fbpx

自閉症リスクは母親の腸内細菌のバランスで決まる?

Pocket

自閉症リスクは母親の腸内細菌のバランスで決まる?

 

 

 

 

下記の報告はアメリカ、バージニア大学のニュースからの紹介です。

 

簡単に言うと、腸内細菌のバランスが崩れた状態で妊娠、出産すると自閉症になるリスクが高くなることを研究で発見したそうです。
以前、腸は人間の思考を支配している記事を紹介しましたが、まさか腸内フローラ環境が悪い状態での妊娠、出産はリスクが高くなるとは・・・

 

本文を翻訳しましたが理解しにくいとは思いますがご覧になってください 
ここまで影響があるとは思いませんでした。
考え方を変えると腸内フローラ環境を整備すればいいのです。

 

今後、研究で必要不可欠な腸内細菌が見つかるはずです。
まずは、それを増やすことが腸内フローラの環境を良くすることになるはずです。
多分、菌の種類によっては減ってはいるものの、絶滅はして居ないはずです 少ないので増やすと・・

 

発酵食品をメインに考えて利用するのが一番ですが、実はCBDオイルも腸内フローラの最大のごちそうになるそうです。
CBDオイルは舌下に垂らすことで利用します。
理由は舌下に集中している血管群にCBDを粘膜吸収させて、血管を通じて血液で運搬されるために舌下にCBDオイルを垂らします。

 

CBDオイルをそのまま口に垂らして飲んでも良いのですが血管を通じて運搬されるCBDはかなり減ります。
何故、CBDオイルは体全体に行き届かないのか?
答えは腸内細菌が消費するからです。
今までは腸内細菌がCBDオイルを消費するのは「無駄なロス」だと考えられてきました。
しかし、自閉症リスクがあることを知り、腸内細菌の大切さを知ってしまったわけです。

 

舌下吸収のためにCBDオイルを垂らして使います。
しかし、すべて舌下では吸収されません
大半は飲み込み、内臓に吸収され、体全体に行き渡るのだと思っていたのですが、腸内細菌の吸収され、臓器に吸収された後に、全身に行き渡っていたのです。

 

 

 

 

今までは吸収ロスと言われていましたが腸内フローラにCBDオイルを吸収させることは、とても重要な位置づけになってきそうです。
ENDOCA社のCBDオイルはカプセルタイプもございます。
こちらは腸で吸収させる目的で利用するタイプです。
腸内フローラは脳までも影響させるのですから腸内フローラ環境の下地作りとしてCBDオイルを腸内細菌に与えることは大切なのかも知れませんね 今後研究で、CBDオイルの新しい利用方法の発見に期待しています。

 

 


 

母親の微生物の健康によって決定される自閉症リスク、UVA Finds

 

マイクロビームは、自然に私たちの体内に生息する細菌などの微生物の集合体です。
新しい研究は、マイクロビームが自閉症リスクを決定することを示唆している。

•UVAスクール医学の新しい研究では、母親の微生物、私たちの体内に生息する微生物の集合体で、自閉症や他の神経発達障害の危険性を判断しています。
•微生物は、プロバイオティクスとして知られている有益な細菌を消費することによって、あるいは糞便物質を人から人へ移植することによって、私たちが食べるものを変えることによって操作することができます。これは、自閉症の発症を予防する簡単な方法を示唆しています。
•UVA研究者は、免疫系によって産生された炎症分子(多発性硬化症および関節リウマチに既に関与している分子)を遮断することにより、マウスにおける自閉症様障害の発症を予防しました。
•発見はまた、妊娠初期に自閉症を検出する方法を提供する可能性があります。

 

 

自閉症スペクトラム障害を発症するリスクは、妊娠中の自然に生息する微生物の集合である母親のミクロバイオームによって決定され、医学部の新しい研究から示唆されている。
自閉症の予防は、母親が食事を変更したり、カスタムプロバイオティクスを取ったりするのと同じくらい単純な可能性があります。

 

さらに、UVA科学者は、実験室マウスにおける自閉症様の神経発達障害の発症を防ぐために、その発見を利用することができました。
彼らは、免疫系によって産生される特定の炎症性分子を遮断することによって、そのような疾患の発症を止めることができることを見出した。
この分子を標的とするインターロイキン-17aは、人々の自閉症を予防するための別の潜在的手段を提供すると、研究者は言う。
しかし、このアプローチは、副作用のリスクがあるため、はるかに複雑であると警告している。

 

「我々は、この微生物が自閉症様疾患に対する感受性の決定に重要な役割を果たしていることを明らかにしたので、母親のマイクロビームまたはこの炎症分子であるIL-17aを標的とすることができると示唆している」と、 UVAの神経科学科の「このIL-17aを早期診断のためのバイオマーカーとして使用することもできます」

 

 

 

 

マイクロバイオームと自閉症のリスク
Lukensとその同僚の画期的な研究は、母親のミクロバイオームの健康と子どもの健全な発達との複雑な関係を明らかにしています。
UVAのBrain Immunology and Glia(BIG)およびUVAのCarter Immunology CenterのLukens教授は、「微生物は、複数の方法で発達中の脳を形作ることができます。
「マイクロビオムは、子孫の免疫系が感染や傷害やストレスにどのように反応するかを較正する上で、本当に重要です。

 

しかし、母親の不健全な微生物が問題を生み出す可能性があります.Lukensの研究は、未発達の子孫を神経発達障害に感受性にすることができることを示しています。
研究者らは、IL-17a分子が実験室マウスにおける自閉症様症状の発症に重要な寄与をしていることを見出した。

 

良いニュース:微生物は、ダイエット、プロバイオティックサプリメント、糞便移植によって簡単に変更できます。これらのアプローチのすべては、腸内に生息する様々な微生物の間で健康な平衡を回復させることを目指している。

 

「私たちの仕事を人間に翻訳するという点では、次の大きなステップは、妊娠した母親のうち、自閉症リスクと相関するミクロビオムの特徴を特定することだと思います。 「本当に重要なのは、母親のマイクロバイオームを効果的に、安全に調整するために、どのようなことができるのかを理解することだと思う」

 

自閉症予防のためのもう一つの選択肢
IL-17aの遮断も自閉症を予防する方法を提供するかもしれないが、Lukensはその経路がより多くのリスクを伴うと語った。 「妊娠について考えれば、身体は基本的には赤ちゃんの外来組織を受け入れている」と彼は語った。その結果、胎児の健康の維持は、免疫調節の複雑なバランスを要求するので、人々は妊娠中に免疫システムを操作することから遠ざけがちである

 

IL-17aは、以前に関節リウマチ、多発性硬化症および乾癬などの状態に関与しており、それを標的とする薬剤は既に入手可能である。
しかし、Lukensは、この分子は感染症、特に真菌感染症を止める重要な目的を持っていると指摘した。それをブロックして、彼は「あなたはすべての種類の感染症に影響させられるかもしれません」と言いました、そして、妊娠中にそうすることは科学者が分類する必要がある子供の発達に複雑な波及効果を持つかもしれません。

 

彼らの次のステップのために、ルケンズと彼のチームは自閉症の発展における他の免疫分子の潜在的役割を調査する予定です

 

引用先 newsroom.uvahealth.com

 

 


 

自閉症児が再び話すのを助けるCBDオイル

 

ワクチンに自閉症を起こす物質が含まれている?

 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 


 

 

 

    

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

 

Pocket

Translate »