fbpx

医療大麻は強い中毒性薬依存を減らせる本当なの?

Pocket

医療大麻は強い中毒性薬依存を減らせる本当なの?

 

 

医療大麻VS大麻←違い知っています?  じつは同じです医療大麻と言われていますが普通の大麻です。
違いは?育て方が違います 衛生管理された栽培方法で管理されています。
カビを含まない成分が基準値を超えたものを使っているのです。
今回紹介する内容は、アメリカの医療研究の発表です。
研究発表されているのですが今まで石油化学合成薬の副作用で苦しんでいる方が医療大麻で副作用が大きく軽減された方や、薬を破棄して医療大麻に切り替えた方の話は有名です。

 

聞き慣れた話ですが裏付ける医療研究内容だと思ってください
これも、麻を医療として扱うようになる第一歩ですから・・・日本は後進国ですから大麻を導入するのに今までの法律を変えなければ使えません
自民党以外で新しい、まともな政府作ってくれませんかね?
このままだと医療、超後進国決定ですよ

 

私の販売しているCBDオイルに関しても少しずつですが情報は浸透してきていますがまだまだ世間に知られている状況ではないため多くの方に知ってもらいたいのですが・・
日本はまだ、現在の医療が問題なく利用できると思っていますからしばらくかかりそうです。

 

 

日本ではかなり情報規制されていますので真実を報道大手のテレビのニュースや新聞では伝えられていませんが医療、政治、経済等色々と大きく変化が起きています。
来年から急に変わっていくわけではありませんがとても大きく、良い意味での変化です。
「るいネット」をご覧の方はヒモ繋がりに色々と世の中が変わってきていることが読めます。

 

日本も本当なら今の流れに乗って大きく変化が起きないと行けないのですが、現状利益を得ている人達が変わらせないように一生懸命現状を守っています。
確かに今の生活を守っていけば困ることはない人たちが多いと思いますが我々は真綿で首を絞められています抜け出すのは少しの間、苦しい時期もあると思います。
どちらにしても変化は必ずやってきます 利益保守組も流れに乗っていけば大損はしないと思うのですが・・・
今後の医療以外の良い大きな変化にも期待しています。

 

 

 

 

 


 

中毒性処方薬への依存を劇的に減少させるために使用される医療用大麻使用

医療大麻を摂取すると、処方薬の必要性が大幅に減少する可能性があるという最近の研究が明らかになった。

 

研究の一環として、ニューメキシコ大学の医療専門家チームが、ニューメキシコ州の医療大麻プログラムに自発的に参加した患者を調べました。
患者は予定された処方薬を使用していた。

 

処方薬の使用は、ニューメキシコ処方モニタリングプログラムに報告された。オピエートおよびベンゾジアゼピンは、患者が使用した最も一般的な薬物の1つであった。

 

研究チームによれば、医療大麻プログラムに登録された患者は、プログラムに登録していない人よりも毎月の平均処方数が著しく低い。登録された患者は処方箋薬の種類や処方箋薬の数、関連する薬局の訪問数も減らした、と科学者は指摘した。

 

さらに、健康専門家は、登録患者の71%が、登録後6ヶ月以内に予定されている処方薬の使用を中止または減らしたことを発見しました。

 

この研究は、アメリカン・メディカル・ディレクター協会のジャーナルに掲載される予定です 。

 

以前の研究は、大麻使用、Rx薬物使用の低下
最近の結果は、昨年発表された2つの研究結果と一致しています。

 

ある研究では、ミシガン大学公衆衛生医学部の研究者チームが、2013年11月から2015年2月の間、アンアーバーの医療マリファナの診療所から185人の患者を診察した。

 

 

研究チームは、慢性疼痛を治療するために医療用マリファナを服用した患者が、より伝統的なオピオイド系薬剤の使用を64%減少させることを発見した。専門家は、薬用大麻を服用した患者の副作用が少なく、生活の質が45%向上したことも指摘しています。

 

研究主任の著者Kevin Boehnkeは、この国はオピオイド流行の最中であると強調し、その結果が、大麻がオピオイド治療の代替候補であることについての議論につながる可能性があると述べた。

 

「オピオイドの投与量が多いほど、過剰摂取による死亡リスクが高くなることを知っています。
この研究の減少の大きさは、過剰摂取による偶発的死亡のリスクに影響を及ぼすほど重要である。
合成カンナビノイドがこれらの状態で働くことを示唆する多くの研究があるので、大麻は線維筋痛などの状態で見られる痛みのタイプに対して特に効果的であるとの仮説を立てた。
この研究の患者は、大麻の痛みの程度が異なる患者にも同様に大麻を評価したため、これは見られなかった」と、シニア著者のダニエル・クローウ博士は大学の発表で述べた。

 

別の研究では合衆国の州で合法化された薬用カナビス使用が高齢者および障害者集団における処方薬使用の著しい減少を見たことが示された。

 

研究の一環として、ジョージア大学の研究者らは、不安、抑うつ、発作、緑内障などの9つの状態の処方データを評価し、薬用マリファナが大いに役立つかもしれない。

 

科学者たちは、医学的大麻が許可された州の緑内障を除いて、各状態について書かれた処方が少ないことを発見した。研究者らは、薬用大麻は緑内障患者の眼圧を下げるが、効果は1時間しか持続しないと述べた。

 

研究主任の著者アシュリー・ブラッドフォードは、結果は、人々が実際に健康目的のためだけにレクリエーションのために薬用マリファナを使用していることを示唆していると述べた。

 

 

 

「緑内障は、痛みの直後に、マリファナにリンクされた最も大きなグーグル検索の1つであることが判明しました。医師は、緑内障の患者が治療を受けることなく外に出るようにするつもりはない。
医学大麻の法律が州によって有効になったとき、我々はFDAが認可した医学からかなり大きな転換を見ました。
結果は、マリファナが人々をオピオイドから遠ざけるために有益であるかもしれないことを示している」と共同研究者David BradfordはオンラインでCBC Newsに語った。

 

 

引用先 cannabiscures.news

 

 

 


 

麻の成分THCはがん細胞を自殺させます

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 

石油合成薬災害で50%がCBDを代替療を選ぶと報告

 


 

 

 

 

    

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »