fbpx

ワクチン接種を拒否する医者に医療免許取り消し?

Pocket

ワクチン接種を拒否する医者に医療免許取り消し?

 

 

アメリカ・カリフォルニア州の年齢の低い子どもたちにワクチン接種は危険と考えている小児科医ボブ・シアーズさんは、35ヶ月医療的な保護観察処分を受けたそうです。
一時、医療ライセンスを取り消すとまで言われたそうです。
彼はワクチン接種が子どもたちにとって危険という考えのもとにワクチンを利用していませんでした。
現にワクチン接種で命を落としたり、重い症状を発症する子供があることも事実です。

 

インフルエンザワクチン接写を研究している科学者は接種しても50%以下の割合しか効果が出ていないと報告しています。
他にもワクチン関連で接種する必要が無いと思うような研究報告や死亡事故が大手メディアで報じられるのではなくネットの一部の報告で知られています。

 

結果を言いますとワクチン接種は必要としないのです。
私が断言しているのではなく、ワクチンに詳しい医者、研究者が断言しているのです。
今回、アメリカで問題の多いワクチン接種をしないようにしていた医者が監視されました。
ワクチンを問題視する人たちのおかげで彼は医師免許を剥奪されずに済んだみたいです 交渉の上での保護観察らしく、ワクチン問題が浮上していなければ彼は医師免許を取り消されていたはずです。
まだ、ワクチンは安全であると疑問視しない方が多く、今後は世界的にワクチン問題に気づく方が多くなり、ワクチンの今後の扱いが変化する流れになるとは思っています。
下記はワクチン接種を回避していた医師の記事を紹介します。

 

 


 

 

ワクチンの批判を受けたカリフォルニア州の医師は、2歳の少年をすべての小児の予防接種から免除するために処罰される

 

カリフォルニア州の医療委員会は、カリフォルニア州の激しいワクチン討論が今後どのように行われるかを示す決定で、オレンジ郡の小児科医ボブ・シアーズ(Dr. Bob Sears)に35ヶ月間の保護観察を命じた。ワクチン。

 

2016年に、ボードは、すべての小児の予防接種から免除された2歳の少年の医者のメモを間違って書いたため、Searsの医学ライセンスを取り消すと脅しました。今週、医療委員会は、より少ない罰で和解しました。

 

シアーズは薬を練習し続けることができますが、年間40時間の医療教育コースと倫理クラスを義務づけられ、仲間の医師によって監視されます。彼はまた、命令を執行し、医師のアシスタントや看護師を監督することが許可されていないすべての病院および医療施設に通知しなければならない。

 

医者の支持者たちは、批判者が国家が単に彼を叱責する以上のことをしたことを喜んでいる間に、彼はもっと厳しく罰せられなかったという救済を表明した。

 

UCヘイスティングス法律学者のドリット・リイス教授は、「これは簡単な決断ではなく、手に叩かれることではない」と語った。「実際に彼は練習する能力を強く制限している…彼は今監督下の医師だ」

 

医師会によると、彼は子供のワクチンの歴史のような基本的な医療情報さえも取らずに、若い男の子のためにワクチン免除を書いたので、熱い水の中に身を置いた。彼は息子が泌尿器機能を失ったと言い、少年の母親の言葉を借りて、前の予防接種に応じて麻痺したと提出した。

 

シアーズは彼の事件を解決したので、裁判に行く必要はありませんでした。保護観察は、カリフォルニア州の医師が不正行為を主張した場合に最も一般的な刑である。昨年度の取締役会では、57の免許を取得し、197人の医師の保護観察を行った。

 

 

「多くの両親が自分自身を含めて、シアーズ博士が彼の練習を維持し、彼に頼る患者にサービスを提供し続けることを安心させる」と、代替ワクチン計画を支持する弁護グループの一員であるレベッカ・エステップ氏は述べた。

 

しかし、シアーズの戦いは終わったようではない。Facebookの金曜日の記事で、彼は何らかの不正行為を否定した。

 

「私の患者の話を聞いて、親が彼女の赤ちゃんに起こったことを信じるのは私の仕事ではないのですか?すべての医者が患者さんと何をしているのではないのですか?」シアーズ氏は書きました。”結局のところ、私は子供がより多くの害を引き起こす可能性のある治療を受けることを望んでいません。私はまず、毎回害を及ぼすつもりはありません。

 

シアーズはまた、医療委員会には、不適切なワクチンの免除を書いていると非難している4件がさらに並んでいるという。医療委員会の関係者は、調査は機密扱いであり、シアーズに対してより多くの事件があることを確認できないと述べた。

 

「私の医学的なキャリアのために私に保護観察を続ける試みがあるようだ」シアーズは書いた。

 

近年、カリフォルニア州におけるワクチンの免除は、予防接種の議論の中心的な部分となっています。

 

ディズニーランド発祥の麻疹の発生後、カリフォルニア州は2015年に厳しい接種法に合格しました。SB 277と呼ばれる新しい法律は、両親が児童の予防接種を中止するために宗教的または他の個人的な信念を引用するのを防止します。今すぐ子供たちがショットを持っていなければ、医師のメモが必要です。

 

この法律は、カリフォルニア州に子供たちに予防接種をしないという医学的理由があることを義務付けている州を3州のみに限定しています。新しい規則の下で、医師は医療免除の対象となるものを決定する。

 

一部の公衆衛生擁護派は、喘息や乾癬などの皮膚状態の子供のために免除を書くことをオンラインで宣伝している医師を批判している。

 

 

多くの人がシアーズ事件を見て、カリフォルニア州が子供に対する免除を書いている医師たちをどれほど積極的に巡回するかを調べました。

 

サンタモニカの小児科医、ジェイゴードン博士は、「シアーズをサポートしている医師、ジェイゴードン博士は、次のように語っています。「この問題では、医学的免除に関する法律はかなり明確だと思う。患者を最もよく知っている医師の手に委ねられている」

 

予防接種を免れるために個人的な信念を挙げていた何千人もの親が、法律が施行された後、子供たちにワクチン接種を受けさせ、ワクチン接種率全体を押し上げました。しかし、一部の学校では、予防接種を受けた子どもたちが危険なほど低率を維持しています。

 

 

プロワクチン擁護団体であるCalifornia Immunization CoalitionのCatherine Martin氏は、Searsの決定は、他の医師が医療記録を確認せずに免除書面について2度考えるようになると予想していると語った。

 

マーティン氏は、「一時停止を許し、これが受け入れられないことを理解するのを助ける」と語った。「医療委員会がこれらの違反行為を真剣に受け止めていることを示していると思う」

 

国家医療委員会によると、シアーズの調査を開始した訴状に加えて、過去3年間に不適切に書面を免除されたと非難された医師に対して、50以上が提訴されている。およそ半分が懲戒処分なしに調査され、閉鎖されているが、他はまだ係属中である。

 

シアーズは、金曜日、彼の事件が進行中の間、ここ2年間は静かに疲れていたと語った。彼は、強制ワクチン接種の法律がなくなるまで戦うだろうと付け加えた。

 

「重篤なワクチン接種を受けた家族に与えられた免除について質問した医療委員会を見ることは私には驚きだ」と彼は語った。”より多くの医師は患者、特に最も脆弱な患者に立ち向かう必要があります。私はこれらの子供のために立つつもりです。

 

引用元 latimes.com

 


 

発見! 女性はあらゆる男性からDNAを保存しています

 

少子化の原因は石油合成化学薬品汚染なのか?

 

インフルエンザのワクチン摂取で流行を自作????

 


 

 

            

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。
 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »