fbpx

CBDとTHC 2つのカンナビノイド違いとは?

Pocket

CBDとTHC 2つのカンナビノイド違いとは?

 

 

 

 

今後、多くの研究中の結果が発表されていくことになるはずの麻の2大成分、THCとCBD
品種改良をしない成熟麻茎のCBD濃度は3%だそうです。
花穂はTHC、CBD成分が集中しているそうですからもっと濃度が高いはずですが、情報がありませんので割愛します。

元々、成熟する前の成分はCBD、THC両方共、少ないのですなぜかと言いますと、CBD酸(CBDa) THC酸(THCa)として、麻の中に存在しています。
じつはTHCaは精神的効果はありません
どのようにして、THCに変化するのでしょうか? 
答えは加熱により変化します。

 

加熱と言っても高温ではなく、日干しやタバコとして使う程度の温度です。
これによりTHCa、CBDaはTHC、CBDへと変化します。

 

THCa、CBDaは研究をされていない成分です 効能、効果はこれから見つけられていくと思います。
人体中のTHC、CBDをTHCa、CBDaはサポートしてくれる成分なのでは?との海外研究結果もあるそうです。

 

 

 

THCは麻が成熟すると更に変化するようですCBNに変化するそうです。
CBNも研究がされていませんが免疫に非常に効果があるそうです。
娯楽として使う麻は完熟する前の麻を使うそうです。
完熟するとTHCが少なくなるそうで、今までCBDに変化するのだとばかり思っていたのですが、実はCBNに変化していたみたいです。

 

今回、THCとCBDの比較をしている海外サイトの特集を紹介しています。
麻の成分は他にも多くのカンナビノイドが微量に他種類含まれています。
THCとCBDだけではなく、研究でも微量のカンナビノイド成分の研究も始まったばかりです。
THC、CBD全く違う効果が違う成分です しかもTHCの精神的効果をCBDは打ち消す作用まであるのです治療目的で大麻を利用している方の感想を見ると、THC、CBD両方を摂取する方が良い効果を得られたと報告をされています。

 

研究されていない事が多く、医療大麻は幅広い年齢で使えない問題があります。
その点、CBDを抽出したCBDオイルは安全性は確立しています。
オリンピックでもドーピング成分として登録されていた時期があったそうですがCBDは除外されました。
CBDを摂取しても興奮はしません逆に落ち着きます。
更に、CBDは体内のホルモン伝達物質に影響を与える効果があり、ホルモン伝達物質のバランスを調整する効果があることが研究で確認されています。

 

今後、多くの治療の利用方法が発見されていくことになると思います。
個人的な感想ですがCBDは今後、病院を利用しない自己治癒、健康管理で利用されていくことが多くなっていく成分として知られていくことになります。

 

 

 

CBDオイル利用量を多くすることでがん細胞が小さくなったり、増殖が止まったり CBD成分の効果確認が研究でされています。
この研究結果はCBD単体で使う量は1日に500mg以上利用しています。
以前にも紹介した てんかん治療では、1日1000mgのCBDを投与したそうです。

 

個人で利用する量としては金額、利用量も大きくなってしまい、負担は大きくなってしまいます。
自己治癒力を本来の力を取り戻すことが大切だと思います。
化学合成添加物、化学合成製品は出来る限り体に取り込まないようにしましょう 体は弱アルカリを維持することを勧めます。
体のバランス、新陳代謝を取り戻し、抵抗力を強化することが健康には必要です。
CBDオイルはサポートとして利用いただければ長期間、利用いただける成分になると思います。

 

現在、大麻そのものを利用、THCを利用できません日本で理想方法としては、CBDを最大限利用する事だと思っています。
海外の研究結果を期待して大量に購入される方法もありますが健康に良い「重曹」でアルカリ化や日常生活の健康法などを取り入れて体のケアに取り組んでください 良かったら私のCBDオイル ショップのご利用、お待ちしています。

 

 


 

 

 

CBD対THC:2つのカンナビノイドの違い
CBDとTHCの重要な違いを知ることは、正しい大麻製品を見つけて、それらがあなたにどのように影響するかを理解する上で非常に重要です。

 

THCおよびCBDは、大麻植物によって生産される最もよく知られており、求められている化学物質である。
しかしCBD対THCの戦いでは、誰が上に出てくるのですか?素晴らしいTHCのプロデューサー、伝説のTHCですか?それともCBDになるのでしょうか?広範な健康とウェルネスのメリットのために人気が高まっている新人ですか?2つのカンナビノイドの違いは何ですか?THC対CBDのようにコンテストとして制作しています – これらの違いを考える最良の方法は?

 

大麻市場が拡大するにつれて、消費者はこれまで以上に選択肢が増えます。
大麻消費者が大事にしなければならない大切な選択肢の1つは、THCとCBDが製品にどれだけの量を含めるかということです。

 

CBDとTHCの違いを知ることは、診療所での注意深く意図的な選択を行う上で不可欠です。
彼らがどのように協力し合うかを理解すれば、あなたがあなたのニーズと欲求を最も満たす大麻経験をつくるのを援助することができます。

 

 

CBD:非常に短い紹介
カンナビジオールまたはCBDは、科学者が発見した最初のカンナビノイドの1つであり、現在、大麻植物で最も研究されている化合物の1つです。
そのすべての研究をCBDについて覚えておくべき最も重要な2つの簡単な点にまとめることができます。

 

第1に、CBDは非精神活性である。
言い換えれば、それはあなたを精神高揚させません。
それが由来CBDなりますので、この点は非常に重要である 大麻は 大麻が禁止されているいくつかの場所で利用できます。
しかし、大麻由来のCBDは、連邦法に基づき、50州すべてにおいて技術的に合法ではない。

 

第2に、CBDは、大麻の重要な医学的および治療的利益の多くを担当している。
そのため、大麻を健康のために使用しているときに、CBDの製品について話して聞くことが理由です。

 

THC:非常に短い紹介
大麻の非消費者でさえTHCについて聞いたことがある。テトラヒドロカンナビノール(別名THC)は、大麻使用からの陶酔感を刺激する化学物質で、私たちは「high・ハイ」と呼んでいます。

 

THCは、これらの効果を生み出す唯一のカンナビノイドではありませんが、大麻製品では、消費者を得るために十分な量で存在する唯一のものです。この理由から、THCはレクリエーション用大麻の使用のためだけの成分ではありません。

 

THCの医学的または治療的使用がないというわけではありません。実際、気分、知覚、思考の変化を含む人体に対するTHCの主に認知的および心理的な影響は、幅広い医薬用途を有する。

 

 

 

CBDとTHC:リクリエーション消費者の主な違い
今、あなたはCBDとTHCについて簡単に知ることができます。
私たちは物事を単純化しているので、カンナビノイドの2つの最も重要な点があります。

CBDは精神高揚を生みませんが、THCは間違いなくあなたを精神的に高くします。
医療、健康、ウェルネスのユーザーはCBDに重点を置く傾向があり、レクリエーションの消費者はTHCを好む傾向があります。
それらのきちんとした境界が速い判断の基準として有効なだけであると強調することは、重要です。
現実には、レクリエーションの消費者がTHCには多くの薬効があるのと同じようにCBDを持つ薬効を求めている理由はたくさんあります。

 

だから、THCとCBDの問題についてもっと深く考えてみましょう。
THCがあなたを精神的に高くし、CBD はそうでないという単純な違い以外に、レクリエーション消費者のための2つの主要な違いは何ですか?

 

CBDとTHC:精神的および感情的な効果
ほとんどの大麻消費者にとって、THCは、陶酔感、感覚刺激、肯定的な気分の変化、さらには改善された認知の気持ちを含む心地よい感覚を作り出します。
一般に、これらの経験は圧倒的ではありません。
しかし時々彼らは不安やパラノイア(妄想)に陥ることがあります。

 

CBDは、それ自身の精神的および感情的な影響をもたらさない。
しかし、それはTHCがそれらの効果をどのように作り出すかに絶対的に影響します。
レクリエーション利用者にとっては、CBDはTHCへの強い反応とバランスをとるためにカウンターウェイトとして機能することができます。※CBDはTHCの精神的効果を打ち消す作用があります。

 

もちろん、その反対も当てはまります。
THCの感覚を渇望し、何も邪魔したくない人にとって、CBDを排除すれば、効果的に製品をより強力にすることができます。それがTHC濃縮物の背後にあるポイントです。

 

THC vs CBD:物理的効果と治療上の利点
CBDを含む大麻製品を利用することで、身体に重点を置いた高所を好むレクリエーション利用者に利益をもたらすことができます。
カンナビジオール(CBD)は体に落ち着きのある効果があります。
炎症を軽減し、痛み受容体をブロックすることによって痛みを治療するのに役立ちます。  

 

これらの穏やかでリラックスした体の感覚は、より全身の経験のために大脳の高さを丸めるのに役立ちます。
CBDの物理的効果と治療上の利点は、THCが最初にあなたの体に持っている快い効果を強調し、強調することさえできます。

 

THCとCBD:医療大麻ユーザーの主な違い
医療大麻利用者にとっては、THCとCBDの違いは非常に重要です。
両方のカンナビノイドは、治療的および薬学的利益を提供する。
しかし、CBDは心理的な副作用を伴わずに提供しています。そのため、CBDは、THCの効果を望んでいないか、子供のようにTHCを安全に摂取できない患者に理想的です。

 

確かに、CBDは、高い効果をもたらさないという事実のために、医療用途のために十分に研究されている。多くの場合、CBDオイル、等の製品を合法的にするには、THCが一定の閾値を超えていない限り、十分です。

 

CBDとTHC:健康への効果
彼らの健康上の利点に関して、THCとCBDとの間の主な違いの1つは、それらが影響を及ぼす身体の部分である。
CBDに結合する体内のエンドカンナビノイド受容体は、神経系全体に分布し、脾臓に集中しています。一方、THC受容体は脳に集中している。

 

従って、CBDは、体に強い抗炎症効果をもたらす。
それは健康上の理由のためには良いことです。
多くの病気は炎症に関与しているか、または悪化しているので、それを減らすことでこれらの病気を治療することができます。

 

しかし、CBDはさらに一歩進んでいます。
炎症による損傷や劣化から細胞、特に神経細胞を保護することもできます。これにより、CBDは、発作、てんかん、MS、および関節炎の治療に有効な可能性があります。いくつかの研究は、CBDが癌細胞の拡散を止めることができ、場合によっては腫瘍を縮小させることを示している

 

 

 

THC対CBD:治療可能な症状
THCは、CBDと同様に、抗炎症性を有する
これは、THCの最も一般的に推奨される用途の1つである痛みの治療に最適です
しかし、THC受容体は脳に集中しているため、カンナビノイドの健康上の利点の多くはそこから放出される化学物質に由来します。

 

多くの場合、医療用大麻の使用者は、レクリエーション消費者によって求められているのと同じ効果を生み出すためにTHCを消費する。
しかし、医学的な状況では、これらの影響は、重症疾患に伴う複雑な症状の多くを実際に治療するのに役立ちます。

 

例えば、THCは、化学療法治療に伴う吐き気および嘔吐を低減することができる
病気や病気のために体重を減らす人々の食欲を刺激することができます

 

また、重要なことに、THCは病気に関連する精神的および認知的な問題を治療するのに役立ちます
多くの場合、重度および慢性疾患は不安およびうつ病を引き起こし、THCの陶酔効果が治療に役立ちます
実際、THCおよびアルツハイマー患者に関する最近の研究では、カンナビノイドが認知症の人々の興奮および他の気分障害を軽減できることが分かった。

 

CBD対THC?CBD プラス THCにもっと似ています !
CBDとTHCの主要な違いについてのこのガイドを締結するために、私たちは部屋の象に言及する必要があります。
THC vs CBDの間に立っていることはほとんどない “vs”。

 

それは対立を意味し、2つの最も顕著なカンナビノイド間の勝利者全員の戦いを意味する。
一方で CBDとTHCが互いの効果のいくつかは褒め、それは二つの戦争の結果ではない化学物質を、それは彼らが一緒に作業した結果です。

 

CBDが高いTHC高値とバランスを取ることができ、THCの認識された負の影響のいくつかを緩和するのと同じように、CBDの効果のいくつかは、カンナビノイドがTHCで消費される場合により強力である。

 

 

 

 

大麻のカンナビノイドは、カンナビノイドとカンナビノイドとの協力関係は、「エンテリア効果(entourage effect)」または「アンサンブル効果(ensemble effect)」と呼ばれます。

 

CBDとTHC:あなたの理想的な大麻体験を創造する
CBDとTHCの違いは本物であり、彼らはあなたの大麻の経験のすべての違いを作ります。だから、CBDとTHC、またはTHCとCBDの両方をユニークなものにすることを少しでも知ったので、CBD対THC、またはCBDと考えるかどうかにかかわらず、あなたは使用している大麻製品についてより注意深く、意図的な選択をすることができます。それらの製品はあなたが望む効果を生み出します。

 

引用先 hightimes.com

 

 


 

麻の成分THCはがん細胞を自殺させます

 

麻の成分CBD THCとは?

 

麻の成分THCの致死量は?

 


 

 

 

 

    

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »