fbpx

CBDオイルは少女の命を脅かすタイプの癲癇から救う

Pocket

CBDオイルは少女の命を脅かすタイプの癲癇から救う

 

 

てんかん
100人の内、0.5人~1人の割合で存在します 0.5%~1%これは世界的に見て地域差があるわけではないそうです 世界的に均一の数字なので環境変異ではないみたいです。

 

てんかんにも軽いものから深刻なもの、時間が経つと症状が出なくなるもの多数あるそうです。
詳しくないので詳細は省かせていただきます 今回紹介する記事はてんかんでも重度の発作を起こす癲癇の話です。
彼女は重い発作に苦しみ、今後発作が続くことで命が絶たれる可能性があったこと、両親がCBDオイルを利用したことで脳関門を通過できるCBDの効果が出て、一命を取り留めることが出来たお話です。

 

CBDオイルはアメリカでは医療大麻を材料にしたものもあるため日本の茎を完熟させて抽出したCBD成分メインのCBDオイルを利用したのかは不明です。
多分ですがCBDオイルは完熟させる麻を使うことが多いので精神作用のあるTHCが少なく、子供にも利用しても安心な成分がおおいため使った可能性があります。
現在のアメリカでも医療として大麻を認証している州は増えています 医者の処方箋が必要ですし扱いも制限されているのが現状です。
※トランプ大統領は大麻規制を完全撤廃すると宣言しました。

 

 

医療大麻はTHC成分が多いので年寄りから幼児まで幅広く利用することは懸念されます。
CBDオイルは医療大麻の代わりに利用できる成分になると思います 今後も研究、現場で新たな発見が続く麻の成分CBD、THCは新たな医療として使われていくことになると思います。

 

 

 


カナビス油(CBD)は、まれな型のてんかんに起因する生命を脅かす発作を抱えることから12歳の少女を救いました。今年の初め、トゥーソンの体操競技会で、ルーアンは嘔吐を開始し、足のすべての感情を失いました。

 

「彼女の4回目のイベントで、彼女はちょうど動くことができなかった。彼女は歩くことができませんでした。彼女はちょうど疲れていて、うんざりしていませんでした」Maryann Estrada-Lujan Annalizeの母親はKVOAに語った。

 

彼女の両親がツーソンのバナー大学医療センター(UMC)に彼女を連れて行ったとき、アンナライズは胃のバグと診断され、帰宅しました。しかし、次の夜、彼女は最初の発作を起こしました。Annalizeの両親は、娘の健康状態を懸念し、彼女をUMCに戻しました。再び、彼女はそれ以上の治療をせずに帰宅した。翌朝、彼女の状態は急速に悪化し、少女はより多くの発作に悩まされた。

 

彼女の両親が彼女を病院に追い越したとき、12歳は激しい発作に陥った。彼女の母親によると、彼女は生命維持に苦しみ、脳を損傷から救うために昏睡状態になった。2週間半後、フェニックスの小児病院に移送され、そこでは医師が発熱性感染症関連てんかん症候群(FIRES)と呼ばれる非常にまれなてんかん症候群と診断されました。

 

Annalizeの父親が指摘しているように、100万人の子供のうち1人だけがこの症候群に罹ります。専門家は、普通の寒さや胃のウイルスが脳や自己免疫系に広がった後に、このほとんど理解されていない状態が起こると信じています。

 

これは通常、子供が軽度の発熱を経験してから2週間後に始まります。FIRESは、患者が発作を継続するまですぐに悪化し、一部の小児では1日に100回の発作が起こる。これらの絶え間ない発作が脳傷害および死に至ることがあるので、医師は彼女を誘発した昏睡状態に置かなければならなかった。

 

 

48時間未満のCBD治療後に昏睡状態が解消された
彼女を生計に戻すために、医師は発作を抑える方法を見つけなければならなかった。残念ながら、通常の抗てんかん薬は、この非常にまれな状態では機能しません。これにより、Anneliseの母親は、娘の命を救うための別の方法を研究することになりました。

 

彼女の検索中、彼女はカンナビジオールまたはCBDオイルと呼ばれる大麻由来の薬物を見つけました。そのガンと戦う性質が知られているリック・シンプソンの麻のオイルとは異なり、CBDオイルは大麻を生成する物質であるTHCのレベルが非常に低い。

 

この時点で承認されておらず、他の経路もないため、Annalizeの医師はFDAとDEAを通じてCBDの承認を急がなければならなかった。現在、コロラド州、ワシントン州、アラスカ州、オレゴン州、ネバダ州、カリフォルニア州、メイン州、マサチューセッツ州では、医療用およびレクリエーション用の大麻が合法です。

 

彼女の最初のCBDオイル治療から48時間以内に、12歳の女性は一定の発作を治し、目を開いた。

 

“彼女は目を開いて、彼女は怖がっていた。彼女は恐れていた。彼女は泣いた。そして、私は彼女が非常に強く、彼女は美しく、彼女は強く、彼女は呼吸を維持する必要があったと彼女にささやいた、と彼女は、 “Maryannは言った。

 

Annalizeは更なる回復のために病院に残っているが、彼女が以前に持っていた認知機能を回復するために、カンナビジオールオイルはこの少女の命を救った。

 

デイリーメールオンラインは、ニューヨーク大学の科学者とグレートオーモンド・ストリート小児病院は、CBDは、Dravet症候群で18歳未満の子供には50%近くで痙攣発作を減らすことができることを発見した画期的な研究を報告しました。てんかんの別の稀で重度の形態。

 

専門家はそれを治したいとは思わないが、発作を防ぐために毎日服用し続ける必要があるため、CBDオイルはてんかんに罹患している約300万人のアメリカ人に希望を与える。これらの人々の3分の1では、標準的なてんかん薬は症状をコントロールするために働かない。彼らは良いよりも害を及ぼすかもしれません。

 

マリファナの医学的使用を取り巻く多くの論争がまだあるが、より多くの人々がその驚くべき治癒効果を発見している。Annalizeの家族は、まれな状態とCBDオイルの使用についての意識を高めるためにGoFundMeページを開始しました。

 

 

 


 

ワクチン接種をしない子供は健康ですワクチンのリスクとは?

 

インフルエンザ摂取後すぐに子供達は倒れました何故?

 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

 


 

 

              

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。
 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »