fbpx

CBDは高い不安を解消するのでしょうか?

Pocket

CBDは高い不安を解消するのでしょうか?

 

 

 

海外の医療現場、研究から多くの報告がネットを通じて報告されています。
CBDは精神的不安定な状態の方を落ち着かせ、その不安を解消できた報告がありましたのでご紹介します。

 

CBDは安全ですが安全以外の効果、利用量や効能を調べるために臨床試験が始められています。
日本は法律で麻の成分を使って医療行為を禁止しています・・・何故でしょうね?
理由は精神活性化成分だからなのですが、それ以外の効果を全く吟味もしていません
石油化学合成薬も精神活性化する薬は有るのにもかかわらず麻を否定しています・・・いやー考えれば考えるほど不思議ですね

 

毒成分がほとんど無く、少しだけ精神作用で活性化するだけでその活性化もアルコールより弱いのにもかかわらず、依存症もカフェイン程度なのにも関わらず 麻を所持していたら重い罪にするなんて・・・おかしい法律ですね
麻がとても悪い植物みたいに国が宣伝しているのですから 余程、都合が悪いようです利用されると困る方たちが居るみたいです 誰でしょうね?

 

 

今回、CBDに関するレポートは脳、神経にも良い影響を与えているレポートです。
CBDは精神活性化しない成分なのでアメリカでも多く活躍している成分になります。
州によってはCBDすら禁止している州もあるため、アメリカ全土で使われてはいません
しかし、CBDの消費は毎年消費が多くなっているのが事実です。

 

日本でも今の政策を取りやめていただければCBDも純、国産CBDオイルが作られるのですがこのまま行くと海外に40年以上遅れてスタートすることになりそうです。

 

 


 

CBDは高い不安を解消するのに役立ちます

 

マリファナのエキスは、マリファナの利点のいくつかを薬に付随する高いものなしに提供することでますます注目を集めています。
ナショナル・パブリック・ラジオのレポートでは、カンナビジオール(CBD)は不安、薬物中毒、および他の障害を軽減するために、安全かつ効果的な方法を提供することができると述べています。

 

それは大麻植物に由来するが、CBDは精神活性成分テトラヒドロカンナビノール(THC)を含有しない。ユーザーの心を変えることはありません。

 

レクリエーションや薬用にマリファナを合法化した州では、人々はストレスリリーフやリラクゼーションのために様々なCBD製品を試しています。
製品には、カプセルおよび液体油が含まれる。
CBD業界は親市場とともに成長しています。
アメリカ人は2016年に1億ドル相当のCBD製品を購入し、その額は2018年に倍増しました。

 

しかし、多くの人々は、CBDの影響とそれがどのように達成されたかについて、不明確または間違っている。
研究者は、抽出物の正確な特性を決定するために働いています。(研究:CBD油:高を引き起こさずに不安を和らげる奇跡の油)

 

 

 

CBDはアルコール中毒、薬物中毒、PTSD症状を治療することができた
ニューヨーク大学(NYU)の研究者であるEsther Blessing博士は、CBDは中毒と不安の治療手段としての可能性を示していると述べています。
彼女は、その効果を決定するためには完全な臨床試験が必要であると付け加えている。

 

動物研究および短期間の短期間のヒト研究は、CBDが炎症および不安を軽減できることを示した。
ブレッシング博士は、小規模なグループがかなりの聴衆に話しかけた2011年の調査を挙げています。
参加者の一部は社会不安障害に苦しんでいた。
その研究では、多数の参加者にCBDが与えられ、他の参加者にはプラセボが与えられた。
すべての参加者の不安レベルを測定し、比較した。
その結果、CBDを受診した参加者は多くの不安を減らすことを経験しました。

 

ブレスティング博士はすぐに彼女自身の臨床試験を開始します。
彼女は、心的外傷後のストレス障害とアルコール乱用の両方に苦しんでいる人々に対するCBDの効果を調査する。
彼女の研究には50人の参加者が参加し、そのうちのいくつかには毎日400ミリグラムのカンナビジオールが与えられる。
この試験では、医薬品グレードのCBDが使用されます。

 

Mount Sinai School of Medicineの研究者Yasmin Hurd による別の臨床試験では、CBDの有効性と副作用に焦点を当てています。
この試験はオピオイド乱用者を伴い、カンナビジオールがその中毒を軽減できるかどうかを見る。

 

「薬物は非精神性であり、脳にはまだ影響を及ぼすことができます」と祝福は、オピオイド中毒を治療するために大麻抽出物を使用するという皮肉を述べています。
「CBDは脳に影響を及ぼしますが、脳にはおそらく医薬的な方法で影響を及ぼすようです。」

 

引用先 naturalnews.com

 

 


 

CBDは精神病を治療するとイギリス研究

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 

CBDとホルモンの関係性とは?

 


 

 

 

              

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。
私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。
抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 
体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。
例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 
水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 

 

多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、人間に相性が良くない副作用の強い石油化学号合成で作られた薬、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。

 

予防としてヘンプ(麻)の茎から抽出したCBD(カンナビジオール)を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。
 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »