fbpx

大麻治療薬は、てんかん患者で発作のリスクを減らす確認

Pocket

大麻治療薬は、てんかん患者で発作のリスクを減らす確認

 

 

 

 

今回、てんかん治療研究目的で大麻治療グループ、プラセボ(偽薬)グループと比較して治療実験が行われました。
利用は大麻から抽出された錠剤を利用したみたいです 今回使われたCBDは単体成分で純度の高い物を使った様です。
個人的にはCBDオイルを利用して、CBD以外の麻の有効成分を使った物との比較もして欲しかったのですが・・・
キログラムあたり20ミリグラム(mg / kg) 体重50kgの方は1000mg、治験ということもあって利用量はかなり多く使用しています。
てんかん、レノックス・ガストー症候群はてんかんの中でも重い症状みたいです 利用量は妥当なのでしょうか?

合成薬では結果が出せない内容になっています。
14週間の短期間の治験の結果、 てんかん発作のリスクをほぼ50%低下 することに成功しています。
副作用についても報告がありました。
大麻グループの最も一般的な副作用は下痢、眠気、発熱、食欲不振、嘔吐でした。
副作用を起こす割合が高い、リスクが有ると本文では説明されています。
これは素人考えですが・・カンナビジオール(CBD)を少量利用して体に慣らさせない状態でいきなり体重に見合ったCBDを利用したような気がします。

 

 

 

私の取り扱っているENDOCA社はCBDオイルを利用するときは、いきなり多く利用するのではなく、少量から倍に増やしていき使うように注意をしています。
私も大量摂取をしないようにお伝えしています。

それでも副作用として見ても下痢、眠気、発熱、食欲不振、嘔吐です。
化学合成薬の副作用から考えると軽い副作用の症状です。
合成薬感覚で利用をしていることに違和感を覚えますし、CBDの慣らし期間を無視して副作用が発生したと言っているマサチューセッツ総合病院の研究者のチーム、カンナビジオール(CBD)の性質、今まで利用してきた経緯を無視している気がします。
どちらかと言うと合成薬側の研究者ですから無理はありませんです。
合成薬を利用する条件に合わせて使われました この点に関しては評価ができないのですが、新たな方向性として医療機関が利用を治験でも少しづつ、初めて来ていますので歓迎はしておきます。

 

 

 

 


 

 

大麻治療薬は、治療抵抗性てんかん患者で発作のリスクを減らすことがわかった

新しい研究では、抗てんかん治療と提携した大麻を使用することにより、レノックス・ガストー症候群患者のてんかん発作のリスクをほぼ50%低下させることが分かった。

 

この研究は、マサチューセッツ総合病院の研究者のチームによって行われ、マリファナ植物で見つかったカンナビジオールの有効性と安全性をレノックス・ガスタット症候群患者で見ました。

 

 

 

 

研究はマサチューセッツ総合病院の研究者のチームによって行われました。
そして、それはマリファナ植物 見つけ られたカンナビジオールの有効性と安全性をレノックス・ガスタット症候群患者で見ました。

 

レノックス・ガストー症候群は重度のてんかん症例であり、特に強壮(筋肉が硬く、意識が失われる)および無緊張(筋緊張を失って地面に倒れた状態) 。
それはまれです:状態は、小児期てんかん患者のわずか2~5パーセントを占めます。

 

研究を実施するにあたり、研究チームは、オランダまたはポーランドのレノックス・ガストー症候群に苦しむ2〜55歳の171人の個人を評価した。

被験者は、1週間に1回の最低2回の発作を経験し、研究開始前には治療に対する抵抗力が強かった。彼らは平均6回の抗てんかん薬に反応せず、3回の抗てんかん薬を服用しており、28日ごとに平均73.8回の発作を経験した。

 

被験者は、14週間毎日の通常の治療に加えて、大麻薬またはプラセボ(偽薬)のキログラムあたり20ミリグラム(mg / kg)のいずれかを与えられた。
患者またはその介護者は、毎日、発作の数およびタイプ、投薬の使用、および副作用を書き留めた。

 

結果は、大麻薬を投与された被験者は、大麻薬の投与を受けなかった患者の21.8%の減少と比較して、落ちる発作のリスクが43.9%低いことを示した。
さらに、大麻薬グループでは、他の発作のレベルが大幅に減少し、毎月の発作頻度が41.2%減少しました。

 

 

 

しかし、大麻薬グループの62%が、34%が副作用を経験したプラセボグループと比較して、治療に伴う副作用を経験した。
大麻グループの最も一般的な副作用は下痢、眠気、発熱、食欲不振、嘔吐でした。
一方、大麻グループの12人の参加者および対照グループの1人の参加者は、肝酵素の一時的な増加を含む副作用のために研究から退去した。(関連:カンナビジオール(CBD)は、厳しいてんかん患者の間で半分に発作をカットすることが分かりました。

 

「カナビジオールを他の抗てんかん薬を用いたアドオン療法として使用することは、レノックス・ガストー症候群患者の低下発作の頻度をかなり減らすかもしれないことを示唆します。

 

 

 

Dravet症候群患者の発作を減少させることが判明したカンナビジオール(CBD)

 

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(New England Journal of Medicine)に発表された別の研究では、カンナビジオール(CBD)が、ドラッベル症候群の小児における痙攣発作の数を減少させることが明らかになった。
研究者らは、ドラベット症候群および薬物耐性発作を伴う120人の小児および若年成人をランダムに分割して、20mg / kg体重または14週間のプラセボのいずれかのカンナビジオール(CBD)薬物の追加治療を受けた。
Dravet症候群は、薬物耐性発作および高い死亡率に関連する小児期てんかん障害です。

 

その結果、毎月の発作の頻度の平均がカンナビジオール(CBD)で12.4から5.9に減少したのに対して、プラセボでは14.9から14.1に減少したのに対し、カンナビジオールグループでは痙攣発作が43%減少し、プラセボ群では17%減少した。
しかし、カンナビジオールグループはプラセボグループと比較してより多くの副作用を経験した。副作用は、下痢、嘔吐、疲労、発熱、傾眠、肝機能検査に異常な結果が含まれています。

 

 

引用先 cannabiscures.news

 


 

CBDオイルは少女の命を脅かすタイプの癲癇から救う

 

CBDは精神病を治療するとイギリス研究

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 


 

 

 

 

    

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »