fbpx

抗酸化物質、アミノ酸サプリが精神病を治療可能を証明

Pocket

抗酸化物質、アミノ酸サプリが精神病を治療可能を証明

 

 

 

最近、海外の記事を紹介していますが、石油化学合成薬の代替医療薬は思った以上に多くあることに気が付きます。
現代医療は石油化学合成薬を処方することで儲けていますから否定するでしょうが、健康食品や普通の食品にも効果があるのです。

 

精神病治療として、体に安全で無理なく吸収出来る、アミノ酸サプリや食品でも良い場合があるそうです。
精神科の薬は脳が通常の状態を保つ為、別の言い方をすると異常状態を抑えるために脳関門を通過する油溶性の薬を飲みます。
表面の症状を抑えるだけの薬が多いように私は思います。
症状を緩和するだけのキツイ薬です生涯飲み続ける薬ではないはずですが現状は違います。

 

患者を救うなら石油化学合成薬だけの治療でなくても良いはずですが、事実は違います。
今の医療が治療目的より商売の傾向が強いことがよく分かります。
今の医療は純度の高い薬を使うことですぐに血中に薬の成分が多く取り入れられて、体の細胞に行き渡り、効果がすぐに分かる製品を作っています。
確かに、数値としてはすぐに変化が出ますが体の負担が計り知れません とくに細胞を殺してします抗がん剤等は基本、毒だと思います。
体が毒を中和させないようにして入る必要以上の成分を細胞に取り込ませるのですから、体の異常状態になってしまうはずです。
そのような薬の使い方をしますから体には大きな負担がかかり、薬の副作用が出るのだと私は思います。
使うのは病人ですから多少、強引に体に行き届けなければならない体調の方も居るとは思いますが、副作用が語っている通り体に純度の高い薬を瞬時に行き渡らせすぎだと思います。

 

その点、通常の食品なら体の負担を考えても石油合成薬と比べると比較出来ないくらいに体の負担がありません
薬の法律、薬事法改め 薬機法(省略らしいのですが・・)

薬事法改正によって「薬事法」という法律の名前(題名)が改称される。新しい名前は,. 「医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律」. となる。

薬を保護するような法律って必要なのでしょうか?
石油化学合成薬に関して、濃度、副作用を規制するなら必要だとは思いますが・・
治療効果が大きいと、今までは法律で規制されたり、利用を禁止する植物があります。
精神病治療に効果があるサプリメントや食品で効果があるならそちらも規制する必要が出てきます。

 

効果があるのですから薬として使えますから早急に対策を打ってください 今までと同じ手口で販売価格も買えないくらい高価にして市場に出回らないように法律で利用、所持したものは罪にしましょう 犯罪者扱いです。
そして国は、誤った情報を流しみんなを洗脳しましょう  麻、大麻のように規制するのです!!
薬は石油化学合成薬だけでよいのです。

体を治癒するための薬だから副作用、問題があっても認証するのは当たり前、だって薬だから!!

 

 

 

・・・・・と、私の妄想の言葉が聞こえます 妄想ですから気にしないでください 今まで巨大製薬が、大麻のように有効な薬草は使えないようにしてきた事を妄想しただけです。

 

 

 


 

臨床試験は、抗酸化物質およびアミノ酸サプリメントが精神病を治療できることを証明している

研究者らは、抗酸化物質およびアミノ酸補給が精神病を治療できることを見出した 。
誌「精神医学早期介入」に掲載されたこの論文は また、これらの栄養素ベースの化合物が、その症状を軽減することによって、第1のエピソード精神病における補助療法として使用できることを示した。

 

体系的なレビューでは、Western Syndey大学の国立補完医学研究所(NICM)Health Research Instituteの研究者ら は、栄養素が精神病の若者を実際に助けることができるという主張の背後に「真の証拠」があるかどうかを判断するための11の研究を評価した。研究者らは、特定の栄養補助食品が、精神病の標準的な治療とともに、参加者の精神的健康を標準的な治療だけで強化したことを発見しました。
彼らは、精神分裂病患者が一般的に低品質の食事を有するため、栄養欠乏が様々な精神障害の危険因子として認識されることも報告している。

 

チームはまた、特定の食物由来栄養素および精神病状態への影響に関する過去の研究を調べた。
2008年の二重盲検ランダム化比較試験の結果は、2,000mgのアミノ酸N-アセチルシステイン(NAC)が、確立された病気の患者の陰性症状を有意に改善することを示唆した。

 

 

一方、別の試験では、毎日4グラムのアミノ酸タウリンを摂取すると12週間以内に精神病症状が軽減されることが判明した。
2017年には、統合失調症の治療におけるビタミンB9の15mg補給の潜在的な利益を評価するための試験では、12週間の治療後に副作用や脳構造と接続性の改善が見られました。

 

現在の研究では、栄養素ベースの治療の効果に関する研究が長期間の統合失調症で広範に研究されていると指摘した。
しかしながら、第1エピソード精神病(FEP)における体系的評価試験は行われていない。

 

「同定された11の研究の全体にわたって、FEPにおける特定の栄養素ベースの補助療法のいくつかの有望な発見がある」と研究者らは述べた。

 

PUFA消費と脳の健康との関連性を評価した6件の研究をレビューした結果、FEP治療に最も一般的に使用されている栄養素であるオメガ3の補給を裏付ける証拠が見つかった。
彼らはさらに、大規模な研究が必要であるが、高レベルの酸化ストレスを有する個体に対する食事抗酸化物質NACおよびビタミンCの利点を裏付ける証拠を他の試験でも見出した。
さらに、タウリンは、認知に有意な効果はなかったが、精神病の症状およびうつ病を有意に改善することが明らかになった。
同様に、抗酸化ビタミンCおよびE補給は副作用を引き起こさなかった。(関連:あなたの脳に適切な栄養素を与えていますか?葉酸、ビタミンB12、C、E、およびDは精神的健康にとって重要です)。

 

メンタルヘルスの改善に役立つ5つの食品
健康な食事を摂ることが心臓の健康を改善し、糖尿病、高血圧、および特定の癌などの慢性疾患のリスクを軽減することは事実です。
それにもかかわらず、いくつかの簡単な健康的な食事の変化は、認知機能を改善し、不安、うつ病、および他の精神障害の症状を軽減する可能性がある。
実際、あなたの精神的健康を改善する最善の方法の 1つは、あなたの腸を通すことです。
脳に似ています。腸には迷走神経を介して脳に情報を送る独自の神経系があります。

 

 

 

あなたの精神的健康を改善するのに役立つ5つの食品があります:
①脂肪族魚類 – 研究では、サケ、ニシン、イワシ、サバなどのオメガ3脂肪酸が豊富な食品は、精神分裂病、うつ病、および他の精神障害の症状を軽減することができることが示されています。

 

②全粒粉 -全粒粉には複雑な炭水化物が含まれており、脳の燃料を安定して供給します。

 

③リーンタンパク質 -リーンタンパク質は、セロトニンを産生することによって気分に影響を及ぼすトリプトファンを含む。

 

④リーフグリーン – ホウレンソウ、ロメイン、カブ、ブロッコリーなどの葉の緑色の野菜は葉酸が多い。葉酸欠乏症はうつ病、疲労、不眠症の発生率が高いことと関連しています。

 

⑤発酵食品 -ヨーグルト、ケフィア、キムチ、テンペ、野菜などの発酵食品には、不安やストレスホルモンを減らすことができるプロバイオティクスが含まれています。

 

 

引用元 alternativemedicine.news

 


 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 

麻の成分は卵巣がんの進行を遅らせる事を確認しました

 


 

 

 

  

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »