fbpx

CBDオイルの利用で慢性疾患の痛みを鎮静するのか?

Pocket

CBDオイルの利用で慢性疾患の痛みを鎮静するのか?

 

 

 

海外サイトの情報です。
海外では大麻解禁ニュースで麻の茎成分のCBDも紹介され始めたみたいです。
大手メディアは日本でもアメリカでも肝心な情報は流していないみたいですね・・今の医療を存続させようとする勢力がまだ強いので生薬の成分を認めさせないように仕向けています。

 

医療ドラマもそうですこれもある意味現状の医療方法に疑問を投じるようなドラマは作りません
今の医療に都合の良いストーリーです。
今後は医療が西洋医学一辺倒ではないことをドラマでも演じられる日が来るかも知れません 今は製薬会社が大きいのでその圧力で無理ですが・・

 

話は変わりますが本文中に
米国政府は、CBDに関する抗酸化物質および神経保護物質として特許を取得しており、その抗癌効果に関する研究が進行中である

アメリカ政府が持っている特許です 今後、医薬品として薬扱いにして医療で処方する方向に向かうのか?
大麻を完全に自由に育てて利用できる植物にするのかはアメリカのさじ加減なのかも知れませんね
今の所、カナダに引き続き、アメリカも大麻を開放する手続きが進行中です。
アメリカが完全開放するなら日本も医療薬品として権益、権利目当てで大麻に群がるような事にならないとは思います。

今回、CBD成分を紹介しているサイトが有りましたのでご紹介致します。
海外の研究でCBDはTHCと違い精神活性化が無い事、体の伝達物質の調整を出来る成分です。
調整することで体の活性化、代謝の活性化で体を健康に導くそうです。
他にも今回紹介する慢性疾患について紹介があります御覧ください

 


 

どのようにCBDオイルの使用が慢性疾患の痛みの終わりを引き起こすか

 

一見すると、マリファナの精神活性化合物であるカンナビノイドの「欠乏」に起因する苦痛を受けている人々が、大麻愛好家の間で共有されている舌の頬のウィットシックを過ぎるという説がある。これは、植物ベースのカンナビノイドを欠乏を是正するために摂取することの示唆された “救済策”に照らして特に当てはまる。しかし、科学的証拠は、この理論が冗談ではないという事実を支持している。

 

エンドカンナビノイド系は実際に体内に存在し、この複雑な系の機能不全は、線維筋痛、偏頭痛、過敏性腸症候群のような治療困難な慢性疾患と関連している。そして、カンナビジオール(CBD)を使用することは、本物の救済を提供するための研究に示されています。

 

エンドカンナビノイド系は何をしていますか?
エンドカンナビノイドは、体によって自然に生成される脂肪酸には、2-アラキドニル – グリセロール – または2-AG-およびアナンダミドが含まれる。アナンダミドは、大麻のようなリラックス感や幸福感をもたらすことがあります。実際、この効果は著しく、研究者はサンスクリット語の後に化合物を「至福」と名付けました。

 

エンドカンナビノイド系の目的は、神経伝達物質の機能を調節するのを助けることである。アナンダミドはカンナビノイド受容体と結合して、睡眠、食欲、運動制御、痛みの知覚および免疫応答などの重要な機能を制御および補助する。そして、研究は、エンドカンナビノイドが神経障害を延長する神経伝達物質であるグルタミン酸を阻害し、それによって痛みを伴う症状の軽減を引き起こすことを示す。

 

 

臨床的エンドカンナビノイド欠乏症(CECD)は、慢性疾患と関連している
エンドカンナビノイド系の欠陥および機能不全シグナル伝達は、線維筋痛、片頭痛およびIBS などの状態に強く関連しており、これらの病気の人々は、脳、腸および筋骨格系においてアナンダミドの量が有意に少ないことが研究によって示されている。

 

CECDは、多発性硬化症、パーキンソン病、ハンチントン病、喘息、うつ病、嚢胞性線維症、心的外傷後ストレス障害および双極性疾患のような多様な疾患の根幹にある可能性があるとの研究者もいる。

 

CECDは、遺伝と遺伝が役割を果たす先天性であってもよいし、胎児発達中に獲得されてもよい。傷害や感染の結果として出生後に発症することもあります。しかし、それは取得され、CECDは簡単に対処することができます。

 

最近の研究によると、植物ベースのカンナビノイドの摂取は、エンドカンナビノイド系のバランスを回復させ、CECDの症状を緩和するのに役立ちます。

 

 

カンナビノイドとカンナビジオールの違いは何ですか?
カンナビノイドは、マリファナの活性化合物である。精神活性作用を有するTHC-テトラヒドロカンナビノールは、CBDまたはカンナビジオールと同様に、カンナビノイドの一種である。THCは、CB-1として知られる脳および神経系のカンナビノイド受容体に正確に適合するが、カンナビジオールはCB-1として知られていない。

 

しかし、これはさらに有用であるかもしれない2つの事柄を達成します – それは有益なアナンダミドを分解する脂肪酸アミドヒドロキシラーゼ – またはFAAH – をも抑制しながらエンドカンナビノイドシグナル伝達を活性化します。

 

言い換えれば、FAAHを抑制することにより、CBDはアナンダミドを最適レベルに戻すのに役立つ。

 

CBDは心理的ではなく、人々に「stoned.(マリファナでハイになる、もうろうとする)」と感じさせるものではありません。実際には、嗜眠や不快感を含むTHCの感作効果を低下させる可能性もあります。※CBDはTHCの精神的高揚を打ち消す効果があります。

 

CBDには医療上のメリットがあります。
米国政府は、CBDに関する抗酸化物質および神経保護物質として特許を取得しており、その抗癌効果に関する研究が進行中である。

 

 

CBDは線維筋痛に関連する痛みを緩和する
研究によれば、低エンドカンナビノイドレベルは、痛覚過敏または痛みに対する異常に高い感受性を特徴とする線維筋痛に関連することが示されている。動物実験では、エンドカンナビノイド系に対して作用するアンタゴニストが線維筋痛症候群を引き起こし、アゴニスト(エンドカンナビノイド系の活性を促進する物質)が症状を予防または軽減するという理論につながることが示されている。

 

この理論は、大麻を受けた28人の線維筋痛患者が、大麻を受けていない対照群よりも痛みが少なく、剛性が低下し、弛緩が改善し、幸福が改善されたと報告された。

 

 

CBDは片頭痛緩和を提供する
片頭痛はセロトニン作動系とエンドカンナビノイド系の両方を伴うので、セロトニンの放出を阻害するカンナビノイドが片頭痛の症状を和らげることができると考えられる。さらに、片頭痛患者はアナンダミドのレベルが有意に低い。

 

片頭痛患者120人を対象とした調査では、頭痛の頻度は月に10.4から4.6に減少しました。

 

 

CBDはIBS患者、さらにはASD患者への希望を提供します
過敏性腸症候群はしばしば線維筋痛症および片頭痛と一緒に見出される。消化管の推進、分泌および炎症はすべてエンドカンナビノイド系によって調節されるので、CB受容体の標的化が助けになると信じる理由がある。

 

胃腸の問題を改善するために大麻を使用することは新しいことではない。19世紀以来、いくつかの自然療法師は、下痢を緩和するために定期的に推奨してきました。

 

CBDの有益な効果を支援する研究
2014年にNeuroendocrinology Lettersで出版された利用可能な医学研究のレビューは、臨床的エンドカンナビノイド欠乏と線維筋痛、片頭痛、IBSおよび他の状態と条件の治療における医療大麻の役割との関連を探った。

 

著者らは、カンナビノイドにドーパミン遮断作用および抗炎症作用を認め、化合物が痛みの原因となる脊髄、末梢および胃腸の機構を遮断する可能性があることに留意した。彼らは、根底にあるカンナビノイドの欠乏が実際に病気の役割を果たしていると結論し、その欠乏症はカンナビノイド薬で治療できると結論づけた。

 

線維筋痛症および他の慢性疾患は、不愉快で、困惑し、治療するのが難しい場合があります。エンドカンナビノイド系に関する最近のエキサイティングな研究、およびCBDの治療的使用は、これらの衰弱状態の治療および原因の両方を明らかにする可能性がある。

 

CBDがあなたのために適切かもしれないと思うなら、あなたに特化した治療法の開発を助ける知識のある医療提供者と治療について話し合う。

 

引用先 naturalhealth365.com


 

CBDは精神病を治療するとイギリス研究

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 


 

 

              

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。
 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »