fbpx

CBDオイルは慢性疾患の痛みを軽減する

Pocket

癲癇 イメージ

CBDオイルは慢性疾患の痛みを軽減する

 

 

カンナビジオール(CBD)はTHCに遅れて研究が始まりました。
THCは当初、精神活性化成分でがん治療効果があることに多くの人達が注目された成分です。
CBDは非精神活性化、利用しても少人数に多少の副作用が確認される成分で研究が遅れていました。

 

CBDの効果はTHCと同時に利用すると精神活性化を抑える効果、体の効果としては体の伝達物質の調整、バランスの取れた体調にしてくれる成分です。
慢性的な痛みを取ったり、細胞の炎症を抑える効果も海外の研究で確認されています。

 

今、非活性化成分のCBDがここに来て幅広い年齢に利用できる安全性に多くの人たちから注目されている成分になりました。
私は本来植物の持っている成分THCとCBDを療法取り入れる事が良い気がしますが、ここに来て炎症、痛みを抑える効果と天体で使うことで精神活性化をしない安全な成分であることに利用しやすい成分であると注目をされています。


 

 

医療用マリファナは、病気や病気のために、米国国家の数が増えて合法化されています。特に、CBD油は、一般的な大麻に典型的に伴う精神活性作用を伴わずに多数の病気を治療する能力のために、人気が高まっている。慢性的な痛みに苦しむ人々のために、CBDオイルは新しい希望感を提供することができます。

 

カンナビジオールまたはCBDは、大麻植物に見出される多くのカンナビノイド化合物の1つであり、この特定のカンナビノイドが特に痛みを和らげる効果があることが研究によって示されている。CBDオイルは、線維筋痛、片頭痛および痛みの原因となる他の状態に苦しむ人々に有望です。

 

CBDがよく知られていると思われるのは、おそらく、化合物が幼児の治療が困難な発作性疾患を治療する能力で注目を集めているからです。

 

 

CBDが痛みと戦う方法
CBDは、マリファナで見つかった多くのカンナビノイドの1つにすぎません。人間は独自のエンドカンナビノイドシステムを持っており、CBD(および他のカンナビノイド)がその効果を正確にすることができるのはこのシステムを通じてである。

 

情報源が説明するように、CBDは「エンドカンナビノイドシグナル伝達を活性化し、脂肪酸アミドヒドロキシラーゼ(FAAH)」という有益なアナンダミドを分解する酵素も抑制する」FAAHの抑制は、アナンダミドの増加を助けることができる。

 

研究は、カンナビスとエンドカンナビノイド系との相互作用が痛みを伴う患者を軽減することができることを一貫して示している。研究は、低レベルのエンドカンナビノイドが線維筋痛に関連していることを示している。エンドカンナビノイド系に対して作用する拮抗薬は、線維筋痛を増加させることが示されているが、アゴニスト(体系にプロモーション効果を有する)は痛みを軽減すると考えられている。

 

本質的に、CBDは脳や免疫系の受容体と相互作用し、炎症を軽減し、結果として痛みを軽減します。

 

線維筋痛患者の1つの研究では、大麻を投与された者は、「麻酔を受けていない対照群よりも、痛みが少なく、硬度が減少し、弛緩が改善し、幸福が改善された」と報告している。

 

しかし、それはカンナビノイドの恩恵を受けることができる線維素症患者だけではない。最近の120人の片頭痛患者の研究では、CBD補給が片頭痛の頻度を約50%減少させることが判明した。

 

研究によると、CBDは過敏性腸症候群(IBS)、多発性硬化症(MS)、不眠症および関節炎で苦しむ人々にとって有益であり得ることも示されている。また、痛みや吐き気のようながんやがんの症状を緩和するのにも役立ちます。

 

痛み軽減以外の利点
痛みの軽減は大麻とCBDの主要な特質ですが、それは確かですが、そのメリットはそこで終わらないのです。ビッグファーマの主力鎮痛剤とは異なり、CBDは中毒リスクが高く、健康リスクはほとんどありません。全国的な中毒の流行を促したオピオイドと比較して、大麻は子羊に似ています。

 

CBDおよび大麻で禁断症状のリスクが非常に低い。報告されている最も一般的な「撤退効果」は、元の疼痛症状の復帰に関連している。

 

 

従来のがん治療の症状を緩和することに加えて、CBDのような大麻とその化合物は、癌そのものと戦うことができることが研究によって示されています。今年の初め、ある勇敢な女性が、CBDオイルサプリメントで彼女の乳がんを治療した驚異的な成功について話をしました。Dee Maniさん(44歳)は、治療のわずか5ヶ月で癌がなくなったと言いました。

 

多くの人々が、 CBD油のような植物ベースの代替品に賛成して、従来の医学を捨てることについての成功事例を発表しました。

 

非常に多くの証拠があり、なぜ米国政府が大麻とその薬効成分に対する姿勢を変えるのが遅いのかを想像するのは難しいです。で、この漢方薬の不思議詳細については、こちらをご覧くださいCBDs.news、および訪問PlantMedicine.newsを植物ベースの治癒のより多くの報道のために。

 

引用先 newstarget.com

 


 

CBDは精神病を治療するとイギリス研究

 

野生のレタスは自然の最も強い鎮痛剤

 

少子化の原因は石油合成化学薬品汚染なのか?

 

 


 

 

 

              

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。
 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »