fbpx

米国の上院は大麻栽培を合法化することに投票する

Pocket

米国の上院は大麻栽培を合法化することに投票する

 

どうやら、アメリカの上院でアメリカ連邦として大麻を合法化する動きが活発になっているみたいです。
今までは州の法律で利用可能な州はありましたが今回は連邦自体が大麻を認めるのです。
アメリカが大麻を容認、全面開放すると世界的に流れが大麻を開放する動きになっていきます。

 

現在、国連でアヘン、ヘロイン等の危険な向精神薬と同じ扱いを受けている中に大麻が入っています。
国際法である国連の麻薬に関する国際3条約 これに日本の法律を合わせているわけですが大麻は法律で抑制するような化学成分を含む植物ではないのです。
国際法制定後、間違いであることが判明していますこの法律を変えようとする動きがあったのですが、変わらずに今まで来ました。

 

しかし、現在世界の潮流は大麻に有利な流れになっています。
石油化学合成薬は使えないことが判明しています。
昔のように自然薬の流れに戻り始めているのです。
近い将来、国連の国際法が変わる時が来ます 日本も合わせて法律が変わることになるでしょう
その時、化合物としてアルコールより症状がひどくなく、依存症はカフェイン程度の大麻を今まで正しい情報を流布してこなかった日本政府の対応が楽しみです。

 

医療機関の独占利益のために規制されてきた薬用成分も解禁されていくことになると思います。
理由は家庭療法を推奨していく流れになるからです。
健康保険は治療するために助かりますが、家庭で治療する程度の病気も病院で治療しています。
薬は石油化学合成薬から生薬に替わり、正しい情報が簡単に得られる時代になっていきます。
家庭菜園でも育てることが出来なかった植物も開放されて自宅で栽培して自宅で治療、それを使った健康促進が出来るようになります。

 

今までは病気になったら病院へ行くことは普通でしたが、今後は健康保険の見直し、自己治療、自己管理を強化する流れになりそうです。
大きな病気以外は自宅の生薬を使い治療する日が来るのかも知れません

 

下記内容はアメリカで起きた話の紹介です。
上院で大麻栽培の合法化を選びました。
今や、世界中で大麻完全解禁の流れが起きていますついに大麻禁止の大本となるアメリカが解禁する流れに着手しました。
非常に喜ばしいことです 今の非常識を未来は常識であった時代に取り戻そうとしています。

 


共和党大多数の下で、米国の上院は全国の大麻栽培を合法化することに投票する

 

共和党員の重要な目標の1つは、政府を制限し、不条理な規制を終わらせ、農民を自由にして全国の経済豊富にすることです。
米国上院議員の大統領ミッチ・マコーネル(R-Ky)が率いる驚くべき動きで、米国上院は麻の禁止を終結させ、全国の農民が大麻を栽培できるようにする法案を可決した。

 

「この法案は、麻薬を合法化し、管理された物質の連邦リストから取り除き、農産物として販売することを可能にするだろう」とThe Hillは報告する。

 

これは、トランプ大統領が最近、連邦レベルでマリファナの禁止を終了するように働くと発表したことの上にあります。

 

同時に、FDAは、精製カンナビジオール(CBD)で作られた最初の大麻由来の処方薬を承認しました。
この承認と並行して、連邦政府機関は、連邦レベルでスケジュールIの地位からCBDを削除する予定であるとされており、CBD医薬品を全国的に合法的に販売することができます。
(はい、ビッグファーマのお金がかかると政府が何かを合法化するのが面白いかどうかは魅力的ではありません…)

 

共和党員のおかげで、米国の農家のための「黄金時代」がすぐ近くにあるかもしれない
米国の上院の麻の農業生産の非腐敗化は、米国の農民にとって経済的豊富な黄金時代を引き出す可能性がある。
麻農業は、麻種子、麻油、麻タンパク質、麻繊維、および文字通り数百の派生製品を生産することができる。
現在、米国では麻薬禁止法が間違っていますので、これらの製品はすべてカナダまたは他の国から輸入されなければなりません。
米国の下院がこの合法化法を通過する上院に加盟すれば、アメリカ全土で真の農業革命(そして麻製品のコスト低下)を見ることができた。

 

しかし、この活動では、まず、マリファナの犯罪化を招いた大量の宣伝詐欺を修正するのに80年以上かかるのはなぜですか?そして、深い国家は何十年もの間に宣伝をいかに効果的に維持しましたか?ところで、今日のロシアの共謀詐欺は、いくつかの手掛かりを提供しています。
もしFBI、DOJ、そして左翼のメディアがすべてうそを繰り返すことがあれば、国の半分がそれを信じます。

 

偽のニュースメディアは、自然療法、薬草療法、抗がん栄養について嘘をつくように、ほぼ1世紀にわたり大麻について嘘をついてきました。
正直言って、マリファナが人々を狂ってしまうという長期的な信念は、1930年代からの偽のニュースでした。
偽のニュースは、私たちが雑草のように成長する自然薬へのすべてのアクセスを否定するように、長い間、施設によってプッシュされてきました。
そして今、彼らはあなたのような読者のおかげで世界的に起こっている目覚めの潮流をもはや止めることができなくなるので、ただそれを合法化するだけです。

 

 

引用先 natural.news

 

 


 

ボトル入り飲料水で発見有毒マイクロプラスチックとは?

 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

CBDクリスタル、結晶とは? 使い方は?

 

 


 

 

     

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。
 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »