fbpx

脳腫瘍で6〜18ヶ月診断された女性はCBDを使った

Pocket

脳腫瘍で6〜18ヶ月診断された女性はCBDを使った

 

 

 

 

脳腫瘍と診断されイギリス在住48歳、女性は手術後、放射線治療、化学療法を6~18ヶ月の寿命だと言われたそうです。
彼女は知り合いのすすめでCBDオイルを勧められたそうです。
イギリスでは当時、大麻が認可されていなかった時代ですので非合法扱いだったそうです。
抵抗感はあったそうですが彼女は生きていく意欲が強かったため利用することを決心したようです。

 

CBDオイルはイギリスでも販売しています。
今回のCBDオイルは花穂、葉の成分を抽出したものではないかと推測します。
CBD単体でも効果があることは海外の研究でも確認が取れています。
今回のCBDオイルは THC+CBDを利用したのではないのでしょうか?

 

THC+CBDは、脳関門を通過して脳細胞に直接作用します。
ステージ4で余命宣告された彼女はCBDにすがる思いも合ったと思います。
更に肉体に良いとされた健康法も実践したことが追い風として作用したのだと私は思います。
アルカリ性の食生活に従うことと、加工食品を完全に切り捨てることに決めました。
砂糖も断ったそうです 私が思うに、精製された食べ物は全て体に良くない影響を与えているのだと思います。
小麦粉、砂糖、塩 精製しなければゆっくり吸収します。
精製すると吸収が体の消化に間に合わない事が問題を起こす原因の気がします。
これは薬にも言えることではないのでしょうか?
精製された現代医療薬品は吸収が早く、効果がすぐに出ますが体にとってかなりの高負担のはずです。
薬品は本当に純度が高いものでないとダメなのでしょうか?

 

現行医療を続けていくならこの点を少し、研究して欲しいのですが・・
不純物の多い生薬の方が体にはバランスが取れていると思います。
いかがでしょうか?

 

 

 

 


 

医者が彼女の余命は6カ月宣言した後、がん生存者が、CBD オイルを利用して「彼女の生命を救いました」と言いました。

 

 

4年前に、このがん生存者は彼女が生きているべき「6から18カ月」を持ったと言われました。 今日、彼女は人命救助ハーブの合法化を主張しています。

 

誰もが、手術不能な脳腫瘍、それでもなおこれは言うまでもなくリン・キャメロンが2013年に対面された正確な現実です。
その年の12月に、医師は48歳の女性に、 6〜18ヶ月 “余命を宣言しました。
あなたは彼女の荒廃を想像することができます。

 

 

 

 

生きる決意が強くて、キャメロンは放射線療法とともに化学療法のいくつかのセッションを経験しました。

 

「私はそれの前に私が(それまで)非常に元気であった2013年11月30日の発作をとりました。
私は12月10日に検査、それは大量を示し、その時点で私はサザン・ゼネラルに直接連れて行きました」とキャメロン氏は説明します。
私は12月16日に手術を受けました、そして12月27日に私はステージ4の脳腫瘍があると言われました
それで私は化学療法と合わせて放射線療法を併用しましたが、それでも私は6〜18ヶ月生存すると言われました。

 

 

診断によって怖がらせられて、彼女は同じく大麻成分、CBDオイルを補い始めました。 ※THCも多く含まれたオイルだと思います。
これは現在英国では違法治療です。
「良い友人が大麻を提案しました、しかし、それが非合法だから怖かった。私は脳腫瘍を治すとは信じがたくなっている」と彼女は語った。
彼女が言った スキャンでは大衆に何の変化もないことが示されていたので、私は結局、「私はここで型を壊すつもりです、それを試みるつもりだ」と考えました。
彼女は現在の法律で禁止されている投薬のための大麻の使用に関する改革を現在、提唱している。

 

過去の4年の間、癌患者は、苦悩と戦うために、様々な自然療法を学んできました。
彼女は言った。「私は自然な『癌殺人者』をもっと研究し、アルカリ性の食生活に従うことと、加工食品を完全に切り捨てることに決めました。
私は砂糖も完全に断つ
私はCBDオイルを私の舌下の血管から吸収することで服用し始めました。

 

 

 

報告によると、キャメロンが受け取ったすべてのスキャンで改善が見られました。
「化学療法と放射線療法はあまり効果がないと言われていたので、私は、治療出来たのは大麻であるにちがいないと知っていた。
6回目のMRI検査では、がんはなくなった」と彼女は言った。

 

最終的にすべてを受け取った後、リンは、CBDオイルを補う潜在的な利益(または有害反応)について医師に挑戦しまた。
「私を治療している医師は結果が出るまでCBDオイルについて知らなかった」と彼女は言った。
“私は彼らにCBDオイルで治療することに挑戦しましたが、彼らはそれを却下しました。
– 私が信じる医療よりも政治的理由のために、彼らは医学部で大麻について教えられなかったのです。

 

“彼らは私に、あなたが好きなものを食べ、あなたが望むすべてのビタミンを飲むと、うまくいかないと言った。
しかし、これらは、私の癌が治癒不可能であると私に言った人々でした、そして、ガン細胞は消えました。 “と彼女は叫んだ。
「英国医事ジャーナルは大麻を適切に調査していない。 
皮肉なことに、彼らは私に病院でモルヒネとコデインを与えた。
病気になる前に、錠剤を一度も飲んだことがなかった。

化学療法はCBDオイルの補給と提携するとより有益であることが証明されているが、マリファナ植物の抽出物はキャメロンの治癒プロセスを最も推進したものである可能性がある。
より多くの研究が行われるまで、これは確認できません。

がん生存者は次のように述べています。
「私が受けた治療は私の責任でした。私はそれを研究してうれしいです。

 

引用先 trueactivist.com

 


 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

癌の痛みの原因とは?痛みの除去は可能なのか?

 

重曹を利用したガン治療を研究したトゥリオ・シモンチーニ博士とは?

 


 

 

    

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »