性です少数の子供、多分ですが接種した子供の中でも抵抗力の弱い子供が被害に遭う可能性が高いのではないのでしょうか?

ワクチンにありえない成分に水銀・アルミニュームなどが別の研究で報告されています。
日本では現在、強制的にワクチン接種を義務付する動きがあります 海外では強制の国も多いのです。
ワクチン接種をしないと他の生徒達に病気の感染の恐れがあると拒否されているようですが・・
単純な考えですが、拒否していない接種した子供は抗体が出来ているのだから問題ないはずなのです。

 

インフルエンザワクチンを摂取すると体の中でインフルエンザ菌が何倍にも増えて私生活で撒き散らしていると研究で報告されているのですがそれを利益としてる製薬会社の圧力でワクチン接種は今も続いています。

 

 

本来なら自然療法で体の抵抗力を強化することで病気を寄せ付けない体にすることが大切だと思います。
麻の成分CBDは体の循環を司るホルモンをサポートしてくれる成分です 海外の研究で確認されています。
体の抵抗力、循環に影響のあるCBDを体感してみてはいかがでしょうか?

 


 

ワクチンに自閉症を起こす物質が含まれている?

 

癌は治療可能? 隠し続けたロックフェラー研究所とは?

 

有害な薬、知らずに使い続ける私達・・その薬とは?

 


 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »