fbpx

日本に輸入可能CBDオイルと輸入不可CBDの違いは?

Pocket

 

 

 

日本に輸入可能CBDオイルと輸入不可CBDの違いは?

 

輸入可能なCBDオイル、不可能なCBDオイル 基本、変わりは無いのですが、抽出に使う部位が禁止されている箇所を利用していると輸入できないのです。

 

日本で認められているCBDオイルの大麻加工の部位は完熟した大麻の茎と完熟した大麻の種から抽出された 種の油と茎の抽出液です。
何故? それは大麻の茎、大麻の種は部位でみるとTHC濃度が微量で成熟すると確認できないくらいにTHCが少なくなるからです。

 

しかし、企業により使う部位が違ったりします。
確認はとっていませんがアメリカだと花穂にCBD濃度が高く存在することから花穂を利用して抽出するメーカーがあります。
当然、日本は法律で決められた部位がありますので花穂を使うCBDオイルは認められません

 

例えばオランダの企業でCBD濃度が高い商品を買いやすい価格で販売されている企業があります。
そのオランダ企業のCBDオイルはTHC濃度が成熟した茎のTHC濃度より明らかに高く、花穂を利用していると判断しておかしくない製品です。
成熟した大麻を使った製品であることは間違っていないはずですこれを輸入すると間違いなく没収、最悪、起訴、もっと酷い扱いで逮捕??されるはずです。

 

ちなみに大麻を使った加工品は輸入が厳しく、毎回検査されます。
私はもう、何十回と輸入しています(同じ企業、名同じ住所での輸入です)
品物に酔ってですが、同じ企業・住所も同じなら輸入実績がある扱いをします。
しかし、大麻加工品は毎回検査されるのです。

 

 

 

法律では大麻を実物を所持することを免許が無いものに対して規制しています。
大麻は嗜好品として考えても成分はアルコール、タバコ以下の依存率ですし、アルコールみたいな成分に強く酔うことはありません
しかし、実質の禁止扱いです 免許制ではありますが決められた農家、神社、研究家が大麻生育を決められた土地以外の持ち出しは禁止なのです。
嗜好品としてオランダのコーヒーショップで育てられた大麻はTHCの多い花穂を使って売っていますが日本の麻は繊維を目的とした麻、大麻なのです。
THCが極端に多くはない品種を使っています。
もちろん、成熟前の花粉を受粉していない雌株の大麻はTHCが多いと言われていますので工業用大麻であっても麻酔はあるそうです。

 

第二次世界大戦前、1000年以上我々日本の土地で多く育てられ利用されてきた麻(大麻)は戦後、簡単に育てられなくなっています。
神社の紋章、家紋、人の名前、土地の名前に使われているのが証拠です。
けっして大麻(麻)と聞いて不浄な嫌われるような植物ではないということを理解してもらいたいのです。

 

少し話がそれましたが、CBDオイルの輸入許可の話しに戻ります。
麻が全般的に使うことが許可されている地域では個人でCBDオイルと謳って自作される方も居ます。
簡単ですCBDは油溶性です フレッシュオイルに大麻を漬けて、抽出すれば出来上がります。
THC濃度も高いCBDオイルの出来上がりです。
このようにCBDオイルと言っても個人の作ったものはTHC濃度の高いものも存在しています。
世界でCBDオイルと言えば「成熟した茎の抽出物を使っている成分」ではないのです。
国、企業によって扱いが違うことを覚えておいてください

 

使う部位、成熟、未成熟決まってないのです。
その事情を理解せずにネットで購入、輸入は問題があります。
「知らなかった」←初回は大目に見られるケースがあるかもしれませんが、輸入は全て自己責任です。
輸入すると全ての責任を日本の法律に照らし合わして責任を取らされます。
個数が少なく、個人利用でも同じです。
厳しく言っていますが本当のことです 大麻という植物が現実はそのような扱いを受けているのが今の日本なのです。

 

輸入する時の難関は関税検査です。
私が初めて輸入した時は、スムーズに輸入できました。
しかし、回を重ねるごとに違った書類を要求されたのです。
今までに同じ企業、同じ住所で日本に発送されているのに何故必要なのか輸入業者に聞いたことがあります。
答えは、例え同じ企業が同じ住所で発送されても私に対して初めて発送される扱いだからだそうです。
多少わかりやすく言われたのだとは思いますが、関税の検査官次第なので毎回、必要書類を請求された時期があったことは確かです。

 

私が取り扱うENDOCAでも、他の方が輸入すれば実績は無い扱いになってしまうため書類を請求される可能性があります。
本当なら花穂にはCBD濃度が高く、THCも極端に濃度が高く無い量を抽出できるので使うには理想のCBDオイルなのかも知れませんが、法律で禁止されている限り輸入ができません
大麻草の成熟茎に約3%のCBDが抽出できるそうです。

 

 

 

私の取り扱っているENDOCA社は健康食品として販売者的にしています。
幅広い年齢の方にCBDオイルを利用してもらうためTHCの微量な大麻草を選び続けています。
大麻草はCBDオイルを抽出する目的に育てられ、成分を抽出しています。
繊維目的の残り物を使っていません(企業によっては使っているところもあるそうです)
ENDOCA社は麻の抽出ロットごとの成分検査、ブレンド後の製品検査、パッケージした製品の成分を公開していることです。
ENDOCA社、大麻成分表確認ページはこちら
製品ごとの濃度制度が高いので非常に安心できます。

 

これは以前、お客様からのクレームでした。
CBD結晶99%を購入された方の話です。
その方は色々と調べていた方で、私も初耳だった情報を知っている方でした。
99%結晶を買って、質量が少ないと言われてきたのです。
結論から言いますと99%結晶は0.5グラムです 通常の電子重量計だと誤差が出る量でした。
ENDOCA社は99%結晶の重量に関しては徹底していて研究用の電子測りで500mgぴったり計測して封詰めしているらしく、クレームを言ってきた方の重量計が正確でないと言われたことを思い出します。
ちなみに結晶の箱裏に成分検査番号が記載されています 99%CBDでも成分計測して、ネットで公開しているのです。

 

 

 

意外と成分計測結果をネットで公表している企業が少ないことと、小さい企業が多い理由もあるのですがCBD成分が均一にボトリングされている製品が少なさそうに感じています。
CBDオイルが人気で起業する方が多いこともあって、安いだけの製品は敬遠したほうが良いのかも知れませんね

 

 

 


 

癌の痛みの原因とは?痛みの除去は可能なのか?

 

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

 

CBDとリモネンの相乗効果とは? 精神疾患、心配不全 

 


 

 

 

  

 

 

 

・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

普段から意識して石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログに書いています 石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、液体洗剤、食器液体洗剤、ペットボトル、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)

 

上記のものは石油化学合成から作られたものです。
石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くないのです プランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
石油から作られたプラスチックは腐りません動物で作られた説は怪しすぎます。
薬品も体に合う薬が少ないのが実状のようです とくに強い薬は副作用も強く体になじまないのです。

 

そんな化学合成成分を日常常に体に取り込む事は体に馴染めないものを取り込むのですから体が不調を訴えてきます。
抵抗力、代謝能力の低下です。
全ては無理ですが、出来る限り 食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。
体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ドリームスペルでは、無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引、輸入販売しています。 体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康CBD 
 #CBDドリームスペル 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »