fbpx

睡眠に役立つ4つのCBD製品はどれが良かったのか?

Pocket

睡眠に役立つ4つのCBD製品はどれが良かったのか?

 

 

 

今回、海外のCBDオイル製品の中で睡眠効果を謳っている商品を比較レポートがありましたので紹介します。
CBDは以前にもお伝えしましたが利用することで興奮を鎮め落ち着かせる効果を海外の研究機関が確認されていることを伝えました。
今回、そのCBDオイル製品を眠る前に使い、睡眠の補助的な効果がどの製品にあるかをレポートしています。

 

睡眠補助の扱いなので多くのCBDを使って確認はされていませんが、CBDを1日 安全に摂取できる上限を紹介しています。
CBDの1日の摂取量の安全範囲内として1500mgは摂取できることを確認しています。
ただし、これは目安です CBDオイルを使ったこともない人がいきなり1500mg利用は副作用を起こす可能性がありますし、子供、年配の方、体調次第で1日のCBD上限は変わる可能性がありますので1500mgはあくまで目安です。
Neurotherapeuticsに掲載された研究によれば、CBDを1,500ミリグラムまで安全に摂取することを確認したようです。
上限が1500mgだとしても1日で上限量を利用される方は重い症状を持った方が利用する場合の目安です。

 

ちなみに私が通常の生活で利用する量はCBD300mgのボトルをいつも使っています。
キャップにスポイトが付いているのですが、朝晩 スポイトの1/2~1本分の量を舌下に垂らしています。
10mg~15mg程度でしょうか?

 

初日、彼女は最初にCBDオイル5mgを舌下に垂らして利用しましたが、強烈な睡魔に襲われることはなかったようです しかし、睡眠の質は良かったようです。
2日目はCBDオイル利用量を増やして10mg使っていますが、変化は感じられなかったと書かれています。
3日目はCBDオイル25mg+メラトニン1mgを利用しています。
4日目、15mg+メラトニン2mg
5日目、30mg+メラトニン2mg

 

 

 

 

CBDオイル利用量を多くして試したそうですがあまり変化を感じられていません
ここで注意してもらいたい点があります彼女はCBDを睡眠導入剤の感覚だったのかも知れません
CBDオイルの効果としてリラックスできることが研究の結果として確認されています。
リラックスを目的として利用した副産物として質の良い睡眠時間が取れるようです
CBDを実感できる時間も人によって違うこともあげられます。
15分から70分体感が違うこともあります。
今回の体験談はCBDオイルは睡眠剤、導入剤の役目を期待しないこと
CBDオイルを利用することで睡眠の質が向上したと伝えています。

 

今回、試した製品はCBDオイルの他に、メラトニンを含んだCBDオイルカプセル、液体タイプを利用したみたいです。
日本ではメラトニンは薬剤扱いなので個人輸入としてなら1回の輸入に付き1つ輸入が可能みたいです。
下記にメラトニンの個人輸入先のリンクを貼りました。

Solgar, メラトニン, 10 mg, 60錠

メラトニンとは? ※銀座東京クリニック解説

 

今回、睡眠の質が上がったことを実感していますCBDオイルは、5mg程度でも毎日、続けて利用されると睡眠をサポートしてくれる成分になることでしょう
体質、体調、普段の生活環境も個々違いますので断言は出来ませんが、良い体験が出来る成分だと思います。
是非、体験ください 感想、お待ちしています。

 

 

※下記の紹介文で商品のリンクを貼りました 実物の確認をしてもらうと実感が湧きやすいと思いリンクを貼っています。(買ってもらうためのリンクではありません)
海外のCBDオイル製品は日本の法律に合わない麻の使用部位、未成熟の麻の利用等、法律に適合していないCBDオイル製品がございます 個人輸入の場合、上記の条件に合った製品なのか確認後、購入ください 個人輸入は自己責任になりますので確認無しに輸入するとすべての責任は購入者本人が負います 購入する方は、ご理解いただき願います。

 

 


 

私は睡眠に役立つと主張している4つのCBD製品を試してみた

 

 

 

 

眠りにつくトラブルは決して大きな問題ではありませんでした。
しかし、私が最近学んだとき、カンナビジオールを服用している人々の約60%が、マリファナ工場で見つかった80以上の化合物の1つであるCBDとしてよく知られていることが睡眠を助けるために行っていることを知った時、(この統計は、Brightfield GroupとHelloMD(医者と大麻の患者を一緒に連れて来るオンラインコミュニティ)が実施した調査による)。

 

それはマリファナから派生したものですが、CBDには精神高揚的な要素は含まれていません。
「CBDが果たす役割は、Endocannabinoid(内分泌物質)のバランスを取ることであり、その主な仕事は私たちの体バラランスを常に保つことです」とSanta Cruz Integrative Medicineのライセンスを受けた自然療法医であるAiméeGould Shunneyは言います。
Shunneyは、ストレス反応、気分、炎症、痛みに影響を及ぼす脳の受容体に影響を及ぼすことに加えて、「アナンダミドと呼ばれる主要なエンドカンナビノイドも分解されないようにしています。自らのエンドカンナビノイドが循環しているだけでなく、ストレスに敏感に反応するだけでなく、より早く通常状態に戻るため、回復システムのようなものです」

 

それが睡眠補助剤としてますます使用されている理由です。
「ほとんどの人が眠れない主な理由は、ストレスがかかっていること、心配していること、脳を活性状態を閉ざすことができないこと」であると説明しています。
CBDが行うことは、あなたの体のストレス反応を落とし、コルチゾールとアドレナリンのレベルを通常状態に戻すことです」サイエンスは限られていますが、CBDは睡眠時間を増やし、Journal of Psychopharmacologyに掲載された動物研究によれば不眠症を改善し、Current Psychiatry Reportsの雑誌で研究を行っています。

 

Neurotherapeuticsに掲載された研究によれば、CBDを1,500ミリグラムまで摂取することは安全です。
これは、ベッドの前に自分自身を投薬する際に、リスクはあまりありません。
だから2週間のうちに、どのように私の睡眠に影響を与えるかを確認するために4種類のCBDを試しました。
私は毎晩同じ時間に3つの夜ごとにそれぞれのタイプを取った。

 

 

 

1.CBDオイルドロップ
私が試した最初の製品はCBDオイル・ドロップス($ 42; pluscbdoil.com)でした。
一食分(約半分のスポイト)にはCBD5mgが含まれています。
「CBDオイルを舌下垂らし、吸収させることで舌下の血管に吸収させます。つまり、15分~30分後に、それが錠剤より少し速く感じられるでしょう」と、Shunneyは言います。
私はCBDオイルを摂取後、約45分(私は電話をチェックした最後の時間)眠く感じたが、私はかなり長い間、私はまだ目が覚めていた確信しています。目が覚めたとき、私は若干の強烈な影響で、しっかりと眠りました。次の二泊、私は10 mgに私の投与量を倍増させたが、私はより速く眠りに落ちなかった。

 

2.錬金術師のキッチン錬金術師のキャップ
CBDを錠剤の形で摂取したとき、私はアルケミスト・キッチンのすぐに発売予定のゲルキャップにCBD 25mgとメラトニン1mg を試しました
その違いにはっきりと気付きました。
「丸剤を飲み込んだ場合、45〜60分間、それほど気分が悪くなるとは思っていませんでした。
そして、約45分後、私は全身が低ストレスギアにダウンシフトしているのを感じました。私は読書を止めて「あ、今はリラックスしなければならない!私はそれがCBDの余分なミリグラムか、メラトニンの添加か、それとも優れた処方であるかは分かりませんが、私がドロップを取ったときより少し早く寝るように感じました。

 

3. CBDスリープシロップ
シロップも舌下に吸収され、吸収を促進するために飲み込む前に、ShunneyがCBD Living’s Sleep Aid($ 26; cbdlivingwater.com)を口の周りにスワスするというアドバイスを受けました。
大さじ1杯にCBD 15mgとメラトニン2mgが入っていて、ナイキルのような味のチェリーフレーバーが好きです。
再び、約40分後にCBDが私の体に作用するのを感じることができましたが、私は実際には他の夜よりも早く完全に眠ってしまったとは思っていませんでした。

 

4. CBDスリーピーZの食べ物
Greenish RouteのCBD Sleepy Z’s($ 14; greenishroute.com)には、CBDが30mg、メラトニンが2mg含まれていました。しかし、私は実際にこの製品が最も好きでした。
私は彼らが実際のマリファナを含んでいないことを知っていますが、確かに彼らのように味わっていて、私は(私の歯を磨く後でさえ)私の口に残っていることを嫌っていました。
それは間違いなく私を速く眠らせることにはなりませんでした。

 

 

 

 

比較結果
私は、CBDが睡眠薬のように働くことを期待していました。
そして、それがほとんどすぐに眠るようにするという点で。それはそうしなかった。私が眠るのにどれくらいの時間がかかったのかには何の影響もないように見えましたが、私の睡眠前の就寝時間は、前の週の睡眠よりももっとリラックスしていました。
私は本当に私がそのテキストに反応したかったと思っています。

 

「この成分にはある程度の個別投与があり、それは困難になります」と、Shunneyは述べています。
「私たちの体が持っている動的なバランスについて、いつもストレスにどのように反応しているかを考えると、それは人によって異なります」現実には、CBDの効果を感じるには1人15分、他の人は70分かかることがあります。
そして、あなたにはどのような線量が正しいか把握するのにかなりの量の試行錯誤が必要です。

 

たぶん2週間にわたってCBDの1つのタイプについてしまった場合、私の体はそれに合わせて調整されてしまい、より劇的な効果を感じるでしょう。
それは確かに(ほとんどの夜)リラックスしていたが、それは奇跡の睡眠補助ではなかった。
眠りにつく闘争がもっと深刻な問題になった場合、私はおそらく、投薬量やその他の選択肢を話すために医者に向かうだろう。しかし、その間に、私はベッドの前に文字通りチルピルを必要とするストレスのような夜にそれを使用します。

 

 

引用先 shape.com

 


 

自閉症児が再び話すのを助けるCBDオイル

 

症状に合ったCBDの利用量は?目安量は?

 

太陽光は体の治療薬なの?

 


 

 

 

 

    

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »