fbpx

自己免疫疾患は重曹を利用出来ることを知っていますか?

Pocket

自己免疫疾患は重曹を利用出来ることを知っていますか?

 

 

 

CBDオイルが海外の医療研究所で多くの効果を見出しています。
しかし、体に良い影響を与えるのはCBDだけではありません 以前も紹介した重曹です。
重曹は体内に2時間程度しか留まりません2時間おきに茶さじ1杯程度の重曹を利用することでがん細胞の苦手なアルカリ寄りの体質を維持することで癌の時の酸化している体を本来の体調の状態に戻します。
血液の酸性化を防ぐことで大きな効果があると下記の紹介記事、alternativemedicine.newsにて特集されています。

 

人間は基本、体は中性です(食事をした後は唾液、胃酸の酸性度が高くなります。)
通常の状態で酸性だとすると、病気を疑ってもおかしくないです。
重曹は簡単に酸性の場合、すぐに弱アルカリ~中性の体の上程に戻せます。
炎症軽減にも効果があることも判明されたようです。

 

※ベーキングソーダと重曹は同じですがキッチン用品のベーキングソーダにはトウモロコシデンプン・コーンスターチが混ざっている品もありますのでご注意ください

 

 


 

 

サイエンスは確認しています:さまざまな自己免疫疾患を治療するために、台所の定食であるベーキングソーダを使用することができます

 

ベーキングソーダは台所の必要性ですが、それについては間違いありません。ベーキング用、鍋用、鍋用の天然スクラブとして、または脱臭剤として使用するかどうかにかかわらず、家庭内および周辺でのベーキングソーダの使用方法のリストは、無限のものです。しかし、ベーキングソーダ(炭酸水素ナトリウムまたはNaHCO3)にはさまざまな薬が使われていることも知っていましたか?パンテイプステープルは関節炎などの症状の治療に特に有用ですが、ベーキングソーダは家庭と健康の両方で、全面的にさまざまなアプリケーションに対応しています。

 

国立衛生研究所でさえ、最近、リウマチ性関節炎患者の重炭酸ナトリウムの効果に関する研究に資金を提供しました。
結果は驚異的でした。
ベーキングソーダ溶液を飲むことは体全体の炎症を軽減するのに役立つことが判明しましたが、どうですか?

 

研究は、ベーキングソーダ炎症と戦う
以下からの研究者オーガスタ大学の 医科大学ジョージア州の科学者たちは、それが炎症を戦うためにベーキングソーダの能力に来るとき可能な利益と作用機序を調査するために着手しました。チームは、その知見を Journal of Immunology

 

科学者がげっ歯類の恩恵をテストされただけでなく、関節リウマチのヒト被験者も、ベーキングソーダ治療の約束を示しています。

 

サイエンスデイリーで報告されているように 、ベーキングソーダ溶液を消費することは、胃が次の食事を消化するためにより多くの酸を作り、脾臓に座っているほとんど研究されていない中皮細胞では、保護的な免疫応答をマウントします。

 

脾臓は免疫系の重要な部分です。それは血液フィルターとして作用し、マクロファージのようないくつかの免疫細胞も貯蔵する。科学者たちは、約10年前に中皮内層が免疫応答において役割を果たすことを発見した。

 

中皮細胞は、私たちの器官の内側と外側のラインです。内層には、身体の環境を感知できる「マイクロビリ」と呼ばれる指のような突起があり、侵入者(病原体のような)が近くにいるときに彼らがカバーする器官に警告し、免疫応答を止める。

 

オーガスタ大学のMCG生理生理学部の腎臓生理学者であるPaul O’Connor博士とその研究者は、このベーキングソーダは基本的に「細菌感染ではなくハンバーガーである可能性が高い」と主張しています。
アラームの必要はありません。

 

「確かに重炭酸塩を飲むと脾臓に影響を及ぼし、それが中皮細胞を通過していると考えている」とO’Connorは後に主張した。

 

彼らの研究では、チームは2週間ベーキングソーダ溶液を飲むと、血液中のマクロファージの集団が炎症促進性の「M1」細胞から抗炎症性M2細胞に移行することを発見した。

 

 

 

ベーキングソーダは単に関節炎以外のものから保護します
MCGの研究者が指摘しているように、げっ歯類では、腎臓病の最も有害な作用の一つである酸性血液と比較して、ベーキングソーダの利点がテストされました。O’Connor博士は、腎臓疾患に伴う血中酸性度の上昇は、「システム全体を失敗に終わらせる」と主張している。

 

臨床試験では、ベーキングソーダは血液酸性度を低下させるのに非常に成功しており、現在は患者の治療として提供されています。研究によると、ベーキングソーダを摂取すると腎臓病の進行も遅くなることが示されています。関節炎患者と同様に、これらの利益はM1細胞の減少およびM2細胞の増加に由来するようであることが研究によって示されている。

 

「炎症性のプロファイルから抗炎症性のプロファイルへの移行はどこでも起こっています。私たちは腎臓でそれを見ました。脾臓で見ましたが、末梢血で見ることができます」とオコナー氏はコメントしています。

 

他の多くの代替療法と同様に、ベーキングソーダの利点は無限であるようです。暖かい月の間に肌の炎症を防ぐために、あるいは走ったり水泳するようなスポーツの運動能力を改善するために使用する人もいます。このキッチンステイプルは、他の健康増進成分と組み合わせることもできます。

 

引用先 alternativemedicine.news

 


 

ベーキングソーダ(重曹)は安価な体調調整剤

 

重曹を利用したガン治療を研究したトゥリオ・シモンチーニ博士とは?

 

ガンのための自然療法 メープル重曹療法とは?  

 


 

 

 

 

 

    

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

Pocket

Translate »