fbpx

幼女はCBD油で発作が止まり違法扱いされています

Pocket

幼女はCBD油で発作が止まり違法扱いされています

 

 

 

 

私も知りませんでしたが、てんかんも色々あり 彼女は幼児期の良性てんかんだったそうです。
対応が有ることを知らないまま、副作用の思いてんかん薬を飲ませていたそうです。
※良性でも薬を続ける場合、続けなくて良いてんかんの種類があるそうです
良性てんかんだったのですが1日に40回も発作を起こしていたらしく、CBDオイルの利用を試みたそうです。

 

児童保護サービスは麻の成分であるCBDを利用したことで、家族から子供を引き離そうとしたみたいです。

 

児童保護サービスは本来、育児放棄、児童虐待の問題を解決するための機関らしいのですがCBDを麻薬扱いにしているらしく、児童虐待として扱ったみたいなのですが・・・州によりCBDが認証されていない州もあるそうなのでそれを理由として動いたのだと思われます。

 

それとCPSに通報しなければ動けないはずなのですが・・・これも予想ですが病院がCBDを使い、体調が良くなったこと、病院の処方薬を拒否したことで児童虐待として通報したのではないのでしょうか?
CBDオイルの効果は医者は認めません アメリカは現在、大麻に対して法律を変えている最中ですが、まだ正式には効果はありませんし、1年前の話ならCBDは認めている州でないと効果のないただのオイル扱いですから、母親は書類上、指定の薬を飲ませなかった扱いで虐待した扱いに書類上、ならされたのかも知れません

 

良性のてんかんでも40回の麻痺が起こったので治療薬として処方されたのでしょうが、てんかん治療薬は副作用が強いだけで効果があまり無いと聞いています。
効果と言っても麻痺を抑え込むだけの薬のはずです 感覚を鈍らせるような薬だと思います大人が飲んでも終日、ぼーっと何も考えられなくなる感覚の薬だと思われますそれプラスの副作用です

 

 

 

レベチラセタム 効能・効果
レベチラセタムは米国で1999年、欧州で2000年にてんかん部分発作、ミオクロニー発作、強直間代発作に対する併用療法に対して認可され[2][3]、後に全般発作(併用療法)や小児へと適応が拡大されている[4]。獣医学分野でも同様の用途に用いられる。
日本では1995年から臨床試験が実施され[5]:1、2010年7月に「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法」について承認された[2]後、2013年5月には4歳以上の小児に対する使用が承認された[6]。また2015年2月30日に単剤療法での使用が承認された[7]。
有効性
レベチラセタムは他の精神神経症状(トゥレット障害、自閉症、双極性障害、不安障害、アルツハイマー型認知症)にも有効である可能性がある[8][9]。しかし重篤な副作用が発現するため、危険性と利益の比率を熟慮の上、投与する必要があるが、最善の投与法はいまだ知られていない[8]。
ガバペンチンの様な抗痙攣薬と共に神経因性疼痛の治療に用いられることがある。本態性振戦への有用性は明らかではない[10]。
一般にレベチラセタムの忍容性は高い[11]。
副作用
添付文書に記載されている重大な副作用には、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群:SJS)、薬剤性過敏症症候群、重篤な血液障害(汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、好中球減少、血小板減少)、急性腎不全、肝不全、肝炎、膵炎、攻撃性、自殺企図、横紋筋融解症がある[12]。
その他3%以上発現する副作用として、浮動性めまい、頭痛、不眠症、傾眠、痙攣、抑うつ、複視、結膜炎、白血球数減少、好中球数減少、腹痛、便秘、下痢、胃腸炎、悪心、口内炎、嘔吐、齲歯、歯痛、肝機能異常、月経困難症、鼻咽頭炎、咽頭炎、咽喉頭疼痛、上気道の炎症、インフルエンザ、鼻炎、食欲不振、湿疹、発疹、座瘡、関節痛、背部痛、倦怠感、発熱、体重減少、体重増加が挙げられている。
自殺念慮:抗てんかん薬を服用している患者は自殺企図・実施率が上昇する。偽薬と比較して2倍(0.2%が0.4%に上昇)したとの報告がある
参照 ウィキペディア
 


 

 

 

母親が薬物ではなくCBD油で発作を止めましたその後、児童保護サービスは幼児の拉致を試みる

※Child Protective Services=CPS  児童保護サービス

 

母親が最終的に薬が効かなくなった後に解決策を見つけたと考えました。
1日当たり約40回の発作を抱えていた若い娘の治療として、カンナビジオール(CBD オイル)を試したとき、彼女はその効果に驚いていました。
しかし、CBDによる効果が確認出来た後に、国家は踏み込んで娘を奪うと脅した。

 

レラ・ジェルガーの娘、ヤエラは、わずか6ヶ月で痙攣し始めました。急速に、それらの痙攣は発作に変わり、Jaelahには抗てんかん薬、発作を抑制するように設計された医薬品が与えられました。(石油合成薬・新薬)
この薬は有効ではなかっただけでなく、より多くの問題を引き起こした有害な副作用を引き起こしたとJergerは述べています。

 

CBDオイル(大麻由来のカンナビジオール)を発見した後、関係する母親は、Jaelahの発作をいかに効果的に抑制しているかに驚いた。
残念なことにJerger家族にとって、児童保護サービス(CPS)はJaelahを家族から遠ざけることを脅しました。
なぜなら、Lelahは丸薬の代わりに娘の状態をCBDで治療することを選択したからです。

 

People Magazineとの インタビューで、Jergerは娘の診断、CPSの関与方法、そして子供の喪失を考えたときの恐ろしい状況について説明しました。
彼女は、Jaelahのてんかん状態は非常にまれであるが、娘が痙攣を起こしていた理由について、最終的に答えが得られたことで安心したと語った。

 

幼児期に良性のミオクローヌスてんかんと呼ばれるまれなタイプのてんかんがあります…最終的に私たちは何を扱っているのか知っていましたが、最初はてんかんについては全く知らなかったので怖かったです」

 

ほとんどの場合、病気のために医薬品を診断し処方されるように訓練された医師だけが、レベチラセタムの商品名であるケプラを命じた。
しかし、彼女のデュー・ディリジェンスと薬の有害な副作用を読んで、Jergerは彼女が抗うつ薬のようなケプラを学んだときに人々が自殺に陥る可能性があると心配したと言いました。
さらに悪いことに、医薬品は機能していませんでした。
Jaelahはまだ毎日40回の発作を抱えていました。

 

 

 

 

Jergerは、より安全で自然な医薬品の代替品を探すようになったと語った。彼女はカンナビジオールを見つけ、コロラドの小売業者からオンラインで購入し、Jaelah CBDを1日2回落とし始めました。彼女は結果が素晴らしいと言った。

 

“我々はすぐに結果を見た。バットの発作率が95%低下しました。私たちは否定的な副作用はありませんでした。彼女は普通の2歳だった!…私たちは、発作の減少以外に、Jaelahには全く違いがありませんでした。私たちはそれを見つけたことに非常に感謝しています(CBD)。

 

3月、インディアナ州では特定の病気のために州での使用についてCBDを合法化しましたが、Jaelahの条件は「適格条件」の一つではありませんでした。法律の結果、Jerger家族はJaelah CBDに法的に認められていると信じていました。彼らは間違っていた。

 

自由思考プロジェクトが多数の機会に報告しているように、医師が患者が「予約から外れて」発言し、病気を自然療法で治療するための医薬品オプションを拒否し始めたことを発見すると、当局はしばしば呼び出されます。

 

Jergerは、彼女がCBDを発見した医師に彼らの薬よりもうまくいっていると言ったとき、重大な間違いを犯しました。ある医者が最初に彼女に言ったにもかかわらず、 ” それが働いているなら、それを使ってください!最終的にCPSは医師から通知を受け、母親がFDAが承認した医薬品のみを子供に与える標準的なプロトコルに従わなかったと語った。

 

CPSはまもなく来ました。それは、Jergerがシステムの悪夢が始まったと言いました。「児童保護サービス」はJaelahを遠ざけると約束しただけでなく、Jergerの子供たちをすべて愛する母親から遠ざけると脅しました。それはすべての口座で指数関数的に優れていた処方薬の安全で自然な代替品を選択したために行われました。

 

“[CPSは] …彼らは彼女を連れて行くだろうと言った。私たちは、彼らがヤエラを取るだけでなく、他の子供たちも連れて行ってくれると怖がっていました。

 

 

CPS関係者は、油の使用を禁止していないと言われていたが、両親にケプラ少女を与えるよう命じた。彼らはまた、実際に子供のケプラを与えていることを証明するために、毎週の薬物検査に提出するように家族に指示した。
法律上の援助なしに、両親は遵守しました。
CPS訪問の約5日後、そして母親に危険な医薬品を与えることを強制した後、Jaelahは薬物の重大な副作用に苦しみ始めました。合併症はほとんど直ちに起きて病院に戻し、数千ドルの費用をかけました。懸念して今心配していた母親は、恐ろしくて苦しい日々を描いた。

 

「ジェラを病院に連れて病院に連れて行って、投薬していないので投薬をやめ、彼女は普通の自己のように行動していなかった。それは、われわれがヤエアを見るのに慣れていたものではなかった」

 

勇敢にも、そして法的な可能性についても何も考慮せずに、JergerはCPSが彼女にしたくないことを正確に行いました。
しかし、勇敢で愛情のある母親がやろうとしていました。
彼女は彼女の子供をケプラの外に出し、その後CPSに対して訴訟を起こした。
今彼女は彼女が恐れていると言った。

 

「今は自然恐怖です。私はまだ[CPS訪問]について悪夢を抱いています。
私はそれについて心配しており、私はドアをロックしたままにしています。
「CPSを扱う余波は現実ですが、可能な限り正常に生きようと努力しています… Jaelahは製品から高い評価を得ていません。
私たちの足跡を歩いていたり、私たちが生きる生き方をしていない限り、誰も判断する権利はないと思います。これはマリファナではない

 

 

 

訴訟では、CPSは、ヤエラの血を引き出すことを要求したときに、不当な検索と差押えに対するジェラと家族の憲法修正第4条の改正の権利に違反するために、 IndyStarによると :11日に提起された11ページの訴状によると、両親は、子供の血液検査が「令状なしで非同意の捜索と発作」を表し、米国憲法第4条改正に違反していると主張している。

 

病気の子供のために最高の薬を見つけようとしていた母親は今、戦場にいます。彼女はインタビューで言った: 「これは市民にも権利があると理解しているということです。
彼らは子供を守るための仕事を持っています…しかし、私たちは、銃撃事件であったと信じています。

 

彼らが吸血鬼のように私の娘の血液サンプルを待っているようだった…彼らはこのハンマーで降りてきた。
それはバットからすぐに絶え間なくだった…それは私たちの娘です。
私たちは彼女に害を与える何かをしていませんでした。
私たちは彼女を助けるために何かしていました。

 

アメリカ市民自由連合(ACLU)は、CPSに対する訴訟でジャガーを代表している。
IndyStarが入手した裁判所の文書によると、「JJ(Jaelah)がケプラを取るという要件は、Jergersの根本的な家族関係に対する侵害を表しており、したがって、米国憲法第14条修正条項に違反しています。

 

私たちは19歳の娘が発作の処方箋を取っている1人の母親にインタビューしました。彼女は特定されたくはないが、次の逸話をTFTPに中継する。彼女は彼女がCBDの利点について読んでいて、娘の神経科医にCBDオイルについて質問したと言いました。彼女は、CBDオイルの有効性について科学的研究は全く発表されていないと医師に話した。

 

一見偽りの声明をテストして、国立衛生研究所のウェブサイトを検索したかったのです。
驚くことではないが、 検索結果 において、難治性発作を伴う発作患者を含む研究があった。
2018年に発表されたこの 研究で は、CBD / THC比20:1:
「難治性てんかん患者のCBDに富んだ大麻抽出物を治療レジメンに加えると、発作頻度が大幅に低下する可能性があります」

 

既に発作薬を服用していた26人の患者の発作は約半分に減少した。3ヶ月の終わりに研究が終了しなかった場合、発作率がいかに低く低下するかは誰に分かっているか。
CBDは単独の抗てんかん薬として機能することが実証されているばかりでなく、既存の発作治療薬と併用されると、幅広い年齢にわたって発作の頻度が改善される。

 

 

 

アメリカ人が政府の全体重を使って家族を分裂させる方法だけを知っているように見えるたくさんの暴力団に暴行される恐れなしに、医師に近づくことができるのは、大事な時です。
大麻とカンナビジオールはDEAによって非予定物質として再分類される必要があり、連邦政府は2つの自然発生植物、すなわち麻とマリファナの所有を非合法化しなければならない。

 

他の親は、政府機関が子どもの静脈から血液を吸うのを見て、子どもを奪うと脅迫することを嫌う拷問を免れる必要はありません。
FDA、DEA、CPSは医薬品の利益を保護するためだけに存在すると多くの人が信じています。
それは効果的な薬ではない。
それは人を中毒にして、錠剤工場と白く覆われた丸薬のプッシャーに依存させることです。
CPSが実際に子供を気遣っていた場合、このケースでは、最初に彼女を傷つける薬を彼女の両親に強制するように強制しようとはしませんでした。

引用 trueactivist.com


 

CBDオイルは少女の命を脅かすタイプの癲癇から救う

 

 

CBDは精神病を治療するとイギリス研究

 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

 


 

 

             

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »