fbpx

大麻が体にどのように影響を与えているのでしょうか?

Pocket

大麻が体にどのように影響を与えているのでしょうか?

 

 

 

 

大麻(麻)が人間の肉体に非常に相性が良い成分であることは最近の研究結果で知られています。
日本では太古から、植物の麻として良い物であることは知られていました 生活の中に入り込んでいました。
実は麻に対する今の日本の状況がおかしすぎるのです。
東南アジアから持ち込まれた麻は実、繊維、タバコの代用品、薬として日本に普及していました。
麻を禁止と言いだしたのは戦後のGHQの方針(アメリカの政策方針と合わせた?)です。
この73年間、日本に根付いていた麻という植物が規制され続けています 今まで普通にあった麻の畑は消えていきました。

 

麻が普及していた証拠が地名、名前に残っています。
麻布、麻布十番、麻子、麻美、等・・・
神社には麻でしめ縄を作ったり葉は薬として販売されていたそうです。
家紋、神社の紋章としても麻の柄は使われています。

 

麻の成分の良さを再確認する医療研究が世界中で研究されています。
研究で確認された人間の肉体を治癒の理由としてエンドカンナビノイドシステムという体の伝達機能になるそうで、その機能の通常の状態に調整してくれることで麻の成分が体の機能が動くようになる効果があることを発見しました。

 

 

 

          エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは?

体内には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=ECS(エンド・カンナビノイド・システム)があります。ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。
 ECSは、1990年代に発見された“アナンダミド”と“2-AG”と呼ばれる体内カンナビノイドとそれらと結合する神経細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB1”、免疫細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB2”などで構成され、全身に分布しています。
 最近の研究では、ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、ECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々疾患になることが明らかになってきました。
 これらの作用を利用したカンナビノイド医薬品(イギリスGW製薬のサティベックス)が2005年にカナダで多発性硬化症の痛み改善薬として承認され、てんかん、ガン疼痛、神経膠腫、2型糖尿病、潰瘍性大腸炎、統合失調症などの疾患の臨床試験が進んでいます。

   引用先 日本臨床カンナビノイド学会

 

下記の紹介内容は、麻の成分がECSを刺激して体のバランスを調整してるれることを伝えています。
CBDオイルの中に含まれている CBD成分以外の麻由来の成分がECSを刺激、調整してくれるのです。

 

 


 

 

 

大麻が病気を予防するのに役立つ注目すべき方法

 

 

健康に関しては、「大麻」が新しい流行語です。
一方で、このすべての自然救済は何千年もの周りされている、科学者たちはまだそれが人間の健康に与える影響を含めた多くの異なる用途、について学んでいます。

 

これまでの研究では、大麻はガンとの戦い、発作の軽減および/または排除、痛みおよび炎症の管理、およびパーキンソン病およびアルツハイマー病などの神経変性障害の治療に有効であり得ることが研究によって教示されている。
大麻は、地球上に発見された人工または天然物質よりも健康上の利益が非常によいかもしれません。

 

植物が人間の薬として効果的である理由は、体内の他のすべての活動へのより軽いスイッチのような役割を果たす受容体の複雑なネットワークであるエンドカンナビノイドシステム(Endocannabinoid System:ECS)と呼ばれる生理学的システムと相互作用するからです」、Collective Evolutionは説明しています。

 

麻は、健康をサポートするのにも役立つことが知られています。
大麻から作られたCBDオイルは人気が高まっていますが、すべてが均等に作られているわけではありません。
Health Rangerの独自のCWC LabsがCBDオイルの独立したテストを開始したので、あなたの製品が本物であることを確信することができます。

 

 

 

人間の体は自然に大麻と相互作用するように作られた
“これは、どこかで過度に活動が起こっている、あるいはあまり活動していないとき、ECSが起きて平衡に戻ることを意味します。私たちの体は、エンドカンナビノイドと呼ばれる私たち自身の天然化学物質と、大麻などの植物由来のものの両方に最適なECSレセプターで満たされています。

 

植物カンナビノイドに対するヒトの曝露は、ECSが弱くなるとバランスを取って特定の疾患のリスクを軽減するのに役立ちます。これらの病気は、しばしば体内の炎症によって引き起こされます。
研究によると、慢性炎症は、自己免疫疾患、関節リウマチ、心臓病、パーキンソン病およびアルツハイマー病を含む、あらゆる種類の健康問題を引き起こすことが示されている。

 

私たちの体が大麻に曝されると、炎症を引き起こすサイトカインが減少します。体の天然の抗炎症性エンドカンナビノイドアナンダミドを破壊する酵素である脂肪酸アミドヒドロラーゼもまた減少し、これは次に炎症を緩和する。

 

大麻は炎症を和らげるだけでなく、強力な抗酸化物質としても働きます。
私たちの体は常に酸化ストレスを誘発する環境要因にさらされ、フリーラジカルが重要な細胞プロセスを破壊する可能性があります。
これは、心臓病、癌、早期老化および神経変性障害などの様々な健康状態をもたらす可能性がある。

 

従って、大麻を体内に導入することは、酸化的ストレスによって引き起こされる病気の発症を排除するか、または予防することさえできる。

 

線維筋痛症や他の説明が難しい疾患は、不十分なECSによって引き起こされる可能性がありますか?
この自然植物は神秘的な病気を予防し治療することができると理論化する者もいる。
Ethan Russo博士は、過敏性腸症候群(IBS)、線維筋痛症および片頭痛のような病気は、欠損したECSの結果である可能性があることを示唆しています。

 

 

 

“あなたが十分な内カンナビノイドを持っていなければ、痛みを感じるべきではない痛みがあります。
あなたは気分が悪く、吐き気をしていることを意味します。
発作の閾値が低くなります。
そして、他の問題のほんの一例に過ぎない」とルソは語った。

 

ECSは、人体内で行われるあらゆる種類の日々のプロセスを規制する責任があります。

 

大麻は人体が恒常性を達成するのを助けます
「ECSの健康は、恒常性にとって不可欠です。欲求、痛みに対する感受性、感情、骨の成長、繁殖力など、私たちの生理学的プロセスの安定した機能は、緑色の花です。

 

興味深いことに、人体は実際にカンナビノイドまたはエンドカンナビノイドの供給源を独自に作り出しています。しかし、グリーンフラワーが説明するように、ECSを最適に機能させるには十分ではないことがよくあります。

 

「私たちは、エンドカンナビノイドの欠乏が、肉体的でも精神的でも、多くの種類の病気の根源であることを発見しています。これは大麻が入る場所です。この植物の主要なカンナビノイドは、我々が繁栄するために依存するホメオスタシスを促進するためにECSと協力して働いています。

 

さらに、ヒトにおける大麻摂取は、不安などの精神障害を軽減するとともに、若々しい皮膚および健康な関節を促進し、血糖値を調節し、癌と戦い、骨を強化し、脳の健康を改善することが知られている。

 

 

引用先 cannabiscures.news

 


 

脳腫瘍で6〜18ヶ月診断された女性はCBDを使った

 

米国スタントマン、大麻油がステージ4の癌を治すと主張

 

麻のCBD化合物は骨折を治療し、臓器移植を助けます

 

 


    

 

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »